« インプレッション:EK-2シビック | トップページ | ライブ撮影 »

2009年4月 2日 (木)

小径車に乗ってみた

 先日、小径車に乗る機会があった。

 乗ったのは国産のTyrell(タイレル)と英国のOri。Oriは折り畳み自転車である。
 実は小径車に乗ったのは今回が初めて。
 乗ってみて明らかにわかったのは通常の自転車と比べて不安定だということ。車輪が小さいとクイックに車体が傾く。原因は重心の低さもあるだろうけど、それよりもこれはジャイロ効果の影響だろうな。
 小径車ってスピードを出して長い距離を走るのには向いてないけど、ストップ・アンド・ゴーや曲がり角の多い街中では扱いやすい。キビキビ走れる。都内で使うにはいいかもね。

 今回、2台を乗り比べてみたら走りの軽さに歴然とした差があった。Tyrellの方が断然軽い!
Img_87562s6 Tyrellは複雑なフレーム形状で溶接もしっかりしている。が、持ち上げてみると予想に反してすごく軽い。見ればフレームには7005アルミを示すステッカーが貼られている。そしてフロントフォークはカーボン。なるほど、軽いわけだ。そして、重量だけでなく乗ってみるとよく進むのだ。

Img_9264as6
 一方のOri、こちらはフレームがゴツく見た目どおりに重い。折り畳み式だからしょうがないけどね。そして実は重量だけでなく、走りも重い。BBのあたりの剛性が低いのかな。ペダルを回すとよじれて力が逃げる感じがある。
 Oriだけ乗っていればじゅうぶん快適なんだけど、Tyrellに乗ってしまうとOriに乗る気はしなくなってしまう。こんなに違いがあるなんてね。やっぱりいいものはいい!
 ちなみにお値段はTyrellがおよそ15万円、Oriがおよそ13万円。僕なら断然、Tyrellだな。折り畳めないけどよく走るし、デザインもかっこいいよね!


TYRELL Web
http://www.tyrellbike.com/

Ori bike JAPAN
http://www.oribikejapan.com/

|

« インプレッション:EK-2シビック | トップページ | ライブ撮影 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/44538404

この記事へのトラックバック一覧です: 小径車に乗ってみた:

« インプレッション:EK-2シビック | トップページ | ライブ撮影 »