« クルマ番組の面白さについて考える | トップページ | 久々の売却益 »

2008年4月 2日 (水)

フィアット500を見てきた

Img_14942s6_2 実は一週間前のことなんだけど、フィアットのディーラー行って新しい500を見てきちゃった。といっても、買う気は全然ないんだけど。
 ディーラーに行ってみると4台の500が置いてあった。そのうちの3台は既に売約済み。やはり人気らしい。展示用の1台を見たり触ったりしながら営業マンにいろいろ聞いてみた。

●外装の見た感じ
 やっぱかわいい。かなりしっかりきれいに作られてる。いまやイタ車もクオリティはドイツ車並みかも。

●内装
 サイズがほとんど一緒である僕のルポと広さはあまり変わらない感じ。ただし、後席はリアウィンドウが傾斜してる分狭い。後頭部が当たりそう。もっとも、リアに人を乗せることはほとんどないと思うが。内装デザインはイタリアらしく色使いがおしゃれ。難点はナビを置く場所に困る、と営業の人が言ってた。たしかに。

●ラゲッジスペース
 後席の背もたれを前に倒すと結構広い空間ができる。ルポより広いかも、と思った。BMWのミニより広いのだそうだ。ただし、これも傾斜したリアウィンドウ(&リアハッチ)のせいで積載空間は多少犠牲になっている。ルポ同様、ロードバイク2台くらいなら積めそうだ。

●今後のラインナップについて
 ・1.2Lのベーシックグレード(近々発売。展示されてたのがこれだった。)
 ・1.4Lモデル(5月くらいに発売予定。)
 ・1.4Lのスポーツモデル(9月くらいに発売予定。)
 ・1.4Lターボを搭載したアバルトバージョン(本国で来年発売予定。)
 話を聞いた記憶であり、間違ってるかもしれないのでご注意を。アバルトバージョンはMTのみ、それ以外は2ペダルMTのみ。1.4Lのスポーツモデルはパドルシフトが付き、リアスポイラーや赤いブレーキキャリパーなど、外観上の違いがある。アバルトバージョンについては、さらに過激な外観となる。写真を見せてもらったが、特にホイールのデザインが大迫力。

●売れてる色
 1位:ホワイト(ボサノバ ホワイト)――7割(?)とかって言ってた。イメージカラーだからね。
 2位:そら色(チャチャチャ アズール)――意外にこのソリッドの薄い青が人気だとか。やはり薄いソフトな色が合うイメージ?
 3位以下:その他――赤、青、黒は不人気らしい。赤と青がお店にあったけど、やっぱり白の方が合う感じ。赤や青も悪くはないのだが。
 ソリッドカラーをラインナップしているあたりが欧州車らしい。いいね。

●ところで、「500」の読み方は?
 気になったので聞いてみた。「ごひゃく」でも「チンクェチェント」でも、どちらでもいいとのこと。至極当然の答えだが、ツウはどう読むのか、そこんとこが気になる。

●総論
 かなりいい。なんといってもデザインがいい。作りもいいし。ただし一番のネックは値段が高いこと。現行の1.2Lのラウンジというモデルが225万円。装備はいろいろ付いてる(標準でガラスルーフ、8つのエアバッグ、ESPなどが付く)ので納得もできるが…。趣味性の高い車であることには違いない。営業マンの話によれば、パンダをベースにしてお金をかけてつくられたのが500なのだそうだ。形は初代500を継承してるけど、狙った方向は正反対なようだ。というわけで、お金に余裕があれば魅力的な一台だ。
 ルポGTIとどっちがいいか?って聞かれたら…僕だったらMTで運転が楽しいルポGTIを選ぶかな。500もそれなりに楽しいんだろうけれど。それと理由はもう一つ。僕には500はオサレすぎるっす。

 僕がルポGTIでお店に乗り付けたので、営業マンがなにかとルポを引き合いに出して話をしてくれた。ルポGTIのこともよく知ってるようで、なかなかツボを押さえた話だった。500のライバルとしてルポのことを勉強してたのかな?それとも、個人的に興味があったのかな?

|

« クルマ番組の面白さについて考える | トップページ | 久々の売却益 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィアット500を見てきた:

« クルマ番組の面白さについて考える | トップページ | 久々の売却益 »