« 三文の得 | トップページ | 授業【第12回】 »

2006年1月19日 (木)

コニカミノルタ、フォト事業から撤退

 とうとう来てしまったか、という感じ。カメラ部門、フィルム部門ともに業績の悪化していたコニカミノルタがこの決断を下したことには「やはりそうか」と頷かざるを得ない。
 一週間前、ニコンからはフィルム写真事業縮小の発表がされたばかり。ニコンの方はデジタルカメラに的を絞り写真事業自体は存続ということだったが、コニカミノルタは全面的な撤退となった。
IMG_5357s6 僕自身のコニカミノルタとの関わりについていえば、旧コニカのフィルムは何度か使ったことがあるし、旧ミノルタのコンパクトデジカメ「ディマージュXi」は今でもたまに使っている。特にディマージュは発売当時、世界最小最軽量を謳っていただけあってツーリングに携行していくのに便利だったし、独自の光学ズーム機構と操作に対するレスポンスの良さ、それらを具現化したクールなデザインが大きな魅力だった。
 長らく目にしてきたミノルタのブランドがカメラ市場から姿を消すことになると、ちょっと淋しさを感じる。また、露出計やフィルムスキャナはどうなってしまうのだろう。それからオンラインラボも今回の決定には含まれているのだろうか。

 今後、コニカミノルタはカメラ部門の資産をソニーに譲渡するそうだ。ソニーといえど、デジタルスチルカメラの分野で生き残ることができるだろうか。得意の映像技術と融合させるとかしないと難しいと思う。ここはお手並み拝見としよう。

コニカミノルタ プレスリリース詳細
「カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について」
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2006/0119_04_01.html

|

« 三文の得 | トップページ | 授業【第12回】 »

フォト」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔します!
ディマージュ、ぼくも大好きでした。ミノルタは昔からギミック好きなだけあって、面白い機種でしたね。会社がコニカミノルタになって、カメラのロゴまでコニカミノルタになった時、ああ終わったなって思いました (笑)。

投稿: ichico | 2006年1月23日 (月) 18:47

ミノルタのカメラはメカのイメージが強いですね。
それが時代遅れになってしまった要因なのかもしれませんけど。

そうえば檀拓磨もディマージュX(Xi?)持ってます。以前、苗場のMTBエンデューロに出たとき、僕らのピットに檀さんが来て、「同じの持ってます」って言ってました。ちょっと嬉しかったな。

投稿: Mさる | 2006年1月23日 (月) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/8236021

この記事へのトラックバック一覧です: コニカミノルタ、フォト事業から撤退:

« 三文の得 | トップページ | 授業【第12回】 »