« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月25日 (土)

グループ展に行ってきた

 自分が出品したグループ展に初めて脚を運んだ。火曜日から開催されていたんだけど、昨日まで仕事で行けなかったから。
 仲間の作品を観たり、自分の作品に対する来場者のコメントを見て勉強になった。
 来場者の数は夕方から夜にかけて増えていって、僕らは応対したり、アンケートを読んだりしてるうちに時間がどんどん過ぎていった。すごく楽しかった。
 展示は明日17:00まで。またたくさんの人が見に来てくれるとうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

女子フィギュア・フリー…なんだけど

 Braviss......

 書こうと思って用意していた感嘆の言葉が書けなくなってしまった。楽しみにしていた女子フィギュア・フリーの演技を観てないから。

 録画するなら生放送の方にするべきだった。

 ダイジェスト版でいいやと思って、夜にやる録画番組を録画することにしたのだった。NHKと日テレで同じ時間帯にやるのを知って、NHKの方を選んだ。
 仕事から帰ってきて、ニュースでやる映像は極力見ないようにした。よし寝る前にゆっくり観ようと思って再生ボタンをポチッ。すると番組はいきなり荒川の演技から放送。しかも映像は演技が始まる寸前の、顔のアップから。選手がリンクを滑ってきて、演技を開始する中央の位置につき静止、曲の演奏が始まるのを待つというところから見たかった僕は、完全に不意打ちを食らった。それでもせっかく録画したのだからとそのまま続けて見てみるが、全然気持ちが盛り上がらない。ダメだ、こんなんで見てもおもしろくない。そう思って、始まって10秒ぐらいで見るのをやめた。
 おとといの夜にTBSでやったダイジェスト番組は実際の滑走順に放送。選手が位置につく前のシーンから見せてくれた。そういう意味では「あっぱれ」な番組だった。それに比べて今日のNHKには「喝!」。日テレの方はどうだったんだろか。
 そんな不満をぶちまけてみても、結局は生放送を録画しなかった自分に非があるわけで。トホホ。エキシビションも楽しみにしているんだけど、どうするかな。フリーを見ずして先にそっちを見れるかなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

女子フィギュア・ショートプログラム

 Bravi!

 トリノオリンピックは時間がなくてほとんど観てないのだが、女子フィギュアだけは観ておこうと思って。昨日の夜にやってた録画番組を録画して、競技映像だけを効率よくじっくりと。
 荒川静香の滑りも美しかったが、僕は村主章枝の演技がいいと思った。スルツカヤはかっこよかったなあ。
 フリーの演技もますます楽しみだ。誰が勝ってもいいや。レベルの高い演技を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

作品搬入

 いよいよ明日からグループ展。
 作品を入れた大きな紙袋を肩に下げて家を出る。バス停まで歩いていたらビリビリビリ……。額の重さに耐えかねて紙袋の取っ手の部分が破けた!ちょっとカッコつけてブランドロゴの入った黒い紙袋なんかに入れたのが間違いでした。素直にヨドバシカメラの紙袋二重にしときゃよかった。家に戻る時間もないので、そのまま抱えて持っていくことに。
 まず新宿にあるカメラのキタムラに行く。昨晩色調補正をした作品のデータを出し、30分後にプリントを納入。
 会場となる渋谷のギャラリー・ル・デコへ向かう。雨の中、両腕で重い紙袋を抱えて、傘の柄を首にかけて歩く。これがかなりキツイ。腕は張ってくるわ、傘は落ちそうになるわ、袋は破けてくるわ。何やってんだか、俺。
 それでもなんとか無事に会場に着き、ほっと一息。早速、さっき納品したばかりのプリントを確認。昨日プリントしたやつと比べてみる。やはり今日プリントした方がいい色になってる。微妙だけど。よし、こっちにしよう!
 他の作品も出して展示にかかる。限られたスペースにいかに配置するか。位置を微妙にずらして調整。思ったより時間がかかったが、楽しいひとときだった。
 改めて自分の作品を眺める。ちゃんと額装してちゃんと展示するとやっぱいいな。引き立つ。まあ、いろいろ不満な点や失敗した点も見えるけど、それは次回までの課題ということで。初めての作品づくり、精一杯やったからよしとしよう。
 明日からはこの作品が多くの人の目に入るのかと思うと、ちょっとドキドキする。うれしいような、恥ずかしいような。僕は期間中、土日しか会場に行けないので、それまでは気を揉む日々が続きそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

大詰め

 グループ展まであと2日。
 昨日、学校でプリントアウトした作品を改めて見てみたのだが、やっぱりどうしても色が気に入らない!なんとなく画がネムイのだ。
 よし、出力し直すか。
 学校のプリンタは今日は使わせてもらえないので新宿まで出て、A3プリントがすぐにできる店を探す。最初西口のヨドバシカメラ行ったら、A3プラスサイズ(A3ノビのことか?)はできるがA3はできないとのこと。なんじゃそりゃ。ヨドバシを諦めてビックカメラ、東口のさくらやとハシゴするが、両方とも納入までに中4日必要と言われる。そうだ、カメラのキタムラ行ってみよう。再び西口へ。すると30分でできるという。早速注文。30分後、無事に納品。よかった~。
 その後、額縁を探して新宿東口方面にある世界堂本店へ。いいのはあったのだが、A3サイズがない。いろいろ策を考えたが、予算の関係もあり断念。西口に取って返し、ヨドバシのカメラ館に入る。今日は西口と東口を行ったり来たりだ。ここでもいろいろ悩んだのだが、めでたく購入。次回からは額縁のサイズも考えて作品つくろ。(額縁のサイズを特注する方法もあるのだが。)
 家に帰って、今日プリントしたものを確認。が、ここで問題発生。色が…やっぱり、これも、よく、ない。でも時間もないしお金もないし、これでいくしかないか。ためしに額に入れてみる。んー、やっぱりイマイチ。これじゃイカンわ。
 というわけで、これからPhotoshopで色調補正して明日、キタムラで最後の出力をしてみようと思う。
 わ、もうすぐ日付が変わる時間。またもや寝不足だ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

授業【第16回】

 これまでやったライティングのおさらい。
 ライトを当てる方向、野外だったら太陽の位置、によってライティングは大きく4つに分類される。順光、逆光、サイド光、トップ光だ。今回はスタジオでそれぞれのライティングを試した。この時、露出をとるわけだが、必要なのは被写体の正面側、光の当たっている側、当たってない側、それからバック(背景となる部分)など数箇所をとるということ。撮影する際には、その中のどの露出に合わせるかがポイントとなるわけだ。どこの露出に合わせたらどんな写真が撮れるのかを、カメラマンはある程度知っていなければならない。先生が言うところの「データ出し」だ。
 今日は簡単に、露出の設定をいろいろ試して撮影。時間があまりなかったので、じっくりとはできなかった。後は自分で機会を作って、データ出しをしなければ。
 授業の後半ではグループ展に出す作品の出力をした。僕はA3サイズで出したいものがあったので、いつもは使わない大きいプリンタを使った。これが出してみると色が全然違っていて、ダメダメ。仕方なく、Photoshopで色調を補正して、試行錯誤の末になんとかイメージした色が出せるようになった。他のサイズのものも一通り出力してファイルに入れてみる。んー、なかなかカッコイイではないか。
 写真選びに昨晩から今朝の3時くらいまでかかり、今日はPCとプリンタと写真と睨めっこ。つかれた~。あとは明日、額装して明後日会場に搬入という流れ。作品の内容はともかく(?)、展示すること自体はなんとかなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

自分でダメ出し

 グループ展に出す写真を選定中(まだ終わってないのかい!)。どれにしようか選べない。一枚、一枚写真を見ながらあーでもない、こーでもない、をやっている。気に入ったのはいくつかあるんだけど、どれをとってもどこかに不満がある。構図をこうすればよかった、もう少し絞りを絞ればよかった、フィルターをかけるべきだった等々……。ダメ出しの連続。
 自分の撮った写真にこんなに真剣に向き合うのは初めて。今こうしてやってることこそが、価値あることのような気もする。
 作品を発表するっていうのは、いろんな意味で勉強になるもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

CYCLE SPORT

 以前は毎月のように自転車雑誌を買っていたのだが、最近は買わなくなってしまった。なんだか内容に変わり映えがなくて。「○○万円で買えるMTB特集」とか「快適になるパーツ特集」とかあっても、もう読まないでしょ。
 日本に飽きたMさるが海外に目を向けたのも自然なことであった。なんてな。
cyclesports6 というわけで、今日書店で見つけたのがこの「CYCLE SPORT」という雑誌。どうやら出版はイギリスのよう。そして日本の月刊誌「サイクルスポーツ」(通称サイスポ)とは無関係らしい。サイスポの方は英語表記だと「SPORTS」というように最後に「S」が付くしね。
 こちら「CYCLE SPORT」を手に取ってみると、この3月号はプロロードチームの特集がされてる。特に、20あるUCI認定プロツアーチーム全てについて紹介するページがあるのがすばらしい。買おう、と思って値段を見ると2100円。う、高い。でもこれは買う価値ありだ。で、クレジットカードでお買い上げ。
 英語ははっきりいって苦手なので、本文はほとんど読んでない。ひとまず各チームのメンバーをチェック。このオフに結構移籍があったようだ。これ読んで初めて知ったのだが、ツァベルとペタッキの2大スプリンターがMILRAMという新しくできたチームにいっしょにいるではないか!どうなっちゃうんだ、これ。いいのか?
 一通り全チームのメンバーを見てみると、力関係が見えてくる。今年はCSCが充実してそうだ。次いでT-モバイル。ディスカバリーは引退して抜けたランスの穴を誰が埋めるのかが注目されるところ。
IMG_6433s6
 プロツールのシーズン序盤の観戦には、この雑誌が手放せそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展を観て

 知人が出展する写真のグループ展を観てきた。作者はたぶんみんな僕と同年代のアマチュア。みんな独自の世界を表現してて、いいなと思った。センスのいい作品、かっこいい作品を観て、とても刺激になった。展示の仕方も参考になった。
 見てたらなんだかちょっと自信がなくなっちゃった。
 来週はいよいよ僕らの写真展。いろいろ考えてもしょうがない。とにかく今の自分の作品を出すことに力を注ぐとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

トリノ五輪開幕

 トリノ冬季オリンピックの開会式。ハイライトシーンをテレビのニュースで観た。聖火台への点火のシーンがカッコよかったー!最終聖火ランナーの手を離れた炎は花火となって地面を走り、広がって、聖火台を一気に登り、バーンッ!スピード感と最後の点火へ至るまでのリズムが気持ちイイ。タイミング、バッチリだったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業【第15回】

 写真について一通り学んできたので、ここらで映像を撮ってみよう。
 今の時代、カメラマンがスチール写真だけで食っていくことはできない。これからは映像も撮って、自分で編集して一つの商品を作るところまでできなきゃだめ。これは常日頃、先生が言っていることだ。厳しいけど、それが現実なのだ。
 そんな背景はともかく、まずは撮ってみることに。使うのはソニーのデジタルビデオカメラ、ハンディカム。先生にカメラの機能と使い方を教わった後、街に出てみる。しかしテーマを決めないと何を撮っていいのかわかんないな。とりあえず、ウィンドウショッピングをしてるような感じでカメラを回してみる。一番気を使うのは、手ブレだ。パンしたり、被写体に寄っていったりするときにブレないようにするのが難しい。基本的には三脚使わないとだめなようだ。ちなみに先生はステディカム(映画やスポーツを撮るときに使われるカメラ安定保持装置のこと)を使ってるそうだが、あれはまだまだ値段が高い。(ステディカムについては、例えばこちらを参照されたい。)
 教室に戻って、撮ってきた映像を見る。やっぱりブレてる。先生からは、スチールカメラの撮り方をしていると指摘を受けた。編集をして映像を繋ぐことを考えて撮らなければいけないという。そう言われたものの、イマイチわからんなあ。
 春からの後期授業では映像を本格的にやっていく予定。今日の感じでは映像もおもしろそうだと感じた。MTBのジャパンシリーズをドキュメント風に撮ってみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ゆうげ

IMG_6274s6 今夜は魚のアラ汁といなり寿司にしよう!と決めて閉店間際のスーパーに。なんとタイミングよく珍しくも鯛のアラがあるではないか。しかも半額。買い、である。
 家に帰って、鍋に野菜と一緒にぶち込む。火を通してお味噌を入れて完成!我ながらワイルドというか、テキトーといいうか。ま、ちゃっちゃと作らんと時間もないし。できた汁は鯛の頭をそのまんま入れたので豪華、と言いたいところだがむしろグロテスク…。頭の写真は載せないでおきます。
 食べちゃえば一緒ということで、いただきまーす。んー、ちょっと生臭い気もしなくもないが、美味しい。おいなりさんの方は出来合いを買ってきたものだけど、こちらも美味しく。ちょっと満ち足りた気分のゆうげ(いや、「よるげ」だな)となりました。
IMG_6287s6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

いつもの本屋が…

 いつも行く本屋。昨日行ってみたら、まだ開いてるはずの時間なのに明かりがなく、シャッターが下りている。近づいてみたら「閉店しました」という張り紙。えぇー!マジでっ!
 近くのGEOに客を取られたか?でも結構客入ってたけどなあ。
 昨日は仕方ないので、そのGEOの書籍コーナーに行ってみた。品揃えが劣ってる。店内のレイアウトが下品だ(笑)。そして肝心の、目当ての本は見つからず。
 行きつけのお店がなくなっちゃうのって、淋しいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

ツール・ド・ランカウイ始まる

 去年はチームBSアンカーの大活躍で盛り上がったツール・ド・ランカウイ。今年も今月3日にスタートした模様。楽しみにしていたのだが、テレビ中継はなし。つまんないなあ。

CyclingTime.com ツール・ド・ランカウイ2006
http://www.cyclingtime.com/modules/wordpress/index.php?p=61

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のトレーニング

 夕方に1時間ちょっとジョギング。サイクリングロードを。今日はすごく脚が軽い。先月初めて走った時とは全然違う。スピードを上げて気持ちよく走れた。この調子ならどこまでも走れそうな気がしてしまうけど、本番(荒川マラソン)はこの3倍の距離あるんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

授業【第14回】

IMG_6147s6 ブローニーでブツ撮り。被写体はカメラ。テーブルにアクリル版を載せて、下からランプを照射する。ショーケースみたいだ。ファインダーに写った被写体のカメラがとてもきれい。カッコイイ。フィルムでの撮影なのでその結果がすぐにわからないが、ちゃんと撮れてるだろうか。楽しみでもあり、ちょっと不安でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

開幕してたWRC

 おっといけねぇ。今年のWRCがすでに開幕してるではないか!モータースポーツの世界選手権の中でこんなに早く開幕するのなんてないから、初回放送を見逃してしまったよ。(単なるチェック不足だけど。)
 開幕戦モンテカルロを制したのは、どうやら今季フォードに移籍したグロンホルムらしい。去年の最終戦でデビューした新型フォーカスをドライブしての優勝だ。期待していた通りの結果!今年は何勝するだろうか。
 この週末は早くも第2戦スウェーデン。今季唯一の雪上ラリーを制するのはやはり、北欧出身のグロンホルムかスバルのソルベルグか。
 寒い冬が熱くなってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »