« GTI Cup photo gallery | トップページ | ヴィッツレースも見応えあり »

2009年11月19日 (木)

祝!インサイト、RJCカーオブザイヤー受賞

 11月17日、RJCカーオブザイヤーが発表になって、インサイトが受賞。最終選考での順位・得票数は以下の通りだった。

1位 インサイト(ホンダ) 396
2位 i‐MiEV(三菱) 285
3位 アクセラ(マツダ) 216
4位 プリウス(トヨタ) 247
5位 レガシィ(スバル) 132
6位 スプラッシュ(スズキ) 149

 インサイトが評価されたことは、個人的にはうれしい。以前書いたように、ハイブリッドカーの低価格化を成し遂げた功績を僕は大きく評価しているから。
 しかしプリウスが4位になったのはどういうことなんだろうね。選考者にアンチ・プリウスな人が多かったのだろうか、なんて思ってしまう。ただ、2位にi-MiEV、3位にアクセラ(革新的なアイドリングストップ装置である「i-stop」を搭載)が入ったことを考えると、技術的・社会的新奇性の点でプリウスは乏しいと評価されたのかもしれない。
 そして、6位にはスプラッシュが選ばれている。これはなかなかシブイ。目立たない存在だけど、僕もあれはいいクルマだと思っている。欧州の小型車好きには好まれるクルマだろうね。

 また外国車部門では、フォルクスワーゲン・ゴルフを抑えてアウディのQ5が受賞した。まあ、評価は高いクルマらしいけど、このご時勢にSUVが選ばれるとはな。逆に、SUVでありながらも受賞したQ5がスゴイ、ということも言えるのだろうけど。
 
 
 どのクルマについても、詳しい選考理由を知りたいものだ。
 
 
第19回 RJC カー オブ ザ イヤー
http://www.npo-rjc.jp/commendation/coty_2010.php

|

« GTI Cup photo gallery | トップページ | ヴィッツレースも見応えあり »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/46802175

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!インサイト、RJCカーオブザイヤー受賞:

« GTI Cup photo gallery | トップページ | ヴィッツレースも見応えあり »