« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

フルカ峠に見る氷河の後退

 ヨーロッパアルプスなど世界各地の氷河を調査した結果、 氷河が融解するスピードが1980年代の3倍に達していることがわかったそうだ。

Yahoo!ニュース「氷河の減少、80年代の3倍…気候変動で環境も変化」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000004-yom-soci

 現在公開中の映画「不都合な真実」の中でも、世界各地の氷河が後退している状況について触れられている。僕らが去年スイスアルプスを旅したとき、氷河の縮小を目の当たりにしたから、この事実には実感がわく。

Img_2127s6_1
 この写真はローヌ氷河近くのものだ。フルカ峠からグレッチへ下る途中、僕が撮影したもの。「不都合な真実」では少しアングルが違っていたが、この場所の写真が一瞬映っていた。映画の中の写真も、左に見えているホテル・ベルヴェデーレが映っている。
 ちなみにローヌ氷河は、右の山肌と奥にある山との間にある。

 そのローヌ氷河を山の麓(グレッチ)から見たのが下の二つの写真。左が今回僕が撮った写真で、右が僕らが泊まったホテルにあった昔(おそらく100年位前)の写真だ。
Img_21842s6a_1
ごらんのとおり、今や昔の氷河の姿は見る影もない。現在の灰色に見えている部分は氷河ではなく岩肌なのだ。

Img_21812s6
 近くにこんな看板もあった。いつの頃を描いたものかはわからないが、氷河がすさまじいことになっている。きっとこれは誇張ではなく、かつてはこれ程までに氷河が麓にまで迫っていたのだと思う。

 これを見てしまうと、本当に氷河は減少し、後退していっていることにいやでも気付かされる。そして、今こうしている間にも氷河は後退し続けている。
 これが地球温暖化の影響なのか。たしかにそう言われている。僕には本当のところはわからないけれど、氷河の後退、それはまぎれもない「真実」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

暖冬

Img_63382s6 袋田の滝を観てきた。15年ぶりくらいかな、ここに来たの。ちょっと懐かしかったな(しみじみ)。
 この前テレビのニュースで言ってた。今年は袋田の滝が全然凍らないって。確かに全然凍ってなかった。
「今朝はあったかいねえ」なんて話す売店のおばちゃんたち。あのー、僕にはじゅうぶん寒いんですけど。気温は0℃前後のはず。それでもこの滝の様子を見ると、今年はやっぱり暖冬なんだなあって思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

神楽坂のにおい

 東京、神楽坂を舞台にしたドラマ「拝啓、父上様」を密かに楽しみに観ている。ここに書いた時点で“密かに”でなくなっているのだが。
 僕が学生の頃あの辺りで過ごしたこともあって、ドラマに映る景色が懐かしい。といっても、あの頃は神楽坂のよさをじゅうぶんわかっていなくって、ドラマに毎回出てくる毘沙門天もそういえばまともにお参りしたことがなかったっけ。今思うと、もっといろいろ探検してみればよかったななんて思う。

 ドラマの方はというと、淡々と人々の姿を描き、他のドラマでありがちな派手な演出とかはなく、それでいてこの先どうなるのかわからないスリルもあり。神楽坂の落ち着いた雰囲気と板場の活気や、変な趣味を持つ喫茶店の主人などが色を添え、一度だけ登場したなぞの美女は主人公と今後どう関わっていくのかなど興味は尽きず、そんないろいろを含みつつ物語は静かに展開していくわけで。ゆっくりお茶でも飲みながら観るのがこの時間の楽しみなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

WRCスーパーSSの生放送

 WRC(世界ラリー選手権)が開幕。今年はJ SPORTSで開幕戦最終日のスーパーSSを生放送!これがなかなかにおもしろかった。(まあ、実はライブじゃなく録画で観たんだけど、それはともかくとして…。)
 今までJ SPORTSでやってた番組はダイジェスト版。でも今回は生中継ということで、各ドライバー、各マシンの走行をじっくり観て比較できた。
 マンフレッド・ストールやミッコ・ヒルボネンなんかはすごくスムーズなドライビングをするんだけど、マシュー・ウィルソンとかはバタバタ走ってるのがわかる。またマシンで比較すると、フォーカス、クサラ、C4なんかはスムーズなんだけど、インプレッサやランエボは強引に振り回さないと曲がらないって感じ。インプとランエボはやっぱ車体が大きくて重いのかなあって思う。この2車はリアのオーバーハングが大きいし、いわゆるマスの集中化という面で不利なのかも。これを見る限り、スバルは今年もフォードやシトロエンには勝てないんじゃないかって思えてくる。スバルのエンジニアは苦労してんだろうな。
 そんなことを素人ながら思ってしまった。
 生放送って、実際のラリー観戦(現地で観る観戦)に近い気分で観れる。そこがいい。第2戦スウェディッシュ・ラリーの最終日も生放送をするそうなので、またまた楽しみだ。

02月11日 (日) 22:00 - 23:30 J SPORTS Plus
WRC世界ラリー選手権2007
Round2 スウェディッシュ・ラリー(スウェーデン) 最終日 スーパーSS 生放送!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

スペシャからコラテックへ

 スペシャライズドがスペシャライズド・ジャパンを立ち上げて、自社ブランドの自転車の販売するという話は聞いていた。そこで疑問だったのは、いままでスペシャを扱ってきたダイワ精工はどうするの?というもの。
 その答えは、コラテックブランドの販売だった。

 コラテックといえば、数年前に「クロスボウデザイン」という独特のフレーム形状をしたMTBが日本に入ってきていた。雑誌でも大きく取り上げられてたのが印象強い。しかし、全く売れなかったのだろう。乗っている人を一度も見たことがない。そんなコラテックをダイワ精工が?と思ってしまったが、ロードではコロンビア・セッレイタリアが使っているように、品質的には高いレベルにあるらしい。そして今回のダイワ精工による販売ではロード、MTBともラインナップを充実させているようなので、きっとユーザーも増えることだろう。

 それでは、サポートするチーム体制の方はどうか。ロード部門ではマトリックパワータグ・コラテックという名前のチームが誕生した。UCIアジアツアーのコンチネンタルチーム登録だそうだ。三船雅彦、橋川健といったベテランメンバーを擁している。また去年のツール・ド・北海道で大学生ながら山岳ジャージを着用し、大きな注目を浴びた辻善光が加入。チームの今後の活躍に注目したい。
 一方、MTB・トライアスロン部門はというと、色川浩樹、藤本弥之助、松丸真幸という去年のスペシャライズドにいたメンバーがコラテックで走るようだ。ただし、ここに竹谷賢二の名前はない。ということは新生スペシャに残るのか?(実質的には移籍か?)そして、シーナック/スペシャライズドはどうなる?

 選手の行方が明らかになるのは、もうしばらく待たねばならないようだ。


CYCLINGTTIME.com
ダイワ精工がコラテック(ドイツ)の取扱いを開始。プレス発表会行われる
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=3854

CYCLINGTTIME.com
ダイワ精工「コラテック」選手サポート体制 チームコラテック&マトリックスパワータグ・コラテック
http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=3853

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もVWは勝てず

 VW(フォルクスワーゲン)がリードしていた今年のダカールラリー。しかし終わってみれば総合優勝を果たしたのは今年も三菱だった。VWはまたしても勝つことはできなかった。
 VWは多くのステージでトップタイムを出し、レーストゥアレグ2の速さは存分にアピールされた。それはモーリタニアの砂漠に入っても変わらなかった。順調にいけば三菱の総合優勝を大差で阻止していたはずだ。しかし15日、この日に起きたトラブルが、VWから勝利を奪い去った。
 これがダカール。これがラリー。三菱に比べると出場経験が浅いVW。やはりそこが、今回の勝負の分かれ目だったのかなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

全人類が知るべき「真実」

 もう、手遅れなのではないか?
 ――そう思ってしまうほど、地球温暖化が現在すごいスピードで進み、それに伴う環境の変化も起こりつつある。

 20日から公開された「不都合な真実」を観た。アメリカのゴア元副大統領が、地球温暖化に対して警鐘を鳴らした映画だ。紹介される「真実」の深刻さは思っていた以上で、ショックを受けた。
 大気中の二酸化炭素はかつてない勢いで上昇中であり、地球の温度もそれにつれて上昇している。このままのペースで温暖化が進むと極地にある氷が融けていく。それも目に見える速さで。北極とグリーンランドにある氷のうち半分ずつが融けてしまったとき、地球に起こることとは……。

Banner

 僕らは全員、この「真実」を知らなければならないと感じた。今何が起きているのか、そしてこれから何が起ころうとしているのか。
 この映画を多くの人に見てもらいたい。つべこべ言わずにとにかく見ろって言いたい!ただ今のところ上映する映画館が少なすぎる。これは増やしてほしい。てゆーか、今すぐテレビで放送するべき!山手線車内のモニターでも上映するべき!…なんてことを帰りの車内で思ってしまった。

 地球温暖化は止められるのか。この映画では最後にいくつかの提案をしている。それらを僕らは実行に移さなければならない。それはアメリカだけの問題ではないし、京都議定書に調印している日本やその他の国々だけの問題でもない。全人類の問題である。

 まず始めにするべきこと。それは、「真実」を知ることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

auのケイタイがMoMAに!talbyも

Img_6057s6
 auの携帯電話端末がMoMA (ニューヨーク近代美術館) の収蔵品に選定された!選ばれたのは「au design project」の4モデル。僕のtalbyも入ってるのがうれしい!

KDDIニュースリリース
「au design project」の4モデルがMoMA (ニューヨーク近代美術館) のコレクションに選定
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/0115c/index.html

Img_6016s6

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

閣下、大相撲を解説す

 好角家(相撲通)で知られるデーモン小暮閣下が、NHKの大相撲中継でゲスト解説者として出演。以前にも閣下の相撲解説を聞いたことはあったが、今回もなかなかよかった。閣下が披露する薀蓄には「へー」と思ってしまう。今日などは横綱土俵入りの型(雲龍型と不知火型)の決め方に「へー」。また、閣下から見た力士の特徴や取り組みの見所について高砂親方に尋ねるなど、話を引き出すのも上手い。
 NHKもよくぞ閣下を出演させたものだ。アナウンサーが閣下のことを何て呼ぶのかいつも気になってしまう。「閣下」と呼んだり「デーモン小暮さん」と呼んだり。ちなみに出演者紹介の字幕では「デーモン小暮閣下」だ。そうか、「~閣下」までが名前だったのね。
 閣下の解説は結構好評のようで、また聞ける機会があったらいいななんて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ダカールラリーはVWがリード

 6日にスタートした今年のダカールラリー。昨日の時点で1位から3位まで独占しているのがフォルクスワーゲン。5気筒TDIエンジンを搭載したレーストゥアレグ2が速さを見せつけている。現在1位のドライバーは元WRC王者のカルロス・サインツ!
 三菱は今年フルモデルチェンジを果たしたパジェロエボリューションでフォルクスワーゲンを追う。後半は彼らが自信を見せる砂漠で巻き返せるか。それともフォルクスワーゲンが、去年もうちょっとのところで逃した初の栄冠を勝ち取るのか。はたまたシュレッサーが優勝をかっさらっていくのか。

 いやー、レーストゥアレグかっこいい。黄土色のアフリカの大地にブルーのボディが映える。僕はかっこいい方を応援する主義。新型パジェロも悪くないんだが。
 さてさてこの先どうなる?今年もアクシデントはあるのか?
 結果は現地からの報告を待て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

美雪のPCモニターは三菱製

 つい、小道具に目がいってしまった。あ、タイトル(↑)のことです。それはさておき…。
 しっかりアネゴ(Anego・姉御)的会社員役が板についてしまったかのような篠原涼子。今日はアネゴがスーパーアネゴになって帰ってきた、と思っていたらちょっと違うみたい。
 ドラマ「ハケンの品格」第一話。ありえねー展開には少々興が冷めたが、篠原演じる春子の言動になんだかドキドキしながら観た。まあ現実は少し違うかなとは思うものの、仕事とどう向き合うかという点では心にビシビシ来るドラマだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

「クルマのツボ」

「相変わらずぶしつけなまんま続けています。」という三本和彦さんの言葉が今となっては懐かしい。
 自動車好きの視聴者から惜しまれつつも(?)2004年に放送が終了した「新車情報」。自動車評論家の三本和彦さんをキャスターに、UHF局で27年間オンエアされ続けた長寿番組だった。この番組を知らない人はたくさんいただろうが、知ってる人もそれなりにたくさんいたんじゃないだろうか。他ならぬ僕も、中学生の頃から毎週楽しみに観ていた。
 先日、この「新車情報」の後を受ける番組が放送されていることを知った。「クルマのツボ」である。この番組を知ったきっかけは、たまたま新聞のテレビ欄を見たこと。お、クルマ番組やってるぞと思ってチャンネル変えてみたら、出演者こそ違えどスタジオとかテロップとかロケ映像とかが「新車情報」の雰囲気ほぼそのまま!言われなくてもこりゃ「続・新車情報」だ。
 出演は岡崎五郎氏ら3名。岡崎さんは三本さんに比べれば若造かもしれないけど、まともなことを言うジャーナリストだと思う。(たしか「新車情報」にもゲスト出演したことがあったし。)
 ともかく新車を一台一台、映像でチェックできるコンテンツが復活したわけだ。僕としてはうれしい、というかホッとしているところである。なにしろ「新車情報」が終わってからというもの、だんだん新しい車の登場についていけなくなってきてたところだったのだから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

今年も初めは…

 今年も初めはさだまさし。NHK午前0:25からの「年の初めはさだまさし」を観る。実はこの番組が楽しみで、大晦日は「紅白」を(全部じゃないけど)観てた。トークのネタになるだろうから押さえておかないとって思って。アンジェラより産むが易し。幽体離脱。「紅白」観てなかったらわかんなかったな。いやー、それにしても相変わらずユルい番組でいいねぇ。途中で出演者(?)がおでん食べ始めるから僕も何か食べたくなって、残り物のきのこ汁を温めなおして食べてしまったよ。よい。よいです、この番組。エライぞNHK。僕は受信料払ってま・・・。
 とまあ、番組観てない人にはよくわからん文章ですいません。

 そんなこんなで夜更かしをしたので起床は11時。走り初めをしようかとも思ったけど寒いからいいや。日が暮れるのもあっという間だし。
 年賀状投函がてら、車で買い物に。ジャスコに行ったら、いるワいるワ。初詣の帰りなのか、ただ暇つぶしにきただけなのか、初めて見る人の多さ。この国の住人は、いつのまにやら元日も正月もなくしてしまったらしい。並んでいるのは駅弁、焼き鳥、から揚げ、菓子パン…。おせちを食べる人などいなくなってしまったのだろうか。そういう僕もおせちは食べていないのだが。
 正月だ、って言っているのはテレビの中だけ。こんなんでいいんでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »