« CR-Z何色が売れた? | トップページ | 新しい時代の始まりか »

2010年3月25日 (木)

エンジンオイル選びを考える(2)化学合成油

 一般に市販されているエンジンオイルは鉱物油、化学合成油、さらにその両者をブレンドした部分合成油があり、化学合成油が最も高性能であることは広く知られていると思う。そこで僕らは化学合成油を選ぼうと考えるのだが、ここでちょっと注意が必要なのだ。「化学合成油」や「Synthetic Oil」という表示があれば間違いないのだろうか。
 そもそもこの分類は、エンジンオイルの主成分であるベースオイル(基油)についてのものである。ベースオイルはAPI(米国石油協会)によって次のようにも分類されている。

・グループI 溶剤精製鉱物油
・グループII 水素化処理精製鉱物油
・グループIII 高度水素分解精製鉱物油
・グループIV 合成炭化水素  (PAO(ポリアルファオレフィン))
・グループV グループI~IV以外 (エステル、植物油)

 このうち、化学合成油と呼べるのはグループIVとグループVのうちのエステル(化学合成されたエステル)だけと思われるだろう。
 しかし、グループIIIも化学合成油と呼ばれることがあるのだ。鉱物油を改質したものであるにもかかわらず、だ。アメリカではグループIIIを化学合成油と表記することが認められているし、日本においては化学合成油に関して決まりがないので、グループIIIを化学合成油と表記しても何ら問題はないのである。
 では、グループIIIを用いたエンジンオイルはPAOやエステルを用いたエンジンオイルと性能的に遜色ないのか、というとそれは違う。やはり最も高性能なのはPAOやエステルといったいわば真の化学合成油を用いたエンジンオイルなのである。
 だから、エンジンオイルを選ぶ際はベースオイルの成分を見ないといけない。ところがオイルメーカーはその成分を公表していないことが多い。ネット上のクチコミ情報などは参考になるけど、本当にそうなのかといった疑問は払拭できない。まあ、値段を見て判断するというのが現実的なところだ。また、欧州の自動車メーカー(VW、BMW、メルセデスなど)の最新の規格に適合しているかどうかを見るのも一つの方法。適合していればPAOやエステルベースの化学合成油と見てよい。

 というわけで、化学合成油を選ぶ際にはしっかりとした見極めが必要だ。
 
 
[参考]

Wikipedia - エンジンオイル
http://ja.wikipedia.org/wiki/エンジンオイル

教えて!自動車Q&A 掲示板 - ガソリン・オイル
MOBILカスタマセンターさんのお返事
http://www.carview.co.jp/bbs/113/12/?bd=100&pgcs=1000&th=1166564&act=th

教えて!自動車Q&A 掲示板 - ガソリン・オイル
カストロールさんのお返事
http://www.carview.co.jp/bbs/113/12/?bd=100&pgcs=1000&th=1166564&act=th

 
 
―――
  
エンジンオイル選びを考える(1)粘度
エンジンオイル選びを考える(3)銘柄比較

(追記 2012.3.29.)
エンジンオイル選びを考える 2012

|

« CR-Z何色が売れた? | トップページ | 新しい時代の始まりか »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/47899494

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンオイル選びを考える(2)化学合成油:

« CR-Z何色が売れた? | トップページ | 新しい時代の始まりか »