« 自分でダメ出し | トップページ | 大詰め »

2006年2月18日 (土)

授業【第16回】

 これまでやったライティングのおさらい。
 ライトを当てる方向、野外だったら太陽の位置、によってライティングは大きく4つに分類される。順光、逆光、サイド光、トップ光だ。今回はスタジオでそれぞれのライティングを試した。この時、露出をとるわけだが、必要なのは被写体の正面側、光の当たっている側、当たってない側、それからバック(背景となる部分)など数箇所をとるということ。撮影する際には、その中のどの露出に合わせるかがポイントとなるわけだ。どこの露出に合わせたらどんな写真が撮れるのかを、カメラマンはある程度知っていなければならない。先生が言うところの「データ出し」だ。
 今日は簡単に、露出の設定をいろいろ試して撮影。時間があまりなかったので、じっくりとはできなかった。後は自分で機会を作って、データ出しをしなければ。
 授業の後半ではグループ展に出す作品の出力をした。僕はA3サイズで出したいものがあったので、いつもは使わない大きいプリンタを使った。これが出してみると色が全然違っていて、ダメダメ。仕方なく、Photoshopで色調を補正して、試行錯誤の末になんとかイメージした色が出せるようになった。他のサイズのものも一通り出力してファイルに入れてみる。んー、なかなかカッコイイではないか。
 写真選びに昨晩から今朝の3時くらいまでかかり、今日はPCとプリンタと写真と睨めっこ。つかれた~。あとは明日、額装して明後日会場に搬入という流れ。作品の内容はともかく(?)、展示すること自体はなんとかなりそうだ。

|

« 自分でダメ出し | トップページ | 大詰め »

フォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業【第16回】:

« 自分でダメ出し | トップページ | 大詰め »