« ビストロパーティでカイロ | トップページ | 美しき勝利 »

2006年6月13日 (火)

JシリーズXC第4戦富士見パノラマ

 JCF MTBジャパンシリーズ・クロスカントリー第4戦富士見パノラマ大会が6月4日(日)に開催。男子エリートクラスの模様をお伝えしよう。

 天候:晴れ
 コース全長:4.0km
 周回数:8周
 路面コンディション:ドライ


Img_8860
スタート前、竹谷さんと談笑する面々。「このコースじゃ、君たちは4周がいいところだね」と竹谷さんが言ったとか言ってないとか。

Img_8888
スタート直後、緩やかに右にカーブをとりながらゲレンデの端を登る。この時点で白石真悟(シマノドリンキング)が前に出る。

Img_8909
シングルトラックを下った選手たちは駐車場脇に出る。コーナー外側をギリギリまで使って走るエリートライダーはド迫力。

Img_8989
3~5周目まで、僕はここで観戦。このロックセクション、エリートライダー達はどのラインを取るのだろうか。ギャラリーが見つめる。

Img_8990
竹谷賢二(SPECIALIZED)はこのライン。木と岩の間の僅かなスペースをスムーズに抜けていくのは見事。

Img_8991
前の写真のつづき。

Img_8992
さらにそのつづき。このラインをとる選手が最も多かった。
この後、小さなドロップオフを経て左に下っていく(右手に見える岩の手前を抜けていく)。

Img_8962
鈴木雷太(ブリヂストン・アンカー)のライン。手前にある岩の進行方向左側を越えていく。小さな窪み(ちょうど前輪がかかっているところ)があるので割とスムーズに抜けられるが、左側に木があるので決して簡単なラインではない。
僕が走ったラインはもう少し右(向かって左)。木が怖かったので安全策を取ったのだが、チェーンリングが軽く岩の角にヒットしてしまう。

Img_8998
辻浦圭一(ブリヂストン・アンカー)のように、岩の進行方向右側を越える選手も多かった。岩を少し登ることになるのでスピードがいったん落ちる。が、岩から一気に下ることでスピードがつき、なおかつその後のコースを最もスムーズに抜けることができる。アウト・イン・アウトで抜けられるというわけ。見てるとこのラインが一番速いように感じた。

Img_9009
門田基志(SPECIALIZED)のライン。

Img_90042_1
山本和弘(キャノンデール)くん、緊張の一瞬。でも難なくクリアしていくのはさすが。

Img_9000
藤本弥之助(SPECIALIZED)。飛ぶように超えていく。それがエリートライダー。

Img_8995
武井享介(FORZA・フォルツァ!)。「ここ苦手なんだよ~。」

Img_8997
木漏れ日の下、武井さん下る。
「コワイ、コワイ。」そう言いながらも普通に下って行っちゃうんだもんな…。

Img_89862
我らが三上和志店長(サイクルクラブ3UP)。

Img_8987
飛んでます。

Img_9015_1
5周目は3、4周目とは違うラインを取った三上さん。手前を通るのを期待してカメラを待ち構えてたのにぃ。慌てちゃったじゃないですか(笑)!

Img_9054
6周目、コース後半のゲレンデ下へと移動して観戦。序盤から逃げ出した白石が快調に2位以下を引き離す。

Img_9064
序盤は白石についていた竹谷だが、この時点でかなりの差が。白石から1分以上空けられる。

Img_9068
3位を走るのは山本幸平(国際アウトドア専門学校)。

Img_9071
続いて小野寺健(SUBARU GARYFISHER)。

Img_90972
山本和弘は脚を出してコーナリング。

Img_9114
1位を追う竹谷を八ヶ岳の山並が見守る。入笠山(にゅうかさやま)の山腹にある富士見パノラマスキー場が今回のレースの舞台。

Img_91292
山口の後ろにピタリとつく藤本。8位争いは熾烈だ。

Img_9149
遅れた鈴木雷太。15位前後を走行中。どこかで落車したのだろう、ナショナルチャンピオンジャージに土がついている。

Img_9158
2位に2分という大差をつけて白石真悟が帰ってきた。

Img_9162
ゴールライン手前で一周まわっておどける白石。「早くゴールしろー」という声が飛ぶ。

Img_9164
ようやく(?)ゴール。

Img_9168
2位は竹谷賢二。白石から遅れた後は一人旅だった。

Img_9175
3位、小野寺健。トップから3分42秒遅れでフィニッシュ。

Img_91852
終盤、8位争いを繰り広げていた二人。最後は藤本が前に出てフィニッシュ。互いの健闘を称え合って握手。ナイスファイトだった。

Img_9208
表彰式。「勝っちゃいましたあー!」と白石。「話長いよ」と茶々を入れる竹谷さんがおもしろかった。調子に乗るなよ、ってとこ?

Img_92232
シーズン前半、好成績の3人。後半もこの勢いは続くか。

Img_9230
ジャパンシリーズ・クロスカントリー第4戦が終了。夕方の空気に包まれつつあるレース会場。次戦は秋田県田沢湖だ。

|

« ビストロパーティでカイロ | トップページ | 美しき勝利 »

フォト」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

いや〜〜〜、またまた写真最高ですね!!!
楽しく見させていただきました。
それにしても三上店長、かっこいいっすね〜。
今年のJシリーズって関東近辺ではもう無いのでしょうか?
かなり見に行きたくなりました。

投稿: ichico | 2006年6月13日 (火) 14:26

ありがとうございます。

Jシリーズを紹介するメディアとして、ビジュアル的には日本一だと自負してます(笑)。
ある意味、悲しいことなのですが。

今年の残りのJシリーズですが、一番関東に近いのでも長野県白馬村になってしまいます。
7月30日に行われる第6戦です。
あと、10月22日に伊豆の修善寺でJ2カテゴリーのレースがあります。
J2なので見劣りはするかと思います。
どの辺の選手が来てどのくらいのコースを走るのか知りませんけど。

7月16日の全日本選手権を見に行くというのもアリですが、石川県での開催ですのであしからず。

投稿: Mさる | 2006年6月14日 (水) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/10495303

この記事へのトラックバック一覧です: JシリーズXC第4戦富士見パノラマ:

« ビストロパーティでカイロ | トップページ | 美しき勝利 »