« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

雨桜

Img_65852s6 雨に濡れた五分咲きの桜も風情があるものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

桜は咲いたのに

Img_6530as6 桜が見ごろ。自転車で楽しめる桜並木を撮ろうと思って走り出す。多摩湖から小金井までのサイクリングロードを走ってみた。
 今日はあいにくの天気。桜は満開なのに春のうきうき感がないのはやっぱり曇り空の下でコントラストを失ってしまった桜の花と、春にしては冷たい風のせいかな。3時頃には予報より早く雨が降り出し、濡れながら急いで帰ることに。今日はあまりいい写真が撮れなかった。
 また次回に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

エンジンオイル交換

Img_64553s6 ルポのエンジンオイルを交換した。前回の交換から1年半経っていて、その間の走行距離は約12,000kmだ。
 オイルは半年に一度または3,000~5,000km走行ごとに交換ということがよく言われる。でも僕はそんなに頻繁に交換していない。ルポを新車で買ってから4年、総走行距離は31,000kmだが、オイル交換をしたのは3回目だ。
 フォルクスワーゲン(VW)も15,000kmごとのオイル交換を推奨している(※)ので、それを信じている。ただし入れるのはVWの規格(VW502とかVW503とか)をクリアした100%化学合成油。

 ※VWはオイルを長く使った方が廃棄するオイルの量も減ることになるので環境に優しいとも言っている。

 今回はディーラーで12ヶ月点検のついでに交換してもらった。請求書にある作業内容の欄を見たら、入れられたのは「カストロール SLX(5W-40)」とあった。たぶんこれだろう。あれ?VW503(0W-30)適合のじゃないの?まいっか。VW502には適合してるから。ちなみにカストロールはVWの純正オイルとして採用されているブランドだ。
 
Img_64402s6_2これはエンジンルームに貼られたステッカー。VW503を推奨してるんですけど…。

 僕はほんとはモービルが好きなので、前回はオートバックスでモービル1を入れてもらった。VW503規格に適合したモービル1 0W-40 RPを奮発。気に入った銘柄の高級グレードオイルで気分は上々。ただこの時、店員が交換作業にちょっと手間取って。理由はルポGTIにはアンダーカバーがあるのだが、ドレンプラグを外す際にそのアンダーカバーを外すのに手こずったそうなのだ。ま、それでやっぱディーラーでやってもらうのが安心かなと思って、今回はディーラーで交換してもらうことにしたのだ。
 ということで、新しくエンジン内を循環するオイルはカストロールになった。WRCでフォードのラリーカーが使ってるブランドだと思えばカストロールもアリかな。
 とにかくエンジンオイルとエレメントを交換して、なんだか気分も晴れ晴れ。アクセルを踏むのが一層楽しくなってしまう、ちょっと困った状態である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

そろそろタイヤ交換なんだけど

Img_3556s6 タイヤといえば、ルポ君のタイヤのこと。
 走行距離が3万kmを超え、だいぶ磨り減ってきた。そろそろ交換を考えないと。
 悩みは選択肢の少なさだ。ルポGTIのタイヤサイズって、特殊なんだよね。205/45R15。こんなサイズ、他に履いてるクルマなんて見たことない。ほとんどルポGTI専用といっていい。
 調べてみると、日本で手に入るのは3つだけらしい。1つは純正タイヤであるダンロップのSP SPORT 2000。あと2つはブリヂストンのPlayz PZ-1トーヨータイヤのPROXES T1Rだ。
 これまでと同じタイヤを履くのはおもしろくないので、SP SPORTは候補から外したい。Playzはどうかというと、ネット上での評判がイマイチよくないのと、サイドのデザインがカッコ悪すぎるのが気に入らない。トレッドパターンもあんまりカッコ良くないし。残るPROXESは、性能は良さそうだけどトレッドパターンが気合入りすぎてて…。
 できればミシュランとか履いてみたいよな。ドイツ車だからコンチネンタルとかもいいんだけどな。トレッドパターンはすっきりとした欧州プレミアムセダンが履いてそうなやつがいい。ちょっと知的な感じの。――見た目重視です、はい。
 そうは言っても、それはないものねだり。情報によれば195/45R15が装着可能で、これならば選択肢は増えるのだけれど、サイズは変えたくないんだよね。
 う~ん。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

エコか安全か

Img_1487s6 前述のスプリンターを運転してみて感じたこと。
 少し強めのブレーキングでタイヤが鳴く。交差点での通常のコーナリングでも、路面がちょっと不安定な所を通過すると鳴く。ええっ、今ので鳴いちゃうの、っていう感じ。もし追突回避のために急ブレーキを踏んだら、ちゃんと止まれるのだろうか。心配になる。
 装着されているのはヨコハマのDNAエコス ES300というタイヤ。転がり抵抗を減らした省燃費設計の、いわゆるエコタイヤだ。
 一般にエコタイヤは省燃費と引き換えにグリップ力が低下するということはわかっていたが、こんなに頼りないものだとは思わなかった。車のサスペンションの能力や155/80R13というタイヤサイズも影響してるとは思うが、まずこれはタイヤの性能自体によるところが大きいと思う。実際、上級タイヤのDNA Earth-1の説明中にはES300のグリップ力が劣っていることが示されている。
 経済的なこと、省燃費なことはいいことだが、それを安全性と引き換えにするのはどうなんだろう。僕は安全性を第一に考えたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

その名にそぐわぬクルマ

Img_14772s6 鈍重。それが第一印象だった。
 写真のスプリンターを運転することになったのだが、これがなんというか、端的に言って酷いクルマで。
 エンジンの吹けが悪い。
 脚が頼りない。路面の凹凸が遅れてボワンボワンと伝わる感じ。ボディ剛性が低いのかもしれない。路面のインフォメーションが伝わってこないので運転してると不安になる。
 アクセルペダルが妙に重い。
 ハンドルがつるつるてらてらとしててウナギの身体みたいで見た目が気持ち悪い。そして滑りやすい。
 ブレーキのフィーリングも効きがリニアでなく、気を遣う。
 加速するにしても、コーナリングするにしても、「ボディ、重!」って感じ。
 運転してて全く面白くないクルマ。怠惰。

 こんなクルマ、よく売れたもんだな。これ作ったメーカー、“間違いだらけのクルマ作り”してるよ。

 クルマってのはフィーリングが大事なんだということを改めて感じる。べつに速いとか、燃費がいいとかじゃなく、操りやすいこと、気持ちがいいこと。このフィーリングを軽視してきたのが、日本のクルマなんじゃないかな。
 それでもそれが一つのクルマ作りのやり方だとしても、どうしても納得できないのは、なぜこのクルマが「スプリンター」なのかということ。
 スプリンターという言葉から連想される軽快、俊敏というイメージとは遠くかけ離れた性格のクルマ。それがトヨタ・スプリンターである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

食に関する記事

 こんな記事を見つけた。

揚げる前に水に浸すことでジャガイモの発癌(がん)物質を軽減
http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w03080302

 へー、そうなんだ。アクリルアミドですか。
 まあでも、今の段階じゃこれで発癌リスクを減らせるとは断言できないね。こういう情報を断片的に鵜呑みにして、ジャガイモを長時間水に浸す人たちが出てくるのかなぁ。あるいはジャガイモ自体が売れなくなるとか。
 それより一番大切なのはいろんなものをバランスよく食べることだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

貧乏暇なし

 今風に言うと「ワーキングプア」?――なんか響きがネガティブだな。やっぱ「貧乏暇なし」でいこう。

 なんだかちょっと忙しい。
 貧乏暇なしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

パリ~ニース始まる

 自転車ロードレースのパリ~ニースが始まっている。プロローグと第1ステージを観たとこ。
 今年はスキルシマノに移籍したフミ(別府史之)が出てるので楽しみだ。フミはその日のレースの様子をブログに書いている。これがなかなかおもしろい。どんな気持ちで、どんなこと考えてレースを走ってるのかを垣間見ることができる。一生懸命さが伝わって、応援したくなる。
 今年はプロツールで彼の勝つ姿を見たいな。それと、ツール・ド・フランスを走る姿も。


Life is Live! | 別府史之 Fummy BEPPU Official Site
http://www.fumy.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

早春のドライブ♪

Img_6007s6 数ヶ月ぶりにルポでドライブ。南房総はとっても暖かかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

免許再発行、鴻巣へ

 なくした運転免許の再発行をしに、鴻巣にある運転免許センターまで行ってきた。当然、クルマを運転していくわけにいかないので、ロードバイクで行くことに。
 まだ寒空の中、防寒をして走る。なんとなく北埼玉っぽい田んぼが広がる景色は、地味~な茶一色でつまらない。でも所々に菜の花が咲くのを見ることができた。そういえばもう、目はかゆいし鼻水はでるし、そう、花粉は確実に飛んでいる。
 時々ツーッと鼻から垂れてくるものをティッシュで拭き拭き、走る。
 2時間かかって到着。
 手続きは簡単に済み、ほとんど待つことなく新しい免許証を受け取った。待たされないのはいいけど、なんだかあっけない。
 おうちでにぎってきたおむすびをほおばった後、帰路に。午後は風が出てきた。横風は辛いけど、追い風はスイスイ!30~40km/hで巡航。
 いいLSDトレーニングになった。
 そして手元には免許証。さあ、久々に長距離ドライブ、いきますか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

世界のバックハンド

 世界卓球、ちょこっとだけ見てた。チャンネル変えたらやってた、つい見てしまった、くらいの感じなんだけど。
 卓球の試合中継をテレビで見たのはすんごい久しぶりだったんだけど、改めて見るとおもしろい。特に相手がカットで帰してきた球(バックスピンがかかってる球)をバックハンドで強烈に打ち返すのなんか、すげーって思ってしまう。さすが、世界の頂点のプレーは違う。あんなの普通、できない。
 元卓球部員でもある僕は、つい真剣に見てしまうのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »