« 本の紹介ページ | トップページ | スペシャ・ジャパン設立発表会 »

2007年5月10日 (木)

落車の極意

 もうダメだと思ったら、力を抜いて落下に身を任せる、それが落車の極意なり。なーんてな。

 今月末と来月あたまにそれぞれ仙台と富士見(長野県)で行われるMTBジャパンシリーズのレースに向けて、トレーニング。かなり出遅れた感は否めないが、少しでも本番までに調子を上げていかないと。僕がS山~トレイルAと呼ぶいつものコースを、全開走行。ま、実際は全開まで心拍が上がらなかったんだけど。
 久々にシングルトラックを攻めて、いろいろな課題を確認。特にブレーキングに関しては、メリハリのある、且つ安定したブレーキングの必要性を感じた。本番のレースまでに(それは前日の試走も含めて)、レベルアップをしておきたい。
 で、今日はしっかり落車の練習もしておいた(笑)。木にぶつかりそうになって、もうどうにも制御できない状態に。ダメだこりゃ、と思い、地面へと身体を任せることにした。地面は落ち葉や草、土でふかふかだとわかっていたし。この判断に要した時間はおそらく1秒前後。僕もずいぶんと落車慣れしたものだ。慣れてないとこうはいかないと思う。変に力が入って、地面と衝突したときに関節や筋肉を傷めやすい。今日のこの落車では、怪我や打撲はなし。ふー、よかった、よかった。
 ここに落車の極意、極めたり。

|

« 本の紹介ページ | トップページ | スペシャ・ジャパン設立発表会 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/15020195

この記事へのトラックバック一覧です: 落車の極意:

« 本の紹介ページ | トップページ | スペシャ・ジャパン設立発表会 »