« 昼間の一本桜 | トップページ | アナログ写真もイイネ »

2007年4月24日 (火)

野沢温泉外湯めぐり

 野沢温泉の近くに来たので、浸からないわけにはにはいかないでしょう。野沢温泉には、無料で入れる外湯が13軒ある。さて、いくつ入れるかな?
 入浴時間は朝5時から夜11時まで。この日は朝5時に温泉街入り。冷えた身体を朝風呂であっためよう。

Img_06362s61軒目、秋葉の湯。地元のおじいちゃん、おばあちゃんが入りに来てる。あちー!!しばらく入っているとビリビリしてくる。となりのおじさん(観光客か?)と「熱いっすねー」と言葉を交わす。芯まであったまる間もなく、ギブアップ。

Img_0642s62軒目、十王堂之湯。1階が女湯で、2階が男湯。

Img_0650s6
誰もいなくなったので、撮っちゃいました。湯は少し白く濁っている。ここも、あちー!

Img_0652s6脱衣所のすぐ隣に洗い場と湯船。初めにドアを開けたとき、びっくりした。服を脱ぐのがちょっと恥ずかしい。今回僕が入った外湯では、1軒目の秋葉の湯以外、ほぼ同様のつくりだった。2軒目からはもう慣れちゃったけどね。

Img_0672s63軒目は温泉街の中心に位置する大湯。セピアモードで撮ってみた。雰囲気ぴったり。

Img_0687s6野沢温泉のシンボル的な外湯だ。中は「あつ湯」と「ぬる湯」がある。「ぬる湯」に入ってみた。あちー!全然ぬるくないじゃん。「あつ湯」にも手を入れてみたが、変わんないんじゃないの?って感じだった。

入浴時間は短いが、さすがに身体の中まで温まってきた。むしろちょっと湯あたりぎみ。早朝の温泉街をしばし散策する。

Img_0695s6大湯の前にある足湯。比較的最近できたらしい。地元では「あくと」と読むそうだ。

Img_0699s6源泉近くの「ミニ温泉広場 湯らり」にある足湯。微妙にアートしてる?

Img_0697s6その隣にある、こちらはオーソドックスな足湯。入るならこちらの方がいいな。

Img_0755s6さて4軒目、麻釜(おがま)湯。源泉「麻釜」から引湯してるそうな。

Img_07592s6誰もいなかったので、ここでもパチリ。ご覧の通り、こぢんまりしている。お湯はやっぱり、あちー!!邪道と知りつつ蛇口から冷水をじゃんじゃん入れて、少し長く入ってみた。それでも滾々と注がれる熱いお湯が長居をさせてくれない。恐るべし、野沢温泉。

Img_0760s65軒目、新田乃湯。さて入浴、といきたいところだが、もうお腹いっぱい。というか実のところは逆で、空腹が絶頂。朝飯前の湯めぐりは少々キツイ。湯あたりしてもつまらないので、外観だけ写真に撮る。

これにて外湯めぐり終了。4軒でギブアップ。ま、僕は温泉マニアじゃないので許してちょ。興味ある人は自分の目と肌でどうぞ!

|

« 昼間の一本桜 | トップページ | アナログ写真もイイネ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この根性なし!

でも、無理強いはクスリの飲み過ぎと一緒でカラダをいわす。
泉質は全て一緒なら、一軒で充分だな。

投稿: びわ | 2007年4月25日 (水) 23:08

一軒で充分なのはわかっちゃいるけど、いろいろめぐりたいのも人情。
いっぺんに廻ろうというのが無理な話だね。

投稿: Mさる | 2007年4月26日 (木) 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/14831505

この記事へのトラックバック一覧です: 野沢温泉外湯めぐり:

« 昼間の一本桜 | トップページ | アナログ写真もイイネ »