« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

アンカー修理完了

Img_1154s6 先日のメカトラで変速できなくなったばかりでなく、ペダルを思いっきり踏み込むこともできなくなっていた僕のアンカー。今回、これを機にシフトケーブルとリアメカを新調した。
 変速できるってステキ。ダンシングできるってスバラシー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

おもしろくなってきた

 ここまでの3話もおもしろかったけどね。展開として、来週もおもしろくなりそうだ。

監査法人 | NHK 土曜ドラマ
http://www.nhk.or.jp/dodra/kansahoujin/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

「監査法人」

 NHK土曜ドラマ「監査法人」がおもしろい。
 料理をしながら片手間に第一話を見始めたのだが途中から惹きこまれ、観終わった後にビデオを巻き戻してもう一度観てしまった。第二話は静かながらもスリリングな展開に釘付け。出演している役者もいいし、演出も見応えがある。そしてあの終わり方、クゥーッって感じ(笑)。
 こういうドラマ、民放には作れないのかなあ。
 僕は、こういうの断然好きだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

梅雨の晴れ間のツーリングで…

 18日の水曜日はすごくいい天気だった。いわゆる梅雨の晴れ間っていうやつだ。クルマで長野県の高原へ向かった。
 朝の気持ちいい空気の中、積んできたロードバイクを組み立る。水オッケー、補給食オッケー、カメラオッケー。準備完了、よし出発だ。ペダルを漕ぎ出し、リアディレーラーのシフターをカチカチッとやった。そしたら「バスッ」という変な音がした。ん?と思ってまたシフターを動かすと、手ごたえがない。シフトケーブルのインナーワイヤーを引っ張ってみるとテンションがまるでない。ま、まさか!そう、そのまさかだった。インナーワイヤーが千切れてしまったのだ。近々交換する予定だったのだが、間に合わなかったか。
 あちゃー!どうしよー。これじゃリアのギアはトップに入ったままだ。今日は山岳コースだっていうのに。
 走るのを諦めるか、とも思ったがせっかく長野まで来たし、この天気。走らないのはもったいない。
 そこで苦渋の決断。こうなったらシングルギアにしてしまえ!
 というわけで、シフトケーブルを引っこ抜き、無用の単なるウエイトと化したリアディレーラーもはずしてしまった。チェーンを一回切り、インナー×ロー(正確には下から2段目)の長さにあわせてチェーンを繋ぎ直す。軽すぎるギア比だけれど登りがあるからこれでいこう。で、こんな状態(下の写真)に。んー、シンプル。

Img_18432s6


 やれやれ。でもツーリング途中でなかったのが不幸中の幸いだな。
 この状態で走り始めた。
 リアディレーラーを取ってしまったのでチェーンのテンションが調節できないわけで、そうするとフロントの変速もできない(アウターに変速しようにもチェーンの長さが足りない)。まさにシングル。…かと思いきや、ダンシングして踏み込んだら勝手にリアが変速しやがる。なんとも困ったオートマチックトランスミッションだ。最初はなぜなのかわからなかったが、どうやら自転車を傾けるとチェーンが傾けた方向にずれることで変速してしまうのだった。スムーズな変速を可能にした高性能なシマノのスプロケがここでは裏目に出たか。踏み込む度にガチャガチャンッ。んー、もどかしい。が、コツを掴むと自転車をわざと傾けてペダリングすることで変速できることがわかった。お~、もしかして世界初の珍妙な変速システムができてしまったかも。とはいえ、使いにくいことこの上ない。
 ストレスを感じながらも仕方なくこれで走り続け、最終的に80kmあまりの行程を走りきったのだった。いやはや、またまた伝説を一つ作ってしまったぜ。

Img_18442s6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

スーパーSSは札幌ドームで!

 今年は道央圏で開催されるラリージャパン。コースは決まったのかな~と思って久々にオフィシャルサイトを見てみたら、スーパーSSの会場が札幌ドームになってるじゃないの!ワォ!!セレモニアルスタート&フィニッシュも札幌ドーム内。そしてサービスパークは札幌ドームの駐車場だ!
 セレモニアルスタートは札幌大通公園で、というのが僕の希望的観測だったんだけど、それははずれちゃった。まあ、そんなことはどうでもいいや。札幌ドームの中をWRカーが走り回るのを想像したら、もーなんだか興奮してしまって。居ても立ってもいられない感じになってしまった(笑)。
 スタジアムでスーパーSSが行われることは海外ではあるんだけど、ラリージャパンではもちろん初めて。いやー、どうなっちゃうんでしょう?


Rally JAPAN : 観戦インフォメーション
http://www.rallyjapan.jp/j/011info/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

ますます「篤姫」

 大河ドラマ「篤姫」の視聴率が初回から24回連続で20%を超えているそうだ。10年ぶりのことらしい。
 僕も毎週楽しみにしている一人だ。最近は篤姫と家定の関係がイイ感じでほほえましいというか妬けるというか。うつけ者かと思いきや、の家定が実はかなり素敵な公方様で。「慶喜の同席を許そう」と篤姫に言ったときは僕も泣きそうになってしまったぞ。篤姫は篤姫で、あの於ーと同一の人物が演じてるのかと思うほどで、とにかくきれいだワ~って見とれてしまったり。二人の夫婦生活は観ているこっちまで、“幸せすぎて怖い”って思ってしまう。
 実際、二人のこの幸せが長く続くわけではないのであって。展開がわかっていても目が離せない「篤姫」なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月15日 (日)

笑わないエース

 13日放送のNHK『スポーツ大陸』を観た。この回のサブタイトルは「笑わないエース」。バレーボールの栗原恵を追ったドキュメンタリーだ。
 普段バレーボールはほとんど観ることはないんだけど、この栗原恵という選手を知ると興味がわいてくる。
 彼女は周りからは「コウ」というニックネームで呼ばれている。常に高いところを目指しているからコウ。自らのステップアップのためには、Vリーグ出場停止という制裁を受け入れてまでもチームを移籍。北京行きを決めた瞬間、他の選手が笑顔を見せる中でも彼女は笑うことはなかった。23歳という若さでありながらも、先にある引退というものを考えた言動。ひたむきな姿勢。
 北京オリンピックの舞台で炸裂するであろう、栗原恵のバックアタック。アテネから4年、進化したバックアタックは世界に通じるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

今日からだった

 うほっ、ツール・ド・スイス今日からだった。観逃しちまったぜ。スイスは景色がすごくいいから楽しみなんだよね。
 今年は僕が一昨年に走ったとこ、映るだろうか。それも楽しみの一つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

じめじめなので

Img_1498as6 関東地方は先日梅雨入りしたっていうし、今日などは雨は降んなかったけどなんとなくじめじめ、じとっとした空気。これから湿っぽい季節が続き、その後には蒸し暑い夏もやってくる。
 というわけで先日、ついに防湿庫を買いに中野のフジヤカメラに行った。店員のおっちゃんに聞いたら、今はこれがおススメということで東洋リビングのオートクリーンドライを紹介された。光触媒が付いたのが他にない特徴なんだって。ま、どの程度効果があるのかわからんけど、大して値段も違わないので薦められるままに購入。ED-82CDAというモデル。後でヨドバシ寄ったらそっちの方が安くてちょっと凹んだけど、ま、しゃーない。
 5日ほど経って家に届き、早速設置。カメラ4台とレンズ、フィルターなどを入れたらもうほぼ満杯。意外と入らないもんだ。
 最初90%以上あった庫内の湿度は、徐々に下がって今は40%台で安定してる。おお~、しっかり除湿してるな。
 こうなると他にもいろんなものを入れたくなってくる。現像済みのフィルムとかビデオテープとかCD・DVDとか双眼鏡とか乾電池とかお茶とか(笑)。全然スペースないんだけどね。
 それはともかく、じめじめな季節もこれで安心。ちょっと出費が痛かったけど、カビが生えてしまって後で泣くよりいいからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

デラックスボンバー

そ:吉田君、我々の活躍がインターネットで配信されておるようだぞ。

よ:活躍と言うより醜態ですけどね。そういえばこの前、テレビで劇場版も放送されてました。

そ:予算をかけて作った甲斐があったというものだよ、吉田君。

よ:予算の使い方は間違ってましたけどね。

そ:むむむ~。なんにせよ、世界征服に近づいてることは間違いない。

デ:世界征服など私が許さん。デラッ…

そ:ま、ま、ま、待ちたまえ。一体どこから入ってきたんだね。

デ:玄関からに決まってるだろ。

そ:吉田君、鍵をかけ忘れたらいかんとあれほど言っておいただろう。

デ:デラックスボンバー!

ちゅどーん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

Jシリーズ富士見

Img_10862s6 この前の日曜日はMTBジャパンシリーズの第4戦富士見に参戦。
 3周で切られるかと思ったらギリギリで4周目に突入して、両脚攣ること2回。なんとか完走という結果だった。でも力は出し切れたし、前日の試走で練習した甲斐あっていい走りもできた。もっと速くなるためには力の出し方とか、バイクコントロールとか、改善する余地はまだまだあるものの、気分的には大満足。
 だけど写真の方は全然。エリートクラスのレースを撮ったんだけど、PCに取り込んで見てみるとダメダメな写真ばかりで。レンズの性能を全く使いきれてない。レンズに負けちゃってる感じ。こっちは反省点ばかりだな。
 次こそはもっといい写真を!
 伸びしろがたくさんあるってことは、それだけ楽しみも大きいってもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »