« 入院前夜 | トップページ | ウルリッヒ引退かぁ »

2007年3月 2日 (金)

世界同時株安に…

 27日(火)の上海市場で株価が急落。その影響により同日のアメリカ相場も急落。
 日本時間28日(水)の朝、そのニュースを僕はテレビの経済番組で知った。この調子だと9:00に開く日本市場も下落するだろう。もうこれは世界同時株安だ。そして今後の相場を予測する上では、11:00に開く上海、13:00に開くムンバイの各市場の動きに注目だ。
 とりあえず手を打っておこう。というわけで、直接影響を受けるであろうファンドを売却。BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国および南アフリカ)の株式に投資するファンドだ。
 以前インド株ファンドを持っていた時に同じようなことが起こって、その時は手を打つのが遅れた。それで少し失敗した経験があった。今回はその反省から、すばやく対処したつもり。
 他の保有する証券については様子見。短期投資の対象ではないので。

 しかしこの数日間でうまいことやって、大儲けした人もいるんだろうなあ。大損した人の方が多いのだろうけど。ま、そういうことはあんまり考えないようにしよう。

 その後、世界中の株価は続落。それに伴って円高になっているのが気がかりだが、あんまり悲観はしていない。さて、来週の相場はどうなるだろうか。

|

« 入院前夜 | トップページ | ウルリッヒ引退かぁ »

くらし」カテゴリの記事

コメント

BRICS売られたんですね。良い判断だったかも。
私はどうするか迷っているうちに、結果的に放置プレイになってしまいました。
10年ぐらいの期間を見ているので、新興国系のファンドはほっといても2倍~3倍にはなるだろうと思ってはいるのですが、今回の下げはかなり強烈ですね。
まだ、利益がのっている状態ではありますが、ちょっと考え中です。もう遅いかな。

投稿: 通りすがり | 2007年3月 3日 (土) 00:54

10年という長期投資のスタンスであれば、保有しておいてもいいのかなと思います。
ただ今後も何度となく同じような値動きはあると思うので、売買について一定のルールを決めておいたほうがいいかもしれません。
判断が遅れて後悔するようなことにならないためにも。

とはいうものの、僕もシロートです。
自分のことはというと売買は結構、場当たり的ですので偉そうなことは言えません。

投稿: Mさる | 2007年3月 3日 (土) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/14108796

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同時株安に…:

» 中国株入門リンク [中国株入門リンク]
中国株は、ここ数年の低迷期を経て、ふたたび強い相場の流れになってきています。 これは、中国の経済活動の活況はもとより、今後期待されるA株とB株の一元化による市場価値の見直し、アメリカからなど先進国からの貿易黒字圧縮圧力で、中国元の上昇期待など様々な要因があります。 しかしながら、中国株についての情報は、日本ではまだまだ限られており、中国株の正しい知識はもちろん、証券会社の選択、口座の開設、投資方法など、皆さん手探りで試行錯誤されているの�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 10:17

» インド株式情報 [インド株投資情報]
インド株式投資情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 16:39

» 初めての外国株投資のための総合情報 [初めての外国株投資〜インド株、中国株、ロシア株、ベトナム株、タイ株、アジア株〜]
初めての外国株投資に役立つ総合投資情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 17:37

« 入院前夜 | トップページ | ウルリッヒ引退かぁ »