« 脱コンビニ弁当 | トップページ | 猫です(1) »

2007年4月30日 (月)

やっぱりサスは奥深い

 モーターファン・イラストレーテッドVol.3を読んでの不満の声が編集部に届いたのかどうかはわからないが、今度のVol.7の中では自動車のサスペンションの“基礎”が第2特集として取り上げられている。
 前半はストラット、ダブルウィッシュボーン、リジッドアクスル、ツイストビームなど、各形式の定義や特徴について解説。今日一般的な乗用車のサス形式について、一通り知ることができる。じっくり読んでいくと、転舵中心がどこだとか、ストロークに伴うトーやキャンバーの変化がどうこうといったいろいろな要素が出てきて、とっても奥が深い。これらを理解するにはとてもじゃないがこの誌面では足りない。模型や簡単なCGで動きを確認できたらいいんだけどな。でもこの本が、サスを勉強する足がかりにはなると思う。
 後半はサスペンション機構とそれにまつわる力学について。突起乗り越え、加減速、旋回というそれぞれの場面で、力がサスのリンクをどのように伝わり、どう影響するのかを図解。高校の物理で習う程度の力学を知らないと、ちょっと取っつきにくいかもしれない。それと図説に多少不備があって、理解しにくいのが残念。もう少し丁寧に解説してほしいところだ。しかしこれをある程度理解できれば、サスというものが路面からのショックを吸収するだけでなく、真っ直ぐ走る、曲がる、またそれに伴って車体がロールする――ことに非常に大きく関わっていることを理解できると思う(少なくとも、「ふ~ん、そうなんだ」くらいには)。この特集後半を読んだら、サスの機構についてもっと知りたくなってきた。僕のクルマのサスはどうなってるのかな?カタログに載ってない、細かい所が知りたくなってきたよ。
 サスペンションって、単純そうに見えてやっぱり奥が深くてムツカシイ!…けど、とってもおもしろいのだ!

|

« 脱コンビニ弁当 | トップページ | 猫です(1) »

クルマ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/14895386

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりサスは奥深い:

« 脱コンビニ弁当 | トップページ | 猫です(1) »