« 『激走!朝まで「ツール・ド・フランス」!』 | トップページ | ホンダへの期待とちょっぴりの不安 »

2006年12月19日 (火)

ホンダ、小川町でディーゼル生産?

 ホンダは今年5月に、埼玉県寄居町に四輪の新工場を作ると発表した。そして今日、ホンダは隣の小川町に新しいエンジン工場を建設すると発表した。このエンジン工場は、低燃費車の需要に応えるべく先進的なエンジンを供給していくのだという。
 どんなエンジンなのか、具体的には明らかにされてはいないが、もしやディーゼルエンジンなのでは、と思わずにはいられない。ホンダは小型車はハイブリッド、比較的大型車はディーゼルで低燃費を狙う戦略を描いている(らしい)。ディーゼルエンジン搭載車が国内販売されるのは、近い将来あるはず。そして偶然か必然か、ディーゼルエンジンの重要な部品であるコモンレールを作っているボッシュ社の工場があるのは、埼玉県東松山市。小川町の目と鼻の先である。
 これはいよいよ楽しみになってきたぞ。

Honda、埼玉県小川町に新エンジン工場を建設
-CO2低減に向けて先進エンジンの生産体制を構築-
http://www.honda.co.jp/news/2006/c061219c.html

|

« 『激走!朝まで「ツール・ド・フランス」!』 | トップページ | ホンダへの期待とちょっぴりの不安 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、小川町でディーゼル生産?:

« 『激走!朝まで「ツール・ド・フランス」!』 | トップページ | ホンダへの期待とちょっぴりの不安 »