« パンクで10kmの帰宅 | トップページ | 写真展「地球(ほし)の旅人」 »

2007年2月 5日 (月)

意外といいかも、デリカ

 先日、三菱のデリカがフルモデルチェンジを果たした。こういうでかいクルマにはあんまり興味が湧かない僕だけど、テレビCMを見て、おおっ!て思った。意外とヤルな三菱、と。
 まずエクステリアデザインに「おおっ」。2005年の東京モーターショーに出てたコンセプトモデルの雰囲気を損なっていない。デリカっぽい無骨さがあって、個性的でなかなかいいんじゃないの。
 そして、環状骨格構造の新開発「リブボーンフレーム」の採用。こちらもユニーク。
 悪路の走破性も高いらしい。この点で他の1BOXワゴンとは一線を画している。
 軽自動車のi(アイ)といい、今回のデリカといい、最近の三菱は一皮剥けた感じがする。ちょっとこれは今後も要注目ですな。

三菱自動車 デリカD:5
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/index.html

|

« パンクで10kmの帰宅 | トップページ | 写真展「地球(ほし)の旅人」 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外といいかも、デリカ:

« パンクで10kmの帰宅 | トップページ | 写真展「地球(ほし)の旅人」 »