« ETV特集「フィギュア」 | トップページ | 遠赤ヒーターを買ってみた »

2008年12月 1日 (月)

DAY3 SS24イメル3:RJ08

 ラリージャパン2008も最終日。早朝、僕らは札幌を後にして千歳へ向かった。午前のSS24イメル3と、午後のSS29イメル4を観戦するためだ。
 この日の天気予報は午前中が雨。現地に到着すると曇り空からポツポツと雨粒が落ちてきた。ダートラ場には既に観客が陣取っていて、僕らはその合間から観戦。

 午前9時頃、降りだした雨の中をミッコ・ヒルボネンがスタート。スタートからメインストレートを加速していくラリーカー。一度林の向こうに消え、再び会場に戻り、コーナーを経て反対側の林の向こうへ消えていく。去年までの陸別のステージと違って、かなり広く見渡せる。ラリードライバーのコーナーリングテクニックを長い時間、存分に楽しめる。足元にはたまに石や泥が飛んでくる。
 雨は降り続き、路面が悪くなっていくのが目に見えてわかる。WRカーが走り終えるころになると、雨も本格的に。コース内に水もたまり、いたるところで豪快なウォータースプラッシュが出現。僕は雨をポンチョでしのぎつつの観戦だ。カメラを出す気にはなれない。
 まわりの観客は1/3くらいになってしまったが、僕らはがんばって観戦を続ける。“観戦”というか、もうだれかれかまわず選手に対して“応援”。会場のMCといっしょに、残った観客で盛り上げようじゃないの。飛び跳ねたり手を振ったりすると、ラリーカーの中のコドラさんが手を振り返してくれたり、ドライバーさんがクラクションを鳴らしてくれたり。そうそう、スーパーラリーで復活した哀川翔選手も登場。でもドライビングに必死なのか、ノーリアクションだったのがちょっと淋しい。
 雨は降り続く。スタート直後のストレートには深いわだちができ、FF車はかなり辛そう。コーナーセクションでも路面がシャバシャバなのでインテグラなんかはパワーをもてあまし気味。そんな中、ブーンの108号車をドライブする原選手は昨日のサッポロに引き続き華麗なドライビングを披露。うまいもんだねー、と関心してしまった。
 このSS24で印象に残ったのはPWRCに参戦している二人の若手ドライバー。一人はハンニネン。非常に無駄のない、スマートなドライビング。まるでローブのようだった。それと対照的だったのがノビコフ。速いんだけど荒々しい。彼はまだ10代。これが若さなのかなぁ。ハンニネンとノビコフが今後どう成長していくか、非常に楽しみだ。

 僕らは最後の一台まで見届けた後、午後のSS29に備えて休憩に入った。

|

« ETV特集「フィギュア」 | トップページ | 遠赤ヒーターを買ってみた »

モータースポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

ラリージャパンお疲れ様でした。

お腹いっぱい(*o*

でも、また腹減るんだよねぇ
欲望ってやつは底なし。。

投稿: いまを生きる | 2008年12月 6日 (土) 01:04

お疲れ様でした。

> お腹いっぱい(*o*

いやー、メインディッシュもデザートもまだまだですよ!
来年もあるといいんだけどね~。

投稿: Mさる | 2008年12月 6日 (土) 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/43282196

この記事へのトラックバック一覧です: DAY3 SS24イメル3:RJ08:

« ETV特集「フィギュア」 | トップページ | 遠赤ヒーターを買ってみた »