« 海 | トップページ | 初詣 »

2006年1月 7日 (土)

授業【第10回】

 新年最初の授業は中判カメラを使っての撮影。ブローニーフィルムという、大きいサイズのフィルムを使う。サイズが大きい分、画質はよい。デジタル化が進んだ昨今でも、大きなポスターに使うような写真にはブローニーが使われているのだそうだ。
 前回までは全てデジタル一眼レフでの撮影だったから、アナログカメラでの撮影自体、初めてということになる。数年前だったら考えられなかったカリキュラムだ。僕自身はというと、ブローニーフィルムを使うのは初めて。多少触ったことがあるけど、撮影はしたことがない。
 使うカメラはマミヤRZ67プロII。使い方からして全くわからないので、一から教えてもらう。フィルムの装填の仕方、ピント・絞り・シャッター速度の合わせ方、シャッターのきり方。シャッターボタンを押しさえすれば簡単に撮れてしまうデジタルカメラとは大きく違う。手間がかかるけど、それがまた楽しさでもある。
 今日は最初に、ポラロイドフィルムを使ってクラスメイトをモデルに撮ってみることに。ポラロイドだから、撮ってから数分でプリントが見れる。出来上がった写真は、6cm×7cmという画角が独特の雰囲気を作り出していておもしろい。
 その後、通常のフィルム(ネガやポジ)で撮影。クラスメイトや、学校内の物、外に出て街並みなど。デジカメと違ってバシャバシャ撮るわけにいかないので、1枚1枚慎重になる。撮影の原点に戻ったような感じだ。
 今日撮ったフィルムは現像に出し、結果は次回授業でのお楽しみ。どんな風に撮れてるだろうか。
 初めて使ってみたブローニーだけど、そのおもしろさにはまりそう。RZ67はちょっと手が出ないけど、安い中判カメラは持っておきたいな。

|

« 海 | トップページ | 初詣 »

フォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業【第10回】:

« 海 | トップページ | 初詣 »