« 北海道の味覚(1) | トップページ | Leg3 最終サービス »

2007年11月 5日 (月)

Leg2 午後の陸別SS

 10月27日(土)、ラリージャパンは競技2日目(Leg2)。今日は帯広からおよそ100km離れた陸別で朝と午後のステージ2本を観戦する。1本目は朝イチのステージなので早い。なにしろ出走開始が7:13である。東京から飛行機と夜行特急「まりも」で帯広にやってきた友人を夜中の3時にピックアップ。そのままレンタカーで陸別へ向かう。
 まだ夜の明けきらないうちに陸別に到着。昨夜からの雨は弱くなったもののまだ降り続いている。でもそのおかげで冷え込みはそれほど厳しくない。氷点下になるのを覚悟して来たのだが、5℃くらいはありそうだ。
 今日の観戦ポイントは陸別のオフロードサーキット。去年観戦したDエリアに陣取る。去年一緒に観戦した北海道の3人は残念ながら来てないようだった(…たぶん)。「また来年土曜日の朝にこの場所で」なんて言って別れたんだけど、実際に来れたのは一番遠くに住んでる僕だけだったか(笑)。
 定刻通りに競技開始。1年ぶりの陸別ステージはやっぱりおもしろい。ドライバーによって走り方が違うのがわかる。ヘニング・ソルベルグなんかは豪快に横向いて石やらドロやらを蹴飛ばしながら走っていく。僕の方にも石ころが飛んできて脚にヒット。痛えっつーの!
 写真は全く撮らずに、友人と二人で声を上げながらひとしきり楽しんだ。

 お昼をサーキット内の出店で済ませた後、午後は場所を変えて観戦することに。

Img_4736s6 今年のラリージャパンはこれまでよりも遅い時期の開催。山はカラマツ(?)が黄葉して北海道らしい秋の彩りをみせる。

Img_4771s6 午後の競技開始。スタート地点から一気に加速していくシトロエンのダニエル・ソルド。すごいスピードで目の前を駆け抜けてコーナーに入っていった。

Img_4780s6_2 現在首位をキープしているBPフォードのミッコ・ヒルボネン。

 昨日はグロンホルムがリタイヤし、今日はなんとローブもリタイヤ。シトロエンもBPフォードも残っているのはセカンドドライバーだけ。スバルにいたってはペターもクリスもリタイヤしてしまっている。大波乱のラリージャパンである。

Img_4798s6 秋色の景色の中をスタートしていくグループNのラリーカー。こちらはPWRCにエントリーしているレチェック・クザイ選手。

Img_48022s6 ブレーキから火の粉を飛ばしながらコーナーに侵入していく鎌田選手のインプレッサ。

Img_4813s6 若手注目株のユホ・ハンニネン。

Img_4916s6 ここは陸別名物のウォータースプラッシュ。誰が名付けたかその名も「陸別ジャパーン」・・・。
 道の脇からわざわざポンプで水をくみ上げてここに流し込んでマス。

Img_4924s6 シビックもジャパーン!

Img_4938s6 ヴィッツもジャパーン!そして跳んでます。

Img_4953s6 インテグラもジャパーン!(しつこい?)
 
 ここのポイント、単に見た目がハデなだけかと思ったら、その先のコーナーへの侵入に備えてのブレーキングとかライン取りとか、テクニック的にも結構見所があっておもしろかった。

 
 
Img_4967s6 そんなわけで早朝から夕方までたっぷり楽しんだ陸別。ほとんど誰もいなくなった駐車場に戻ってきたら、すんごいおまけが。西の空が燃えている!刻々と変化する空に向けてしばしシャッターをきり続けたのだった。

|

« 北海道の味覚(1) | トップページ | Leg3 最終サービス »

モータースポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/16986147

この記事へのトラックバック一覧です: Leg2 午後の陸別SS:

« 北海道の味覚(1) | トップページ | Leg3 最終サービス »