« 小さな夏休み | トップページ | 観逃してなかった »

2007年8月 9日 (木)

ライフ DIVAに試乗

Img_0257s6


 実家のフィットが車検に出てて、代車としてライフ DIVAが来てたのでちょこっと乗ってみた。以前実家では1997年発売の先々代ライフに乗っていたことがあった。軽自動車の規格が大きくなる前のモデル。その頃のライフと比べて最新の軽自動車であるこのDIVAがどうなのか、興味がある。

・外観
Img_0277s6通常のライフとDIVAとの違いはエアロバンパー、スモークタイプのリアコンビランプ、ドアミラーウィンカー、14インチアルミホイールの装備など。大袈裟すぎず、すっきりしていてなかなかカッコよいと思う。

Img_0259as6専用エンブレム。ちなみに「Life」の文字はどこにもない。

Img_0281s6こちらは全タイプに共通のドアハンドル。かわいい見た目と、いろんな方向から掴めるのがよい。ただし男の手には若干小ぶりではある。

Img_0267s6165/55R14 72Vという、少々オーバースペックなのではと思わせるような扁平タイヤを履く。生意気にも銘柄はヨコハマのADVANだ。

・内装
Img_0297s6きれいにまとめられたインパネ。素材の質感にも合うシンプルでライトなデザインは好感が持てる。室内の広さは、前席に大人の男二人が乗っても窮屈に感じることはない。

Img_0293s6センターコンソール。シフトレバーはこの位置にある。エアコンスイッチ類がダイヤル式なのはいいが、3つとも同じ径で最初は少し戸惑った。その配置についても、メインスイッチが下なのだが、上段の運転席側の方にあった方がわかりやすいと思う。

Img_0294s6スピードメーターの左にはマルチインフォメーション・ディスプレイがある。ドアを開けると写真のような表示があったりして、これはちょっと心憎い。走行中は瞬間燃費、平均燃費などが表示され、思わず何度もチラチラ見てしまう。

Img_02912s6ラゲッジルーム。先々代のライフから比べたら大きくなったものだ。

・エンジン
Img_0301s6自然吸気直列3気筒SOHC i-DSIエンジン。フィットにも採用されているi-DSIは、1気筒あたり2本ある点火プラグを的確に制御するシステム、とでも言おうか。エンジンルーム内はご覧の通りギッシリ。

Img_03062s6ヘッドカバーの両側に点火プラグが位置しているのがi-DSIエンジンの外から見てわかる特徴だ。
レイアウトは後方吸気・前方排気というもの。排ガス浄化には不利なレイアウトのはずだが…。そう思って下の方を覗いてみたら、排ガス浄化のための触媒はエンジンのすぐ前に(シリンダーヘッドにほぼ直付けする形で)付いている。この位置なら排ガスは温度が下がる前に触媒の中を通過することができる。高温であるほど触媒が働きやすいので、排ガスはきれいになるというわけだ。いかにも最近のクリーンなエンジン、というのが見て取れる。

・試乗インプレッション
 まず運転して最初の感想は、「ハンドル軽っ!!」だった。全然力が要らない。主に女性をターゲットとしているのだろう。ステアリング操作にはある程度重みがあった方がいいのだが。ただ、この電動パワステのフィーリングは悪くない。ちょっと変なクセがあるフィットのパワステよりも自然だ。
 スイッチ類の感触はさすがにチープなところはある。おもちゃっぽいというか。でも実用上は何の問題もない。
 加速性能については、大人2名乗車でエアコンを点けた状態では、さすがにキビシイ。特に上り坂だとエンジン音が高鳴る一方で、なかなか速度が上がっていかない。これは仕方がないか。できればターボモデルにしたい。とはいえ、平地で普通に走る分には充分かもしれない。先々代のライフに比べれば加速はいいし、スムーズ。もっとも、DIVAのATは4速だけど、先々代ライフのATは3速だったのだった。
 脚周りはなかなか好印象だった。マンホールの蓋などの小さな段差を越えるときにはヒョコヒョコした軽さを感じるものの、振動の収まり方は滑らか。先々代に比べれば1ランク上質になった感じがする。55%という扁平タイヤでなければさらに穏やかな乗り味になったのかもしれないが、そこまではわからない。

Img_0279s6

・総合評価
 なるほど軽自動車がよく売れるわけだ。必要にして充分によく走る。デザインや質感にみすぼらしいところはないし。逆にポップだったり、ライトというポジティヴな印象さえ受ける。高速道路での走行性能はわからないが、街乗りには充分な車だ。


Honda|クルマ|ライフ
http://www.honda.co.jp/LIFE/

|

« 小さな夏休み | トップページ | 観逃してなかった »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

新型ライフ(JB5)と基本的には変わりなしみたいね。
僕も初代ライフ(JA4)3ATに乗っていた。免許を取得し3年後のこと。
中古事故車で左手側面を中古パーツでそっくり換えた。
13万㎞弱を走って廃車にした。
今思えば勿体無いことをした。パワーが全然衰えないんだよ。
オイルは頻繁に交換してたから。
でも乗鞍岳は厳しかった。空気が薄いし、スカイラインは
エンブレが役に立たんし。
料金所手前でピストンし、畳平を3往復した。御来光待ちの時間にさ。
やたらとシフトチェンジするので、自分でDと2を操作していた。
ホンダはなんでLレンジがないのかね?

加速が必要な時は、エアコン・コンプレッサーをoffにしましょうよ。
ターボなんていらんからさ。定速になったらonにすればいい。

JA4はほんとにいいクルマだった。スクラップにしたから、悔やまれる。

投稿: びわ | 2007年8月14日 (火) 00:00

まず、正確にはJA4はライフの初代モデルではないですぞ。
ライフの名を持つクルマの初代は、1971年に発売されています。
http://www.honda.co.jp/news/1971/4710511.html

ライフのATにLレンジがないのは、たぶんコストの問題なんじゃないかな。
シビッククラスになるとLレンジがあるからね。
ライフで乗鞍を3往復するような使い方はほとんど想定してないでせう。
新型ライフ(JB5~JB8)はATが4速になって、制御もプロスマテックに進化してますが。

加速時のエアコン操作についてですが、僕も普段の運転ではよくやります。
ルポもエアコン点けると消すとではパワーが段チだからね。

投稿: Mさる | 2007年8月15日 (水) 12:27

知ってるよ。実物見たからね。
リアに『AUTO MATIC』と誇らしげなエンブレムがあったからね。
たしか100㎞/hまでしかメーターがなかったと思う。

投稿: びわ | 2007年8月15日 (水) 13:20

おぉ、i-DSIって、ある意味TwinSparkなんですね。SOHCだから、現行の16Vじゃなくて、145/155前期型の8V相当になるのかな。まぁ、アルファの場合は性能向上というよりは、無理やり排ガス清浄化目的っぽくもある(147搭載の最終形は違うけど)のですが...(^^;

やー、しかし最近のKカーはホント、下手な普通車よりデザイン的にパッとしてますよね。普通車のデザインももっと頑張って欲しい。買い換えるときに買いたい車がなくなっちゃうじゃないか(;_;)

投稿: らぢゅん | 2007年8月16日 (木) 18:33

>びわさん

初代ライフのことは知ってるだろうとは思いつつ、ここでは指摘させていただきました。
JA4を初代と呼ぶには語弊があるので。
(そのため、本文中ではJA4をあえて「先々代」というふうに呼びました。)


>らぢゅんさん

点火プラグが2本といえば、アルファのツインスパークですよね。
アルファのツインスパークに関しては詳しく知らないのですが、ホンダのDSIは2本の(Dual)プラグを時間差(=位相差:Sequential)で点火(Ignition)させます。
1気筒あたり2バルブ、です。
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/LIFE/200309/11.html

たしかに最近の軽のデザインは各社気合の入ったものが多いですね。
やはりここは競争が激しいですからねぇ。

投稿: Mさる | 2007年8月17日 (金) 15:32

TwinSparkはiDSIとは違って、同時点火のようです。燃焼室形状の都合で、1プラグではきちんと爆発させられないからこうなったらしい。

「らしい」というのは、ホンダみたいにエンジンのメカニズムをきちんと解説した公式サイトがないのと、その時代時代で仕様が違う(いや、ひょっとすると同じ時期でも)ので、何が本当かよくわからないから。いい加減だぞイタリア人。

まぁ、イタリア人的発想(失礼)で「燃えにくいから2つつけたぜー」位なんじゃないのーって思ってます(苦笑)

TwinSpark(2プラグ)、16V(DOHC)、可変バルタイ、可変吸気とカタログ受けしそうな機構てんこ盛りのTS2litterエンジンですが、実際の性能たるや同じことをしているホンダのユニットとは比べ物にならない気がします。でも、音が気持ち良いから許す。

投稿: らぢゅん | 2007年8月17日 (金) 23:38

なるほど~。
イタリアっぽいですね。

> でも、音が気持ち良いから許す。

ははは。そこに尽きますね。イタリア製品の魅力は。
ちょっと言いすぎかもしれませんが。
実際のところ、自転車にしろクルマにしろ、レースの世界ではむしろ日本の上を行ってますし。
こだわり方とか、仕事の仕方とかが日本人と違うのでしょうね。

投稿: Mさる | 2007年8月20日 (月) 14:46

>初代と先々代

さすがはMさるくん。クルマ好きは使い分けをチンとしてはる。
初代のライフにETCを取り付けて、名神を走りたいね。
と言っていたお客さんがいました。
MAX70㎞/hしか出ない初代で、どーやって??

JB5のエンジンを初めて見た瞬間、6気筒?? って思ったよ。

投稿: びわ | 2007年8月20日 (月) 23:28

初代ライフで名神はおそらくかなり危険だろうね。
クラシックなクルマは一般道をトコトコ走るのが安全、かつ楽しいと思う。

JB5のエンジン、今回初めて見たんだけど、実は僕も最初「何だこれ」って思った。
同じくi-DSIのフィットのエンジンは見たことあったんだけど、インマニがあるので点火プラグが2本あるのがわからないんだよね。

投稿: Mさる | 2007年8月21日 (火) 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフ DIVAに試乗:

« 小さな夏休み | トップページ | 観逃してなかった »