« 逃げの映像に血が騒ぐ | トップページ | お仕事 »

2007年3月15日 (木)

チームカーに注目してみる

 パリ~ニースで今年のプロツールが開幕して、今年の新しいチーム体制もだんだん頭に入ってきた感じ。移籍にした選手の顔や、新しくなったジャージのデザイン、そして僕がついつい気になっちゃうのは選手に帯同するチームカー。
 中でもちょっとしたサプライズだったのは、サウニエルデュバルのチームカー。これがアコードワゴンなのだ。ホンダの車がプロチームのチームカーとして画面に出るのを見るのは初めて。初日のプロローグでは、チームカラーの黄色に塗られたアコードを従えたデビット・ミラーが勝利。初日からアピール度はかなり高し!そして黄色いアコード、これがなかなかイイ。
 他のチームカーはどうなってるだろうか。多いのはシュコダで、パリ~ニース出場20チーム中の11チームが使用。VWとプジョーがそれぞれ2チームずつ。あとはフォード、アウディ、ボルボ、フィアットが1チームずつ。ちょっと意外なのはフォードを使ってるのがag2rだということ。フランスのチームがアメリカ車を使うっていうのは珍しいんじゃないかな。

 今年も1シーズン、多彩なチームカーを見られる。それもまた、プロツール観戦の楽しみの一つなのである。

|

« 逃げの映像に血が騒ぐ | トップページ | お仕事 »

クルマ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/14276313

この記事へのトラックバック一覧です: チームカーに注目してみる:

« 逃げの映像に血が騒ぐ | トップページ | お仕事 »