« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

スポーツ観戦の秋

 雨の日曜日となった今日。「スポーツ観戦の秋」と参ろう。

 最近はほとんど観なくなったF1。あんまりおもしろくないんだもんな。でも今回は日本GP、しかも富士スピードウェイでの開催ということなのでテレビで観戦した。雨の中で序盤はどうなることかと思ったが、中盤からはかなり観応えアリで。アクシデントにドラマを感じ、すんごいバトルに熱くなり。F1、雨の中だとおもしろいじゃん!

 そして今夜は自転車ロードレースの世界選手権。こちらも楽しみ。

 この週末は日頃の寝不足を解消しようと思ったけど、なかなかそうもいかないみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

残念なこと

 10月から、キャリアスクールで行われる写真の授業のアシスタントをすることになっていた。以前お世話になった先生がする授業、そこでのお手伝い。新しい生徒と交流できるし、先生の授業をまた近くで見れる!そんな期待を抱き、結構楽しみにしていた。
 それが突然、昨日になってナシということになってしまい、ショック。どうやらスクール側の度重なる不手際に先生が匙を投げたようで。
 あの学校ならありそうなことだ、とは思う。
 しかし、それにしても残念だ。予定も空けといたのにな。
 またほかのおもしろそうなことを見つけるつもりだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

或る日の気色X,Y

見えたから、こころが振れたのだろうか。
 
こころが振れていたから、見えていたのだろうか。
 
 
Img_23072s6気色X

 
 
Img_2275s6
気色Y
 
 
こころに宿る風景。
 
風景に宿すこころ。
 
 
〔気色A,B,XおよびY : 支笏湖畔にて〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

或る日の気色A,B

Img_2313s6気色(けしき)A

 
 
Img_2273s6
気色(けしき)B

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

羊蹄山夕景(6)

 ・・・をバックに。

Img_2419s6
やっぱソフトクリームだべさ。
【撮影】中山峠より 2007/9/16 18:10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

羊蹄山夕景(5)

Img_2429s6
【撮影】中山峠より 2007/9/16 18:26

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

羊蹄山夕景(3)(4)

Img_2397s6
【撮影】中山峠より 2007/9/16 17:43
     
Img_2385s6
【撮影】中山峠より 2007/9/16 17:24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N700系に遭遇

Img_3125s6_2 久々に新幹線に乗ることになった。東京駅に行ったら、たまたまプラットホームにN700系新幹線がいた。この先頭車両の形、すげー!!かっくいい~!!
 新幹線は子供達に大人気。僕もちょっとお邪魔して写真をば。やっぱり撮らずにはいられないでしょう。
 んで、乗りたかったけど満席。ちょっと残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

羊蹄山夕景(2)

Img_2399s6
【撮影】中山峠より 2007/9/16 17:43

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

羊蹄山夕景(1)

Img_2381s6
【撮影】中山峠より 2007/9/16 17:23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

ホンダブース編:GDP2007

 出し惜しみをしていたらお蔵入りになるところだった。グッドデザインプレゼンテーション2007の最後に紹介するのは、ホンダのブース。一番見たかったのはここだったので、実は真っ先に向かったんだけどね。

Img_09152s6 会場の奥の方に構える、ホンダのブース。なにやら外から見えないようになっている。

Img_0916s6 隙間が開いてるので覗いてみよう。

Img_0931s6 展示してあったのはこれ。FCX CONCEPT。

Img_0926s6 運転席はこんな感じ。

Img_0940s6「エンジンがいらなくなったら、どんなクルマがうまれるのだろう。」
 ――フロントに(もちろんそれ以外の場所にも、だが)エンジンがないので、衝突安全性を確保しながらもキャビンをかなり前に出すことができる。

Img_0918s6 流麗なボディライン。モーターショーでは、こんなに近くでは見れないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

撮影旅行より帰還

 この5日間、自転車ロードレースのツール・ド・北海道を撮りに出かけていた。先ほど帰ってきたところ。というわけで、報告みたいなのを簡単に。

 14日金曜日の夕方、札幌着。レンタカーを借りて、明日のコースの下見に出かける。

 15日土曜日。あいにくの雨の中、ツール・ド・北海道は第4ステージが行われた。前日とこの日の早朝にロケハンして決めた場所で選手を待ち伏せ、撮影。選手が通過した後、先回りして2ヶ所目で撮影。さらにゴール地点で行われた表彰式を撮影。失敗もしたけど、なかなかの手応え。

Img_2307s6 16日日曜日は撮影2日目。ツール・ド・北海道は第5ステージ。前日は雨の中のレースだったけど、今日は晴れた!まるでヨーロッパのような景色の支笏湖畔を先頭の二人が逃げる。

Img_1906s6 今回の旅の強い味方、日産ADバン。ホントはトヨタのプロボックスにしたかったんだけど、予約いっぱいで取れず。日産車に乗ることになるとは思ってなかったけど、結構パワフルに走ってくれて好印象だった。ただ燃費がイマイチだったかな~。夜中はカーゴスペースで就寝。ちょっと窮屈だった。プロボックスなら余裕だったはずなのだが。

Img_2423s6 17日月曜日祝日は撮影3日目。ツール・ド・北海道は最終の第6ステージ。札幌のモエレ沼公園でのクリテリウム。1日目、2日目の撮影で失敗した点を取り返すべく撮影に望んだが、あえなく撃退された感じ。難しいー!決定的瞬間も撮影に失敗し、落ち込んだ。
 でも、レースはすごい迫力で楽しかった。感動に身体が震えた。

 今年で21回目を迎えたツール・ド・北海道。観客は結構盛り上がってた。だが、一般の認知度はまだまだ低い。このすばらしい大会がもっと大きく、全国に知れ渡るような大会になることを願う。

 撮影を終えて、時間があったので札幌の富士フイルムのフォトサロンに行ってみた。『「PHOTO IS」10,000人の写真展 2007』を観たいと思っていたので。いろんな人の撮った写真がいっぱい。その中の一枚、タイトル『PHOTO IS 「自由」』を観て泣きそうになった。
 
 夜は大学時代の友人と札幌で会食。離れた土地で知ってる人と会うのはなんかいいね。

Img_3074s6 そうして北海道での最後の夜は更けていき…。
 北海道に来る度に、「帰ってきた」っていう感じがするのはなぜなんだろう。

Img_3095s6 18日火曜日。今朝は出発までちょっと余裕があったので北大のキャンパスを30分ほど散歩。こんなきれいなキャンパスで学生時代を過ごせたら、悪い大人にはならないよな(笑)。僕が通ってた大学はビルしかなかったので、とっても羨ましい。

Img_3090s6
 
 
 
 ああ…。


 東京や自分の住んでる埼玉に着いても、なんだかこの街が自分のホームタウンのような気がしなくて。
 ……オイオイ、ちょっと熱に浮かされてるのかもしれないな、冷静になろう(笑)。


 これから、膨大な失敗写真の中から僅かないい写真を選別する作業が始まる。


 今回もまた、たくさんのことを学んだ旅だった。ビバ、北海道。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

携帯電話編:GDP2007

 ケイタイはストレート型絶対至上主義のMさるが独断と偏見をもって選んだ、グッドデザインプレゼンテーション2007出品の携帯電話。機能とかキャリアとかの問題はさておき、デザインが気に入ったものを紹介しよう。
(オフィシャルサイトにあった紹介ページが公開終了となってしまった。詳細をお伝えできないのが残念。)


Img_1062s6■ASUS AiGuru S2
 世界最薄(12.3mm)のSkypeフォン。

Img_1065s6■LG電子(株) KE770
 これいいねぇ。9.9mmスリムデザイン。筐体はステンレス製で耐衝撃性が高い。

Img_1068s6 裏面も美しい。僕は前々からこういう金属筐体のケイタイが欲しかった。


Img_1104s6■サムスン電子(株) SGH-U100
 これもなかなかよい。

Img_1106s6 この薄さは潔い。世界最薄の5.9mmだそうな。


Img_1077s6_2■BenQ S7
 こちらも金属製。ボタンがちょっと押しづらそう。このデザインから連想するのは…“なんかジャンゴ・フェットが持ってそう”。そんな感じしない?


Img_10692s6■BenQ T33
 ストレート型絶対至上主義な僕だけれども、スライド型も悪くない。デザインコンセプトは川の丸石と流れる水だそうだ。僕にはミズスマシかゲンゴロウに見えるが。


Img_1073s6■BenQ E21
 こちらの方がおしゃれでクールかな。


Img_1075s6■LG電子(株) L704i
 こういうプレーンなものが好き。


Img_1109s6■サムスン電子(株) SGH-X830
 キーの配列が斬新。これをやってしまうか。でも、やっぱり慣れないと使いにくそう。


Img_10812s6■(株)ウィルコム+(株)ケーイーエス 9(nine)
 やっぱ、行き着くところはこれかな。現実的には。これがもしPHSじゃなかったらマジこれにしたい。これで充分。
 ウィルコム偉い!というか、他のキャリアが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

VWのスモールカーコンセプト

 昨日から始まったフランクフルトモーターショーに、フォルクスワーゲンはスモールカーのコンセプトモデルを出品したようだ。
 「up!」という名のこのクルマ、写真を見ると2ドアハッチバックということで、ルポの後継モデルのような位置づけになるのだろうか。ただしエンジンはリアに積むそうで、その点が大きく異なる。
 デザインは日本の軽自動車のよう、と言ってしまえばそれまでだが、それよりも大らかで落ち着いた印象だ。最近のフォルクスワーゲンの市販車はいまいち好きになれないところがあるけれど、このup!のデザインは好感がもてる。
 市販に繋がるかどうか、注目したい。


Responce.|【フランクフルトモーターショー07】VWのシティカーコンセプト、量産?
http://response.jp/issue/2007/0911/article99001_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

くもりのち雨

Img_1836s6 洗車した次の日が雨だと、普通はがっかりするものなのかなあ。僕は全く逆で、雨だとうれしい。
 昨日は雨のやみ間をぬってワックスがけをした。しておいてよかったぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

la cena di oggi 今日の夕食

 今日はイタリアンな夕食にしてみた。

primo piatto 第1の皿
Img_1879s6_3
アンチョビとオリーブのトマトソースペンネ


second piatto 第2の皿

Img_1880s6_2
鶏肉の香草焼き

 他にサラダを一皿。

 あ、dolce(デザート)がなかった…。ドルチェは僕、作れないんだよね。

 これに白ワインでも…という感じだけど、今日はワインではなく泡盛をロックで。これがなかなか乙なもの。乾杯!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

オモシロモノ編:GDP2007

 グッドデザインプレゼンテーション2007で見つけた、冗談みたいな、でも大マジメなちょっとおもしろいモノを紹介。

Img_1085s6■(有)バルミューダデザイン ケーブルオーガナイザー 「Colony」
 どう見ても壺である。が、底にいくつか穴が空いている。
 ごちゃごちゃのケーブルやアダプタ類をまとめて放り込んでしまえばホラ、すっきり…というシロモノ。

Img_1087s6 21世紀に問う、古くて新しいデザイン?


Img_1026s6 これなんだと思う?
 実は、捕虫器なのだ。
■ピエージュ(株) Muscicapa(ムシキャパ) MSC-001
 着眼点がよいね。

Img_1094s6■きわみ工房(株) メタル削り出し iPod nano ジャケット FACTRON Re-nano
 究極のiPod用ジャケットかも。材質はジュラルミンやチタン。しかも削り出し!お値段は39,900~99,750円と大変お求め安い価格となって…る?
 これを作ってるきわみ工房という会社、ウチの近所だった。あんな所でこんなコダワリのモノを作る人がいたとは。
 デザインをした(有)ファクタスデザインのWEBサイトには、そのコダワリっぷりが説明されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

500円玉貯金

 ずっと使わないで貯めていた500円玉貯金。いつから始めたんだっけか。貯金箱に記したメモの最初には'90 6/3(日)とある。今から17年前、僕が中学2年だった頃…。
 いつまで貯めればいいんだろう。なんとなく始めた貯金だったけど、時が経てば経つほど使うのに気が引けるようになってきた。貯金箱を開ける踏ん切りがつかない。かといって、このまま死ぬまで使わないとなったら、何のための貯金なのかっていう話になるし。使うならちゃんとしたことに使おう。中学生や高校生だったあの頃、欲しかったものはなんだったろう。
 クルマは欲しかった。だから、ルポを買うときに使おうと思ったこともあった。でも、結局使わなかった。使えなかったのは、“あの頃”乗りたかったのはフォルクスワーゲンではなかったから、かもしれない。

Img_1781s6_2

 今日、その500円玉貯金を開けた。ずっしりと重くなった貯金箱の中から、500円玉がいっぱい出てきた。そのお金を持って出掛けた。

Img_1808s6

 この貯めたお金に少しお金を足して、カメラのレンズを買った。“あの頃”、カメラのレンズが欲しかったわけではない。それでも使う決心をしたのは、自分にとってそれが必要だと思ったから。
 今、僕の手元にやってきたレンズは、ずしりと重い。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

優しいデザイン編:GDP2007

 グッドデザインプレゼンテーション2007出品の中で見つけた、人に優しいデザイン。


Img_10572s6■白山陶器(株) フリーディッシュ・プレート・ボール COMMO
 掬うことに関する不便さを解消した形状。これならスープの最後の一滴も、貼りついたサラダのレタスもスマートに食べられそう。


Img_10972s6■(株)ジュース マタニティーセーバー Matta
 お腹の中の赤ちゃんを、携帯電話などから発せられる電磁波から守るグッズ。

Img_10992s6 電磁波は胎児に悪影響を及ぼす可能性があると言われている(※)。けれども、お母さんが電磁波から遠ざかる生活を送るのは難しいのが現状。
※あくまでも可能性であって、今のところ断定はされていない。

Img_10962s6 そこで、このシートを下着の上からお腹の位置に貼る。このシートは広帯域アンテナとなっていて、携帯電話などからの電磁波を吸収するようになっている。これにより、赤ちゃんに電磁波が届くのを防いでくれるのだ。
 開発したのは新潟県にあるジュースという会社。ペースメーカーを装着している人を電磁波から守る「ペースセーバー」という商品を作っている会社だ。


Img_09792s6■TOTO(株) 幼児用手すり キッズグリップ シンプルタイプ、キャラクタータイプ
 なるほど、子供用という着眼点があったのだね。デザインしすぎてないところが○。

Img_09802s6■TOTO(株) 幼児用小便器 U310
 大きさ、形、手すりの色といい、かわいい。

Img_11003s6■リオン(株) 補聴器 リオネットロコ HB-L1
 補聴器である。
 僕はかねがね補聴器のデザインに不満だった。補聴器といえば、極力目立たないようにと肌色に塗られているのが一般的だった。僕はそれがとてもイヤだった。視力を補正する眼鏡はデザインが豊富でファッション性も高いのに、聴力を補正する補聴器はなんて地味でカッコ悪いのだろう、と。
 数年前、ある展示会でスイスのフォナック社がカラフルな補聴器を展示していたのを見て、おお~これこそ僕の求めていたものだ、と思った。
 このリオネットロコをデザインしたデザイナーも同様のことを考えていたようで、色や形が洗練されている。このような補聴器が広く普及して欲しいと、個人的には強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

ブエルタが開幕

 グランツールの最後を飾るブエルタ・ア・エスパーニャが土曜日に開幕。
 しかしブエルタというのは、なんとなくパッとしない感じがするのは僕だけだろうか。どうも景色の違いがそう感じさせるような。ジロにおけるイタリア、ツールにおけるフランスの瑞々しく華やかな雰囲気と比較すると、スペインの景色というのは乾いている。季節も関係してると思うのだけれど。
 去年はブエルタを全く観なかった。いろいろ忙しかったというのもあるんだけど。今年は一応観ているのだが、今のところどうもやっぱり盛り上がらないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車編:GDP2007

 グッドデザインプレゼンテーション2007には、自転車関連品も出品されていた。中でも注目はこれ。

Img_0960s6■井上ゴム工業(株) IRC FORMULA PRO TUBELESS
 IRCはロードバイク用のチューブレスタイヤを開発。説明によれば、このタイヤの特徴は以下のようなもの。
・WOやチューブラーに比べて転がり抵抗が小さい
・パンクをしてもエアが一気に抜けるようなことがないので、事故に繋がりにくい

Img_0965s6 リムは専用のものを使用する。
 デザイナーのコメントを読むと、フィットネスなど趣味を目的とした使われ方を想定しているようだ。ということは、レース向けというわけではないのだろうか。重量、グリップ力、しなやかさといった性能が気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

粋なモノ編:GDP2007

 グッドデザインプレゼンテーション2007出品の中で見つけた、ちょっと粋なデザイン。

Img_1003s6■LVMHコスメティック(株) 「都会に咲く一輪の花」をコンセプトにしたフレグランスのボトルおよびパッケージデザイン
■LVMHコスメティック(株) フラワー バイ ケンゾー
 トールなグラスに一輪のポピー。すっきりとしていながら、艶やかさもある。魅力的なデザインのフレグランスボトル。


Img_10902s6■セイコークロック(株) アナログ掛時計 パワーデザインプロジェクト「スタンダード」
 実にシンプル。実に潔い。これぞ、“時計”。
 駅のホームなんかにあったらモダンでカッチョイイかも。一方、これが似合うリビングを想定するとなると…、かなり無機質な部屋じゃないと似合わないだろうな。コンクリート打ちっぱなしの、みたいな。

Img_10892s6 このアールが絶妙。
 デザインは深澤直人氏のディレクションによるものと知って、納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »