« 高速1,000円乗り放題って… | トップページ | Playz PZ-1のデザイン »

2009年4月28日 (火)

いまどきは高速AFより手振れ補正

 EOS kiss X3が発売になった。キヤノンの初心者向けデジタル一眼レフカメラの最新版である。
 一世代前のX2との主な違いは、画素数が1,220万から1,510万に上がり、映像エンジンがDIGIC IIIから4になったこと。機能面では動画撮影ができるようになったのと、ライブビュー撮影時に顔認識ができるようになった。
 これに関する意見は置いといて…、僕が気になるのはレンズキット(またはダブルズームキット)を買うと付いてくるレンズのこと。

 セットされるレンズがUSMじゃないんだよね。

 USMっていうのは超音波モーターのことで、これだとAF(オートフォーカス)がめちゃくちゃ速い。しかも駆動音が静か。僕が初めてUSMに出会ったのはEOS kiss Digital Nを買ったときなんだけど、その軽快感にはシビレタね。感動したよ。
 だけどX3(やX2)にセットされるレンズは古典的なモーター駆動のレンズ。実際に動かしてみると、ジジッていう音をさせながら作動するAF。ピント合わせは遅い。そう、USMのあの軽快感はない。
 代わりに付いているのはIS(手振れ補正)だ。いまどきはUSMの軽快感よりも手振れ補正がウリになる。つまりそれがマーケットの要求。
 とほほ。
 まあ、この選択を理解はできるけれども…。
 
 超音波モーターを世界で初めて実用化したキヤノンがUSMを採用していない。これは残念だ。USMのすばらしさを体感できない、あの軽快感を知らずにいるユーザーがいっぱいいるってことだしね。

|

« 高速1,000円乗り放題って… | トップページ | Playz PZ-1のデザイン »

フォト」カテゴリの記事

モノ」カテゴリの記事

コメント

一番使用頻度の高いレンズ(タムロン 17-50 F2.8)だけUSMじゃないのです。他は全部USM。
確かにUSMを使ってしまうと、いくら常用しているとはいえ普通のモーター(コレでも早い方だそうだ)がじれったく感じる。
でも、純正のF2.8広角ズームは高いからねー。ふぅ。

投稿: BWT | 2009年5月 5日 (火) 22:16

BWT=さわだんな です。
わかってるってば? 失礼。

投稿: さわだんな | 2009年5月 5日 (火) 22:17

わかってますよ。
このネタに絡んでくるのも予想してましたし(笑)。

僕はもうUSMしか使えません!
USMスバラシー!
赤いラインのやつは高いけどいいですよ~。

投稿: Mさる | 2009年5月 7日 (木) 16:12

EF16-35 F2.8L IS USM 23万
EF-S 17-55 F2.8 IS USM 14.3万

広角IS要らないんだけど・・・
赤帯は高いなー。しかも35mm止まりってのがネック。望遠が70-200だから間が抜けすぎで。せめて50まで欲しい感じ。

EF17-50L USMってのが有ればベストなんですけどね。旧製品であるのかな?

投稿: さわだんな | 2009年5月28日 (木) 00:07

EF16-35 F2.8LはISじゃなくてII(2)ですよ。
これ23万円は高いですよね。僕はさすがに手が出せなかったのでIIじゃない旧モデルのEF16-35 F2.8Lを中古で買いました。94,000円くらいでした。

F2.8にこだわるならEF-S 17-55 F2.8 IS USMしかないですね。
F2.8にこだわらなければ画質ではEF17-40 F4L USMがよいと思われます。12万円也、です。

投稿: Mさる | 2009年5月28日 (木) 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/44827680

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきは高速AFより手振れ補正:

« 高速1,000円乗り放題って… | トップページ | Playz PZ-1のデザイン »