« 初詣 | トップページ | いつかはそらへ »

2008年2月 3日 (日)

節分に食べるもの

 節分といえば豆まき。子供の頃、「鬼は外、福は内」ってやったあと、年の数だけと言わずいっぱい豆を食べたのが懐かしい。
 ここ数年、節分になると主にコンビニで恵方巻きが売られるようになった。関東では(というか関西以外では、かな?)節分に恵方巻きを食べる習慣はない。どうもバレンタインチョコと同じような商売っ気が見え透いてしまっている。「まるかぶり」という言葉も関東では使われないので、キャッチコピーとして大きく使われてたりすると違和感があるんだよね。



 このYahoo!のアンケート結果に付随しているコメントを見ていくと、恵方巻きを全国に展開するやり方に不快感を覚える人も少なからずいるようで。でもまあ、縁起物だし、子供がいる家庭なんかではそうやって食べるのも楽しそうと想像すれば、とやかく言うことでもない。
 お正月もお盆もクリスマスも何でもやってしまう国民性が、またしても発揮されるのかどうか。恵方巻きが全国に定着するのかどうか。そこはちょっと気になるけどね。

|

« 初詣 | トップページ | いつかはそらへ »

くらし」カテゴリの記事

コメント

恵方巻は大阪だけの習慣みたいね。
東京来てからはすっかり食べんけど。
数少ない二十四節気を感じる風習なので大事にせねばいかんのですが。

投稿: 軽子坂 | 2008年2月 3日 (日) 18:59

軽子坂さんは関西にいたことがあったんでしたね。
恵方巻きって、やはり大阪ではかなりポピュラーなものなんですね。

昨日は節分でしたが、豆まきしませんでした。
代わりに「サザエさん」見て節分気分を味わいました。

投稿: Mさる | 2008年2月 4日 (月) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/17938040

この記事へのトラックバック一覧です: 節分に食べるもの:

« 初詣 | トップページ | いつかはそらへ »