« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

夕焼けを見に

Img_13632s6 帰り道。夕焼けを見に、ちょっと寄り道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

さのさかは今年も暑かった

 MTBジャパンシリーズ第5戦白馬さのさか大会に行ってきた。事前に書いたとおり、前日の午後出発してその日の夜に現地入りした。
 毎年この時期に行われるさのさか大会は暑いから苦手。暑いとすぐ熱中症になっちゃうんだよ、僕。当日(27日(日))は朝から晴れ。やっぱり暑くなりそうだ。
 朝8時に受付を済ませ、すぐに試走。時間がないので、一部をショートカット。上からは太陽が照りつけ、既に暑い。こりゃまともに走ったらダウンするな。しかも今回はボトルを家に忘れてきてしまった。やる気の方もダウン。
 試走を終え、DNS(Do Not Start=未出走)にしようかとも考えた。どうせポイント取れないし、体調悪くしてまでやるべきじゃない。
 が、せっかくエントリーしたことだし、コースを走らないのはもったいないと思い、とりあえず出ることにした。ボトルの代わりは300mlのペットボトル。これに水を入れて背中のポケットに入れた。
 9時。スタートの号砲が鳴る。最初からゆっくり走り出す。スタート順は120人中のちょうど真ん中あたりだったけど、最初の登りで振り返ったら後ろに8人くらいしかいなくなってた。
 心拍が160を超えないように抑えて走る。周りの選手はゼイゼイハアハア言ってるけど、僕は余裕。暑くなけりゃこんな位置で走ってないんだけどな、と思う。景色を見ながらマイペースで走る。少しずつだが順位が上がる。オフィシャルフィードで水の入ったボトルを受け取り、一安心。飲んだり、頭からかけたりする。
 2周目に入る。頭が痛くなってきた。レースは3周だけど、もうこの周で限界かな。長い登りを相変わらずマイペースで登る。せめて下りを楽しみたいところだが、この辺を走ってる選手は下りもヘタで、前の選手に詰まる。しかも前の選手が落車して、脚を着いたら太ももが攣ってしまった。そんなに脚は使ってないはずなのに。汗でミネラルが失われてしまったのか?レース中、水しか飲んでないから。(いつもならスポーツドリンクを飲んでる。)
 2周目を終えたところでタイムアウト。3周目に入らずに済んで正直ほっとした。

 一時はDNSにしようとしたことを思うと、意外と走れたので満足。でも終わってみると悔しさも。全力出したかったな。このフラストレーション、次戦で発散したいところだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

まだ自宅です

 明日はジャパンシリーズさのさか大会に出場する予定。まあ、普通なら今の時点(午後2時)には現地入りして試走をしてなくちゃいけないんだけど、今日はまだこうして自宅でブログ書いてたりする。原因は雑誌の原稿を書き終えるのに遅くなっちゃって。まあ、原稿書きよりもツールのテレビ観戦を優先してたことがそもそもの間違いなんだけど(笑)。
 ツールといえば、片山右京がゲスト出演した第18ステージもおもしろかったね。右京さんのエタップを走った話とか、F1を絡めた話も興味深かったけど、なんといってもゴール前の駆け引きがおもしろかった。あんな牽制のし合い、初めて見たよ。笑っちゃった。

 さ、これからさのさか行かなくっちゃ。でも今から出発しても着くのはどうせ夜なので、もーいーや状態。のんびり行くとするよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ホンダの新型?オープンに期待

 22日にロンドンモーターショーで、ホンダがオープン2シータースポーツモデルを発表。車名は「OSM(オープン・スタディ・モデル)」。
 ちょっとプジョーとかアルファっぽいところもあるデザインだけど、全体としてはコンパクトな感じでなかなかよい。ホンダのコンセプトカーとしては、ここ10年に発表された中ではデザインの完成度が一番高いんじゃないかな。
 ぜひ市販化してほしい!でもホンダによればデザインスタディモデルなのでその予定はないとのこと。残念。ただし「OSM」というネーミングに期待を抱いてしまうのは僕だけじゃないはず。かつて「SSM(スポーツ・スタディ・モデル)」と名付けられたコンセプトカーがS2000へと繋がっていった実績を考えると、ね。
 
 
Honda 四輪製品ニュース
ロンドンモーターショーにオープンスポーツのデザインスタディモデル「OSM」を出展
http://www.honda.co.jp/news/2008/4080722.html


Responce.
【ロンドンモーターショー08】ホンダからオープンスポーツカー OSM
http://response.jp/issue/2008/0723/article111923_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混迷する総合争い

 んー。
 今年最後にして最大の山場、ラルプ・デュエズの頂上ゴールが設定されたツール第17ステージ。ガリビエ、クロワ・ド・フェールの二つの超級では大きな動きがなく、勝負はラルプ・デュエズに。静かに、そして熱くマイヨ・ジョーヌ争いが展開していった。
 結果、番組が設定したクイズ(ステージ優勝者予想)は当たったけど、展開としては意外なものに。こんな風になるとはね。ゴール後の各選手の疲弊した姿がこのステージの厳しさを物語っていた。
 このアルプスで決定的な差が付くかと思われたけど、実際はそうもならず、最終的なマイヨ・ジョーヌ争いは混迷している。この後の個人TTがますます見逃せなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ラリージャパン開催概要発表

 今年のラリージャパンの開催概要がようやく発表された。
 冠スポンサーに「パイオニア・カロッツェリア」がついた。これでどれほどの資金が入っているのかはわからないけど、スポンサーがついたというのは歓迎すべきことだと思う。去年までのラリージャパンは大きなスポンサーが付かず、運営はかなりヤバイ状態だったらしいから。
 肝心のコースについては、既に発表されていたスーパーSSなどの他、全てが明らかとなった。Day1が夕張、Day2と3が苫小牧方面となっている。リエゾン距離が今年は990km。1,200km以上もあって選手から不評だった去年までのコースよりもコンパクトになった。とはいえ、依然として長い気もするのだが。

 去年までとはがらっと変わった今年のラリージャパン。良くなった点、逆に悪くなった点、両方あると思う。その辺をこれからじっくり吟味してみたい。今年も観に行きたいしね。
 
 
開催概要の発表資料(PDF)
http://planning-for.sakura.ne.jp/wrc2008tickets/0722-release.pdf

観戦チケットの発表資料(PDF)
http://planning-for.sakura.ne.jp/wrc2008tickets/0722-tickets.pdf

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

飛鳥II

 この土日は横浜で取材をしていた。昨日は山下公園から大さん橋を見たら大型客船の姿が。おっ、あれはもしや飛鳥か?こりゃぁ見に行かねば!
Img_2856s6 つーことで大さん橋へ。停泊していたのは飛鳥ではなく、飛鳥IIだった。(後で調べたら、飛鳥は売却され現在はバハマ籍の「アマデア(AMADEA)」という名前になっているらしい。)
 僕は船舶マニアではないけど、近くに来るとその威容にコーフン。でけぇ~!乗り物好きの血が騒ぐ。
 しかしこの日は花火大会がある関係で、大さん橋屋上のボードデッキには上がれず。なんだよ~。仕方なく、搭乗口のあるフロアから眺めることに。
 それにしてもこの大きさ、すごいな。海の上のホテルっていう表現があるけど、こりゃどっちかっていうとマンションだな。救命ボート(というより接岸できない港で上陸するために使われるテンダーボートか?)も立派だ。舟艇に2本のフィンが並んでて揺れにくそう。
Img_12732s6 赤レンガ倉庫の方に移動して、全体像を眺める。ん~、美しい。乗客は今晩、船上から花火を眺めるのかなあ。セレブだねえ。
 
 
 

Img_28962s6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ぐったりネコ

Img_1193s6 ふぁ~~ぁ~。あち~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

なくならないドーピング

 家に帰ってテレビを点けたら、今日(日付はもう既に昨日だが)のツールのステージは表彰式を映し出していた。山岳賞の表彰が始まったが、現れたのはリッコじゃなかった。実況の白戸さんの口からは「リッコはドーピング検査で陽性が出て出走しなかった」との言葉。
 今年はこれで3人目だ。検査で陽性反応が出て出走を取りやめたのは。
 ここ数年であれほどドーピングを排除しようという動きがあったのに、全然なくなっていない。ほんとにがっかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

トゥールマレー!オタカム!!

 ネタバレありまくりです。

 第10ステージを録画で観終えたところなんだけど、またまたすごかったねぇ。超級トゥールマレーを越えてさらに超級オタカムの頂上ゴール。
 ピエポリさんっ。今年のジロではリタイヤしてしまって残念だったけど、ツールで魅せてくれた!去年のジロでの活躍で一気にファンになってしまったけど、今回のオタカムへの登りで惚れ直したね。Loveですよ、Love!
 総合争いも牽制、牽制、牽制で見応えあった。そして表彰式でのエヴァンス。ジーンときたね。
 フォイクト、カンチェッラーラもすごかったし、ディグレゴリオの走りも良かった。フレイレも結果的にレースをおもしろくしてくれた。
 アタックした選手、先頭を引き続けた選手、逃げ続けた選手、みんなカッコイイー!すごいよ。
 この第10ステージは今年のツールが終わって振り返ってみたときに、最も見応えのあるステージの一つになることは間違いないね。
 まだツール、半分しか終わってないんだけど、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

目の離せないステージ

 今日の(日付的には昨日の)ツール第7ステージもまたすごかったね~。放送開始直後から目の離せない展開が続いて、最後は目の醒めるようなアタック。
 おもしろすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

「ハガレン」、Gyaoで配信中

 以前、「BSアニメ夜話」で取り上げられたのを観て興味を持った「鋼の錬金術師」(通称「ハガレン」)。えーと、いつだっけ?と思って過去ログを見てみたら、なんと2年も前。
 今になって、ようやくその本編を観始めることができた。Gyaoで第1話から無料配信中なのだ。
 これがやはりおもしろい。明るくコミカルな部分もあるけど、ストーリーの芯には一本重いものが通っている。
 第1話~第4話の配信は明日の正午まで。未見の方はお急ぎを。衝撃の第7話は明日正午から配信開始だ。
 
 
「鋼の錬金術師」<Gyao[ギャオ]アニメ>
http://www.gyao.jp/anime/hagane/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

あのシュコダは何だ?

 ツールの放送でたまに映るシュコダのセダン。ディレクターズカーなど、運営車両として使われている。もしかしてオクタビアの新型か?んー、気になる。

 というわけで調べてみた。

 答えはスペルブ(Superb)というクルマだった。VW・パサートの姉妹車らしい。エンジンと組み合わされるトランスミッションのラインナップは以下の5種類。

1.4L TSIシングルチャージャー[125PS] + 6MT
1.8L TSIシングルチャージャー[160PS] + 6MT/7DSG
1.9L TDI(ターボディーゼル)[105PS] + 5MT
2.0L TDI(ターボディーゼル)[140PS] + 6MT/6DSG
2.0L TDI(ターボディーゼル)[170PS] + 6MT/6DSG

 注目は1.8L TSIに組み合わされる7速のDSG。DSGの中でも最新のものだ。日本では最近発売されたVW・ゴルフのトレンドライン(エンジンは1.4L TSI)にのみ搭載されている。ツールで使われているのはどのモデルなのだろうか。
 スペルブって、前から見るとBMWかアウディっぽい感じもするけど、シュコダらしい骨太感もあって僕は好きだな。ヨーロッパ(特に東の方)の街並みに合いそう。日本でも見れる(販売してくれる)といいのにな。
 
 
Škoda Auto - The new Škoda Superb
http://new.skoda-auto.com/COM/model/newsuperb/multimediahome/Pages/homepage.aspx?ff=0

Škoda Auto - Tour de France
Premiere of the new Superb at the Tour de France
http://new.skoda-auto.com/COM/about/info/news/News/Pages/2008_29_TdF2008.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ここまでのツール

 今年もツールおもしろいねぇ。(以下、一部ネタバレなのでまだ観てない人はご注意を。)

●興奮の第3ステージ
 早くもツールらしい、総合争いの攻撃に眠気が吹っ飛んだ。ここでまたしてもモローが…。そして逃げる3人のゴール前の攻防。フェイーリュかっこいいー!

●意外な結果、個人TT(第4ステージ)
 カンチェッラーラ圧勝かと予想したが…。やはりTTでは各選手のコンディションが見えてくる。最後に出走したマイヨジョーヌへの大声援が感動的。

●逃げ切れ…ない!(第5ステージ)
 逃げていた選手がゴール直前で捕まるパターン。2004年のランダルーチェとシメオーニなど、ツールでは何度となく目にしてきたけど、昨日の第5ステージもあと100mくらい?捕まるか逃げ切れるか、このスリルがたまらん。捕まったヴォゴンディ、集団の中でガックリだったね。

●フランス人活躍
 近年はフランス人が目立たなかったけど、今年のツールではフランス人が大活躍。他国よりも早い段階でドーピングに対して厳しい対処をとってきたというフランス自転車界。他国の選手が近年、ドーピング疑惑で自転車界から排除される中、フランスではクリーンな選手が順調に育ってきたということか。これからはフランスの時代が来る?

●ガーミンのジャージがステキ
 CSCサクソバンク、コロンビア、ガーミンの3チームは、このツールで新しいデザインのジャージをお披露目。ガーミンのアーガイルチェックをあしらったデザインがいい感じ。ちょっと欲しいかも。買わないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

ツール追走中

 僕らが乗鞍ステージ(?)を走ってたこの土日、フランスではツールが開幕。今日は現地では第4ステージが行われるはずだけど、僕はまだ第2ステージを観てるとこ。早くライブを観たいけど、ここまでのステージも観ておきたいし…。ということで一生懸命、録画分を観てる。
 早く先頭に追いつかないと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

乗鞍ツーリング2008

 乗鞍。今年も行ってきた。
 どっ晴れ、ピーカン(死語?)とまではいかなかったけど、ツーリングにはちょうどいい天気。今年はだいぶ雪が残っていて、上の方はなかなかの景色。
 やっぱ乗鞍って、いいワ。そんなこと頭ではわかっていたけど、実際行ってみると頭じゃなく、心でそう感じる。
 生きてるってすばらしい。――大げさかな?でもそう思うんだ、乗鞍を自転車で走ると。

 うまい言葉が見つからないや。乗鞍を自転車で走ったことのある人なら、なんとなくわかるよね?

Img_2261s6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

メンテに熱中

Img_11612s6 今週末は毎年の行事となっているツーリング。それに備えてロードバイクのメンテナンスしとかなくっちゃ。普段、通勤で雨の中とかも走ってるからチェーンがすっごい汚くて。まめにクリーニングしてればそんなことにはなんないんだけど…。
 よし、やるぞ!
 チェーン、チェーンリング、スプロケ。始めたらつい悦に入ってしまって。スプロケは分解してウエスでふきふき。こびりついた油汚れの酷いこと。
 でもほら、ピカピカになったでしょ。
 こうやってパーツをひとつひとつきれいにしていくと気付くのが、形状のおもしろさ。どれも意味があってこういう形になってるんだよね。手に取れば造った人の思いを感じる。
 モノへの愛着って、こういうふうに湧いてくるんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

「朝までツール」放送中

 去年の暮れに都内であったイベント「激走!朝までツール・ド・フランス!2007」を短くまとめたテレビ番組が、J SPORTSで繰り返し放送中。放送時間がたったの15分間しかないのが惜しい。フミ(別府史之)をゲストにしたトークが笑える。
 今年もいよいよツールが間近に迫ってきた。わくわく。やっぱりツールは特別だ。
 
 
cycle road race - J SPORTS STYLE
http://www.jsports.co.jp/style/tour2008/index.html

J SPORTS|番組表
激走!朝までツール・ド・フランス!
http://www.jsports.co.jp/program/info/24077.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »