« 結果を見せてくれ、フミ! | トップページ | トヨタのリコール記者会見を読み解く »

2010年2月 9日 (火)

プリウスのリコールってどうなのっ?

 プリウスのリコール、あれって、リコールすべきことなんかねぇ?

 たしかに、運転者のイメージする減速度合いとかけ離れた減速をすることがあるなんて、僕だったら許しがたい。ブレーキっていうのは、よくきいてしかもコントロールしやすいものでなければいけない。誰かがネット上で「(今回のプリウスみたいなフィーリングのブレーキは)ドイツ車だったらありえない」って書いてたけど、その通りだと思う。
 だけど今回の不具合とされる現象は、ブレーキが全くきかなくなるというわけでもない。ペダルを踏み増せばいいというではないか。最初、トヨタも会見で「感覚の問題」っていうようなことを言ってた。クルマに限らず道具なんてものはそれぞれクセがあるわけで、使用する人(運転者)はそれに合わせた操作をするべきなんだ。今回の件も、「不具合」といえるものなのかどうか。最初トヨタがした主張のように、単にプリウスの特性であると言えなくもない。
 だから今回はリコールという形ではなく、改善対策もしくはサービスキャンペーンっていう形でよかったんじゃ?と思ったりするのだ。

 なぜ“リコール”なのか。

 それはトヨタが判断したことだから、はっきりとはわかんないけど。
 ただ世間には、海外でしくじったトヨタをこの際寄ってたかって叩いちまおうぜっていう雰囲気があるように見えて、僕はちょっとイヤだなって思うのである。日本のマスコミは失敗を煽り立て、それを受け取る国民もそれを鵜呑みにする。
 そこでトヨタは、とりあえず謝っておけば丸く収まるから姿勢を一番低くしておこう、って考えたんじゃないだろうか。少なくともトヨタの顧客や顧客になりうる人たちには、それが効果バツグンなんじゃなかろうかということで。(だとしたら顧客をちょっと馬鹿にしてる。)

 とまあ、これは僕の妄想かもしれない想像である。
 とにかく、今回のリコールに関してはなんか本質の部分がもやもやにされているようで、釈然としないのである。

|

« 結果を見せてくれ、フミ! | トップページ | トヨタのリコール記者会見を読み解く »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

今日たまたまTOYOTAの東京本社ビルの隣で仕事がありました。
マスコミだけですごい人だった。

自分は不具合であるかもしれないけれど、新しいモデルの車ってそんなものでしょ。

それが嫌なら2-3年経って枯れてから買えばいいのにと思いました。

投稿: 軽子坂 | 2010年2月10日 (水) 01:27

一般的に、新製品っていうのは問題があるリスクが高いよね。
まあでも、新しいものが欲しいっていう気持ちもわかります。そういうときはメーカーを信頼するしかない。
だけどいくらメーカーが気をつけてモノをつくったとしても、完璧なものは作れない。そこをどう割り切るかということですかね。

投稿: Mさる | 2010年2月10日 (水) 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/47525342

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスのリコールってどうなのっ?:

« 結果を見せてくれ、フミ! | トップページ | トヨタのリコール記者会見を読み解く »