« 寒いからこそ | トップページ | 次回放送、1年後が楽しみ! »

2009年12月26日 (土)

朝焼けの富士を撮りに

 23日未明に星空の富士を撮った僕は山中湖へと移動。朝焼けに染まる富士山が撮れるのではないかと期待して。
 山中湖畔に着いたときにはまだ暗く、どうにも眠かったので車の中で仮眠。目が覚めると6時過ぎ。明るくなっていた。こりゃいかん、急がねばっ。
Img_7850s6 ということで湖の東岸に行ってみると、すでにたくさんのオジサンカメラマンが水際に三脚を据えてずらりと並んでいた。考えることは皆一緒か。

Img_7851s6 さてさて、僕も急がねば。三脚を据え、砲列に加わる。
 みんなと横並びにカメラを据えてもおんなじ写真しか撮れないなーと思いつつも、ここにいるオジサン達に負けたくはない!と気合が入る。

 朝焼けが始まり、空と富士山が刻々と色を変えていく。露出やレンズを変えながら、シャッターを切る。周りのオジサン達が切るシャッター音がちょっと気になる。どんな写真を撮ってるのだろう。おんなじ写真しか撮れないとはいっても、撮りようによっては違う風に写るのが写真というものだ。

Img_07312s6 湖畔はかなり冷え込んでいる。湖面からは蒸気が立ち、水際にはうっすらと氷が張っている。寒いけど、夜中にじっと星を撮っていた時に比べれば寒くない感じがする。
 それにしても見事な逆さ富士。富士山は美しいなあ。

 朝焼けの美しい時間が終わり、オジサン達が引き上げる中、少し粘って撮ってみた。みんなとは違うアングルを試しながら。
 結果としてその試みはうまくいかず、中途半端な写真になってしまった。もっと早くに到着してじっくり画角を考えなければダメだな。
 今日は負け。でも次回のヒントは得られたつもりだ。

Img_0751s6_2 車に戻り、外気温計を見ると「-10℃」!星空を撮ってた時より冷え込んでる!
 水筒に入れて家から持ってきた温かいお茶でひと息。アツアツだったお茶もだいぶ飲みやすい温度になっちゃったけれども。

 このときの成果のうちの一枚。

Img_7857as6

|

« 寒いからこそ | トップページ | 次回放送、1年後が楽しみ! »

フォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼けの富士を撮りに:

« 寒いからこそ | トップページ | 次回放送、1年後が楽しみ! »