« 「坂の上の雲」を観た! | トップページ | ススキ »

2009年12月 4日 (金)

「科学」と「学習」も休刊なんて!

 10月に小学館の「小学五年生」と「六年生」が休刊になるってニュースがあったときは、その表紙を見てこりゃしょうがないやと思った。と同時に、もし学研の「科学」と「学習」も休刊になるようなことになったらそん時ゃ相当ヤバイでしょ、とも思った。

 ……。

 ヤバイです。

 学研の「科学」と「学習」が今年度で休刊!
 マジですか?いいんですか?
 
 
「科学」「学習」が休刊へ 学習雑誌の草分け的存在
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120301000431.html
 

 「科学」と「学習」を見て読んで、付録で遊んで育った僕としては、非常に残念な気持ちでいっぱいだ。
 化学の実験キットとかおもしろかったな。ヨウ素デンプン反応、リトマス試験紙、ダニエル電池などなど(遠い記憶なのであいまいだけど)。
 学校で習う内容を先取りして知識を得たり体験したりできたのもうれしかったな。

 休刊の理由は少子化だけじゃなく、子供の価値観の多様化などで時代のニーズに合わなくなったから、ということらしい。少子化はともかく、もう一方の理由が納得できん。価値観の多様化っていったって、“科学”や“学ぶこと”の大切さは変わらないでしょうに。
 まあ僕には小学生が身近にいないから、彼らや彼らをとりまく環境が今どんなことになってるのかはよくわからない。休刊になるくらいの環境の変化って一体どんなんよ?むしろ子供の価値観よりも親の価値観の多様化が原因なんじゃないのー。

 事業仕分けで科学分野の予算にケチが付けられたのと共通するものがある気もするなぁ。

 このことだけで声を大にするのもどうかと思うのだが、「大丈夫か日本の教育!日本の未来!」って思ってしまうのは心配しすぎだろうか?

|

« 「坂の上の雲」を観た! | トップページ | ススキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このニュースを見て、私も大きな衝撃を受けています。
子供らを対象とした良い雑誌がどんどん消えています。子供の志向、多様化?ちがうでしょう。大人がそうしてしまったのです。ケータイやDSに取って代われ、おもちゃは完全に大人化しています。肝心な初期のステップをジャンプしている。これこそ問題だと思うのです。これでは科学技術に目を向ける子供は居ないでしょう。「どうして?」の過程を経験せずに成長してしまうのですから。

私は、せめてエレキの世界で、「どうして?」「なぜ?」「発見と感動」を与えていきたいです。


投稿: さわだんな | 2009年12月 4日 (金) 08:24

> 肝心な初期のステップをジャンプしている。

おっしゃるとおりですね。
さわだんなさんのような考えの親御さんがたくさんいるといいのですが。
(いないから休刊になっちゃうんだろうな。)

投稿: Mさる | 2009年12月 4日 (金) 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/46930392

この記事へのトラックバック一覧です: 「科学」と「学習」も休刊なんて!:

« 「坂の上の雲」を観た! | トップページ | ススキ »