« ラリーではたらく人たち | トップページ | モーターショー'07 BEST 6-10 »

2007年11月12日 (月)

北海道の味覚(5)

 北海道の味覚、最後に紹介するのはこちら。
Img_4108s6 帯広といえば、なんといっても豚丼だ。これを忘れちゃあいかん。帯広には豚丼のお店がいくつもあって、微妙な味の違いを楽しめる。

Img_41152s6 今回入ったお店はここ。豚丼の元祖、「ぱんちょう」だ。ラリー観戦で帯広に通い始めて3年目、ようやく初めてこの店に入ることができた。なにしろ週末はお店の外に行列ができるくらいの人気の店。今年は木曜の夕方、帯広に着いてすぐにGo!並ばずに入ることができた。

 決して広くはないお店の奥の席に座る。僕の他にもラリーを見に来たと思われる人たちが出ては入ってくる。店員さんも忙しそう。豚丼は松・竹・梅・華の4ランクあり、違いは肉の枚数。僕は人気の梅(1,050円)を注文。
 運ばれてきたどんぶりは、蓋とのすき間から肉がはみ出てる。蓋をとると6枚の豚肉がどーんと載っている。下にあるご飯なんて見えない。これだよ、これ。豚丼はこうでなくっちゃ。

 いただきまーす!

 店によってはたれの味がしっかりとついているが、ぱんちょうの豚丼はそれに比べると薄めだ。豚肉はやわらかく、また焼いてあるので香ばしい。肉は脂がしっかりあって食べ応えは充分。悪く言えばちょっとくどいかな。欲張らずに梅ではなく豚肉4枚の松でもいいかもしれない。
 とはいえ、これぞ豚丼の基本、うまい!帯広を訪れた際には是非一度食べておきたい。ぱんちょうの豚丼を食べずに豚丼は語れない。

Img_4110s6

これぞ豚丼!

|

« ラリーではたらく人たち | トップページ | モーターショー'07 BEST 6-10 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

・・・・やっぱり本場の味は格別でしょうか?

投稿: onochan | 2007年11月12日 (月) 22:42

はい!
本場で食べるのが一番ですね。
都内の某豚丼店ではこの味、ボリュームは味わえません。

投稿: Mさる | 2007年11月13日 (火) 16:42

目指せ!メタボリック!
羨ましい限り。。。その昔、帯広市に行った時、なんで喰わんかったんやろ。。。

投稿: びわ | 2007年11月13日 (火) 19:44

それは惜しいことをしたね。
お肉はやっぱり脂が旨い。内臓脂肪増加中。

投稿: Mさる | 2007年11月14日 (水) 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/17043958

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の味覚(5):

« ラリーではたらく人たち | トップページ | モーターショー'07 BEST 6-10 »