« 静・寂 | トップページ | スイスの鉄道(2)空港駅から乗った列車 »

2006年11月29日 (水)

スイスの鉄道(1)ICN

 さてさて、今度はスイスの鉄道について紹介していきましょう。小出しに行きます(笑)。

Img_1425s6
チューリッヒ空港駅にて。SBB(スイス国鉄)のICNだ。ICはインターシティの略で、主に大都市間を結ぶ特急列車のこと。ICはスイス以外にもヨーロッパ各地に存在するということは、みなさんご存知のとおり。Nはナイト(ドイツ語ではNacht)つまり夜行の意味らしい。
山形新幹線400系のように、乗車口が開くと同時にステップがせり出す仕組みだ。なお、写真ではわかりづらいが、ドアの窓には自転車のイラストが描かれている。ということは、デッキ部に自転車を置くスペースが確保されているということだ。

Img_142930s6
車体に記されたこのロゴたちを見てワクワクしてしまうのは僕だけだろうか。まずpininfarina(ピニンファリーナ)のロゴを発見!ピニンファリーナにデザインさせるなんて、さすがスイスと思ってしまう。そして、BOMBARDIEA(ボンバルディア)、カナダの鉄道車両・航空機メーカーだぜ。ALSTOM(アルストム)は、後で調べてわかったことだが、フランスの重電メーカーでTGVなどを造っている会社らしい。イタリア、カナダ、フランスの企業による合作。国際色豊かだねえ。

Img_1435s6
発車していくICN。

|

« 静・寂 | トップページ | スイスの鉄道(2)空港駅から乗った列車 »

スイス・イタリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/12873376

この記事へのトラックバック一覧です: スイスの鉄道(1)ICN:

« 静・寂 | トップページ | スイスの鉄道(2)空港駅から乗った列車 »