« スイスの峠(2)サン・ゴッタルド峠 | トップページ | 「スイスの田舎パン」 »

2006年10月19日 (木)

スイスの峠(3)フルカ峠

Img_2086s6
自転車で越えるスイスの峠 (3)フルカ峠
Furkapass : 2436m

 
 
Pass3furka
 
 
9月20日(水) はれ
ホスペンタール~グレッチ
Hospental - Gletsch

Img_1939s6
ホスペンタールのロータリー。

Img_1940s6
いざ、超級山岳、かのフルカ峠へ!

Img_0091s6_1
まずは平坦な道を行く。列車と並走。

Img_0092s6
ホスペンタールから谷あいの道を5kmほど走ると、レアルプの村に入った。いい雰囲気。

Img_1947s6
レアルプの村を出ると本格的な登りが始まる。氷河急行の駅、そしてフルカトンネルの入口が見える。

Img_1946s6
これがレアルプ駅と、全長15.4kmにもなるフルカトンネルの入口。この駅から車を列車に載せていくことができる。峠道を越えたくないドライバーは、車と一緒にフルカ峠の下(実際には真下からだいぶ南にずれてはいるが)をぶち抜いて、向こう側のオーバーワルトへと列車で楽々行くことができる。
フルカトンネルは1982年に開通。それ以前は氷河急行もこのフルカ峠を登って越えていた。フルカ峠から見えるローヌ氷河がこの路線の一番の売りであり、氷河急行の名前の由来になったわけだが、トンネルが開通した現在は氷河急行に乗っても氷河を見ることができないという事態になっている。

Img_1953s6
フルカ峠への登り。くねくねくね、と。

Img_1957s6
アルプスの街道を飾る野の花。クロッカスであろうか。

Img_1963s6
眼下に広がるスイスの景色。レアルプ、ホスペンタール、そしてアンデルマットの街までも。この景色があるから、がんばれる。

Img_1964s6
多くのライダー達が行き交う。みんな峠道を楽しんでる。僕らも楽しんでる、というか、苦しんでる?

Img_1988s6
休憩ポイントにて。ニワトリがいた。いかにもヨーロッパって感じ。スイスではブロイラーは飼わないそうだ。隣の柵の中にはブタもいた。

Img_1994s6
16:50頃。陽は徐々に傾いてきている。谷間で白く輝いているのは、フルカ峠から流れ出る川と、旧氷河急行の線路だ。

Img_0095s6
景色は岩肌が目立つようになってきた。このあたりの山の稜線はかなりギザギザしている。

Img_2017s6
滝がある!氷河から流れ出ているのだろうか。近くに水飲み場があって、蛇口から絶え間なく水が出ている。ボトルに入れて飲む。うまい。気分もリフレッシュ。

Img_2042s6
道路を隔てて滝の反対側。すごい景色だ。

Img_2078s6
氷河だっ。こんな近くに。しばし目に焼き付ける。

Img_2094s6
逆光の中、綿毛がきれい。峠まであとちょっと。

Img_2113s6
来た!遂に来た。フルカパス。

Img_2111s6
本当に来ることができたよ。
フルカ峠なんて、とてもとても遠い世界のものだと思ってた。それが今やこうして自分の自転車で、自分の脚で、登って来ている。数年前までは考えもしなかった、こんなこと。
標識の文字を、感慨を持って見つめる。

Img_2116s6
僕らが登ってきた方向(東側)を見る。こちら側に降った雨や雪はライン川に合流し、北海へ。一方、反対の西側に降った雨や雪はジュネーブ近くのレマン湖を経て、地中海へと注ぐ。フルカ峠はヨーロッパの分水嶺といえる。

Img_2119s6
建物の陰に自転車を置き、しばし散策。防寒着も着込む。それにしてもフルカ峠は寂れている。この建物といい、手前にあったホテルといい、廃屋と化しつつある。

Img_2121s6
さ、下ろう。

Img_2125s6
やがてはるか地中海へと注ぐであろう川の流れと、フルカ峠の道。右側の山に見えている道はグリムゼル峠への道だ。明日はあれを登るのか。

Img_2127s6
見えている建物は、有名なホテル・ベルヴェデーレ。ローヌ氷河を間近に見られる。

Img_2128s6
これが氷河急行名物(だった)ローヌ氷河、の末端部。白く見えているのは実は岩で、氷河は右端にちょこっと見えているだけである。(わかりにくいかな。)地球温暖化の影響で、氷河はどんどん後退しているという。

Img_2130s6
ホテル・ベルヴェデーレの下。

Img_2132s6
夕陽が峠道に反射してきれい。

Img_2133s6
旧氷河急行の線路。急勾配を登り下りするため、ラックレールと呼ばれる歯の付いたレールを歯車で噛みながら走る。アプト式と呼ばれる鉄道だ。で、写真はラックレールの末端。こうなってるのか~。
ちなみにこの線路は現在も使われている。氷河急行がフルカ峠を通らなくなってから、廃線を惜しむ声があがり、現在はSLが客車を引いて運転しているとのこと。夏の間だけ、1日1、2便の運行という。このフルカをSLがあえぎあえぎ登る姿を見てみたいものだ。

Img_2149s6
だいぶ下りてきた。グレッチまであとちょっと。谷を挟んで向こう側はグリムゼル峠だ。

Img_2153s6
グレッチに到着。ここも、寂れてる…。観光案内所は閉まっているし(この時間――もう少しで夜7時、だから無理もない)、他の建物にしてもここ何年もの間営業していない感じだった。中には崩れかけている建物も。

Img_2150s6
ホテル・グレイシャー・ドゥ・ローヌ。つまりホテル・ローヌ氷河ってわけ。唯一開いてる建物だった。高そうなホテルだが…、意外とそうでもなかった。よし、今日はここに泊まりましょう。しかしこんなとこ、日本人なんてほとんど泊まりに来ないんだろうな。
 
 
> スイスの峠(4)グリムゼル峠

|

« スイスの峠(2)サン・ゴッタルド峠 | トップページ | 「スイスの田舎パン」 »

スイス・イタリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

「旧氷河急行の線路」に一票。

投稿: 軽子坂 | 2006年10月19日 (木) 23:21

いや、べつにそういうサイトじゃないんですけど…(笑)。
どもです。

投稿: Mさる | 2006年10月20日 (金) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/12340183

この記事へのトラックバック一覧です: スイスの峠(3)フルカ峠:

« スイスの峠(2)サン・ゴッタルド峠 | トップページ | 「スイスの田舎パン」 »