« 忙しい休日 | トップページ | スローパンク »

2010年1月 9日 (土)

HDDが認識されなくなった顛末

○HDDが突然認識されなくなった!

 先日ブログに書いたが、写真データなどを保存していた内臓HDDがPCに認識されなくなってしまった。PC本体を開けてSATAケーブルや電源ケーブルを繋ぎ替えたりしたのだけれど、ダメ。
 今回認識されなくなってしまったのはSeagateのBarracuda 7200.11というシリーズの500GBモデル。型番はST3500320AS。2008年の12月に買ってきて自分で増設したやつだ。
 
 
○原因は…

 今回の故障についてネットで調べてみたらこんなのが見つかってしまった。

シーゲイト製HDDにアクセス不能になる問題が判明
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20386727,00.htm?deqwas_inflow=relation&tag=deq:1

 なんとー!まさにコレ。そんな不具合が潜んでいたのか!しかもこの記事、一年前のものじゃん。今頃知っても…それは“あとのまつり”。
 しかし原因はわかった。ファームウェアのバグらしい。認識されなくなっただけで記憶されているデータ自体は無事。となれば対処法を探すまでのこと。しかしどうもみつからない。Seagateのホームページを見てみるが、載ってなさそう。しかも途中から英語のページに飛ばされる。これは至極不愉快だ。Seagateの日本法人はどうなってるんだ?やる気あるのか?!
 仕方ない、サポートに電話してみるか。営業時間は終わってしまっているので、翌日の朝電話する事にした。
 
 
○Seagateのサポートに電話

 電話に出たお姉さんに状況を説明したところ、その回答は「無償で交換するので現物を送ってください」というものだった。ちなみに、事前にファームウェアのアップデートをしていれば今回のような事象は起こらなくなるが、起きてしまってからは対処のしようががないと言われる。ショック。
 また、HDDの交換をする場合、故障したHDDは廃棄処分となる。入っていたデータを移し替えることはできないとのこと。二重にショック。
 まあ、当然といえば当然か。そういうもんだよね。
 だけどさー、メーカー側のプログラムミスで起こった事でしょー。なんとかしてよ、って言いたい。(言わなかったけどさ。)
 
 
○データ復旧を検討

 こうなったら業者に頼んで中のデータを取り出してもらうしかない!でもいくらぐらいかかるのかなー?
 ネットで検索した2社に早速電話して聞いてみた。
 まずA社に電話。状況を説明し、考えられる原因を伝えたところ、すぐに回答をもらえた。

「そのような場合は分解しなければならないのでだいたい20~50万円ぐらいですね。」

 ヒエ~~~~!ケタが1つ違うんじゃねー?そんな金額ムリムリ。
 と心の中で思いつつ、冷静な口調で「そんなにかかっちゃいますかぁ」と応え、「検討します」といって電話を切らせてもらった。

 一応、もう1社にも電話してみるかぁ。

 というわけでB社に電話。電話に出た男性に状況を説明すると、Windows担当の者に伝えて見積もりを出しますのでこちらからまた電話します、との回答を得た。
 しばらく経って電話が来た。そのWindows担当の男性からだった。改めて状況を説明し、考えられる原因も伝えた。しかし見積もりはまだもらえず、改めて電話しますとのこと。おいおいまだ出ないのかよ。一度電話を切り、待つことに。
 しばらく経って電話が来た。今度は女性。え?また違う人?つーかこの会社の担当者、自分の名前名乗らないのかよ。あんた一体誰?
 この女性がまたしても状況を聞いてくるので説明する。さすがにイライラしてくる。それでようやく見積もりがでて、「7~27万」という金額を聞けた。やっぱ高い。やめよう。そう思って電話を切りたかったのだが、電話の向こうからたたみかけるように作業工程やら注意点やらを説明してくるので電話が切れない。いいかげんホントにウザくなってきたのでブチ切ってやろうかと思ったが、一応最後まで聞いてそして断った。相手は「ひとまず検査だけなら無料なのでいかがでしょうか」とさらに食い下がってきたが、最低でも7万円かかるのは痛いのできっぱりと断った。
 やれやれ。受注をとりつけたいのはわかるが、こういうのはうんざりするよ。それに比べてA社の対応は誠実かつ的確でよかったなあ。
 
 
○結局どうしたかというと…

 データ復旧はひとまずあきらめる事にした。バックアップはある程度とってあるし。とってなかった部分が見れなくなるのはかなり痛いけど、何万円もかけるほどの価値はないから。もし宝くじでも当たったら、晴れて復旧することとしよう。
 過去の事より大事なのはこれからのことだ。うん、そうだ、そうだ。そういうふうに考えよう。

 ということで、新しいHDDを買ってこよう、そしてバックアップは常にしておこう、と決めた。
 こういうことって、わかっちゃいても実際に被害にあってからでないと対処できないんだよね。リスクマネジメント、ちゃんとしなくちゃダメだワ。

|

« 忙しい休日 | トップページ | スローパンク »

モノ」カテゴリの記事

コメント

ずっと昔ですが、HDDサルベージを使ったことがあります。そのときに比べれば値段は安くなりました。
当時は500MB(ギガじゃないよ)のHDDでした。データは230MB程。このときは基本料金+復旧できたデータ容量(1MBあたりいくら)になっていて、トータルで130万位取られたと思います。それでもやってもらいました。
今はデータがギガ単位ですから。

RAID-5にできるNASがお勧めです。HDD4本使っていて、1本壊れても100%復旧できますから。
光メディアはBDが安くなってからかな。DVDの1枚4Gではとてもじゃないけど容量が少なすぎて使えません。

投稿: さわだんな | 2010年1月10日 (日) 15:13

ヒィ~!130万ですかぁ。
データにその価値があるならやらざるをえないですね。

RAIDは検討中です。
BDの低価格化も期待してますけど、BDでも足りない時代が来る方が早かったりして?

投稿: Mさる | 2010年1月12日 (火) 00:03

アメリカなら無償で復旧してくれるらしい。当たり前だけど日本でも同じようにして欲しいよね。

シーゲイト、HDDの不具合に無償のデータ復旧サービスで対応
http://www.computerworld.jp/topics/storage/132653.html

投稿: 軽子坂 | 2010年1月12日 (火) 15:19

アメリカでは訴訟が起きたりするからねえ。

あ~、やっぱり悔しい。

日本で二度とシーゲイトなんか買うもんか!って言いたくなる。

投稿: Mさる | 2010年1月12日 (火) 22:30

一応COMポート経由で復旧する方法もあることはあるみたいですが。
日本語
http://zaikou.txt-nifty.com/whats_new/2009/05/seagatehdd-8baa.html
英語
http://www19.atwiki.jp/seagatehack/

自分は大事なデータは、オンラインストレージのSkydrive(25GB無料)にバックアップしています。Skydrive Explorerを使えば、エクスプローラーと同じ感覚で使えます。

また、直近の作業ファイルで失われると困るものについては、Bunbackupというフリーソフトで外付SDカードに随時バックアップを取るようにしています。

RAIDも悪くないとは思いますが、やはりコストを考えると動画を大量にバックアップしなければ上記組み合わせ十分かと。

投稿: 軽子坂 | 2010年1月14日 (木) 01:09

教えてくれた復旧方法は検討してみようと思います。ダメもとでやってみようかな。

バックアップについてですが、僕の場合写真がほとんどなんだけど、画素数も大きいし枚数も多いのでかなりの容量が必要なんです。25GBとかだとすぐ足りなくなっちゃうのが目に見えてるんですよね。

バックアップは使い勝手の面も含めて大容量HDDしかないと思ってます。

投稿: Mさる | 2010年1月14日 (木) 14:30

そうするとRAID5はお高いのでRAID2かな。

投稿: 軽子坂 | 2010年1月15日 (金) 16:13

RAIDについては不勉強なので調べてみます。

投稿: Mさる | 2010年1月15日 (金) 20:06

新しいめのM/BならBIOSレベルでたぶんサポートしてます。PCケースにシステムドライブ+データドライブ×2の3台が収まるかが重要です。

投稿: 軽子坂 | 2010年1月19日 (火) 23:15

とりあえず、PCケースに3台も収まらないです。

投稿: Mさる | 2010年1月19日 (火) 23:19

そうするとNASになるかな。お高いけど。
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/terastation/

投稿: 軽子坂 | 2010年1月20日 (水) 14:04

あんまりコストはかけられないので以下のどちらかにしようと思います。

1.RAID1対応外付けHDDを買う
2.普通のHDD買って自分で都度バックアップ

2.はこれまでと同じだから、同じ目に遭う可能性も大だよね。やはり手間と安全性を考えたら1.の方がいいかなー。

投稿: Mさる | 2010年1月20日 (水) 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/47245098

この記事へのトラックバック一覧です: HDDが認識されなくなった顛末:

« 忙しい休日 | トップページ | スローパンク »