« ETCパスポートを検討してみよう | トップページ | 声はすれども »

2007年3月23日 (金)

「ハイジの白パン」

 スイスのパンを求めて、の第2弾。

 スイスで食べたおいしいパンを日本でも食べたい、という思いで始まったこの企画(?)。ちなみに第1弾は『ロコパン』の「スイスの田舎パン」だったが、求めているものとは別物だったということで残念。
Img_68522s6
 今回見つけたのは、『アンデルセン』の「ハイジの白パン」。アンデルセンとハイジがどう関わっているのかは聞かないでおこう。
 見た目は僕が探しているパンに近い。食べてみる。食感は、柔らかい部類と硬い部類の中間くらい。表面にある白いのがちょっと粉っぽい。味、匂いは薄く、上品というか淡白。焼きたてだったらもう少し違っているかもしれないが。
 結論を言うと、今回も僕が探しているものではなかった。もう少し硬く、風味が強くなければならない。

 なかなか日本ではおいしいプレーンなパンに出会うことができない。日本のパン屋さんは、菓子パンや惣菜パンばかり多くて、パンそのものを提供してくれるところが少ない。米を主食とする日本、かたやパンを主食とするスイス。やはりこの両者の間には、文化に隔たりを感じてしまう。日本でおいしいパンを探すのは、スイスでおいしいおにぎりを探すくらいに難しいことなのだろうか。

アンデルセン
http://www.andersen.co.jp/

|

« ETCパスポートを検討してみよう | トップページ | 声はすれども »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おっ、おしりうまそう(φωφ)

投稿: びわ | 2007年3月27日 (火) 22:15

形はおしり。
でも味は…?

投稿: Mさる | 2007年3月28日 (水) 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイジの白パン」:

« ETCパスポートを検討してみよう | トップページ | 声はすれども »