« カメラのピントずれ修正へ | トップページ | 目立ちすぎのレンタカー:RJ08 »

2008年12月 5日 (金)

悔しい、F1からの撤退

 ホンダが今季限りでF1からの撤退を発表した。
 急激に悪化する経済環境の中、この決断は仕方ないと思う。ただ、ホンダとF1との関わりはそんなビジネスライクに切り離せるほど簡単なものじゃないよね。ホンダにとってF1参戦は“挑戦”であり、企業のスピリットを象徴する活動でもある。挑戦するその姿勢こそがホンダの魅力であり、ホンダがF1で活躍することはみんなの夢でもある。
 福井さんが会見で「悔しい」という言葉を発していた。ホンダの社長らしい、この一言が印象的だった。
 
 
Honda F1レース活動について
http://www.honda.co.jp/news/2008/c081205.html

|

« カメラのピントずれ修正へ | トップページ | 目立ちすぎのレンタカー:RJ08 »

モータースポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

すんげぇびっくり。
ここ何年かの「にわかファン」だけど
メーカーとしての姿勢、考え方、性能が
トップクラスのレースに参戦していると
良くわかるからね。


エンジン供給は継続するのかな?
他のモーター(サイクル)シーンも
影響受けるのかなぁ

投稿: いまを生きる | 2008年12月 6日 (土) 01:20

F1についてはエンジン供給もなしです。

インディカーは続けるそうです。
モトGPもたしか続けると思った。

F1での成績は低迷してて費用対効果(広告効果)が見合わなかったんだろうね。
これもまた“悔しい”ことだけど。

投稿: Mさる | 2008年12月 6日 (土) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/43331720

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい、F1からの撤退:

« カメラのピントずれ修正へ | トップページ | 目立ちすぎのレンタカー:RJ08 »