« スバル、WRC活動「終了」 | トップページ | HDD増設 »

2008年12月17日 (水)

カメラのピントずれ その後

 カメラ(EOS 20D)とレンズ(EF200mm F2.8L II USM)のピントずれをキヤノンのサポートに修正依頼していたものが、先日戻ってきた。早速検証してみた。
 
 
【撮影条件】
「Canon」の文字を中央に配置し、中央のAF測距点を用いてAF作動。レンズ絞りは開放(F2.8)。蛍光灯光源下で撮影。被写体との距離・角度は厳密に同じというわけではない。

A.修正前
Img_76332s6

B.修正後
Img_77242s6
 
 
 うーん、良くはなったけどまだ不十分な感じ。どちらも「Canon」の文字よりも後ろにピントが行ってしまっている。何度か撮影してみたが、もっとずれる時もあった。この辺が限界なのかなあ。
 ボディとレンズで合計2万円ほどかけた割には期待はずれだな。太陽光の下だとまた違ってくるかもしれないが。もう少し使ってみて判断するとしよう。

|

« スバル、WRC活動「終了」 | トップページ | HDD増設 »

フォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラのピントずれ その後:

« スバル、WRC活動「終了」 | トップページ | HDD増設 »