« CICLISSIMO no.15 | トップページ | Twitterに登録してみた »

2009年9月 5日 (土)

「ミッドシップの理論と現実」とは

 以前、本屋で立ち読みをしてからずっと気になっていたので買ってしまった。ミッドシップレイアウトを特集したMotor Fan illustratedのVol.32。


 エンジンとトランスミッションの配置による分類とそれぞれの特徴、ミッドシップ車のサスペンション、エンジンなどについて実例を紹介しながら解説している。登場するクルマはカウンタック、NSX、アウディR8などなど。日産MID4も4ページにわたって紹介がある。T360からバモスに至るホンダの軽トラ・軽1BOXカーをミッドシップレイアウトの一例として取り上げているのもポイント高い。また、ポルシェがRRである911の下位にMRであるボクスターをラインアップしていることに対するツッコミとその解説がおもしろい。(ポルシェに詳しい人には改めて解説することでもないのだろうけど。)
 他にF1のKERS(今シーズン限りの代物になってしまったけど)の解説もあるし、充実した内容のVol.32となっている。
 個人的には星島浩さんのコラム。今回はインサイトを取り上げているが、星島さんらしい切り口と語り口が好きだ。

|

« CICLISSIMO no.15 | トップページ | Twitterに登録してみた »

クルマ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/46131348

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドシップの理論と現実」とは:

« CICLISSIMO no.15 | トップページ | Twitterに登録してみた »