« ルポでグラベル | トップページ | ラリージャパンをPCで観戦! »

2010年8月26日 (木)

iPhone4用の無償ケースが届いた

 前回「iPhone4使用感レポート」でバンパー(ケース)が欲しいって書いた。理由は…

 (1)素のままで持つと電波が入りづらくなる
 (2)筐体が滑りやすいので落とすのが心配

というもの。(1)についてはAppleがユーザーに無償で純正バンパーまたは指定の他社製ケースを提供することで対処することになった。で、先月の25日にその案内メールが来たので僕は早速注文をしたのだった。
 ちなみにバンパーは黒しか選べず僕的には却下。他社製ケースのスペックや写真をいろいろ見比べた末、GRIFFINのReveal Etch graphiteというモデルにすることにした。

Img_00682s6 で、それが今日届いた。
 注文したときに納期が5~8週間と書いてあったのでまあ、それよりはちょっと早く届いたってわけだ。

 さて、ケースの使用感をレポートしよう。

Img_3916s6 持ってみると、一回り大きな物を持っている感覚。素のままのスリムな筐体に慣れた僕にはこれが結構違和感アリアリだったりして。特に厚みが気になるかな。
 でも写真のようにガッシリ持ってもアンテナ本数は減らなくなったし、手から滑り落ちそうな恐怖感はなくなった。万が一落としたとしても周囲のゴムがiPhoneを守ってくれるだろう。

Img_39442s6 細部を見てみる。左側面のサイレントスイッチ部分は穴が開いている。音量ボタンは覆われているが、操作性は損なわれていない。上部の電源スイッチ(写真には写っていない)も覆われているが、確実に押せるのでこちらも特に問題はない。

Img_39402s6 上部。ヘッドフォンジャックとサブマイクの部分は穴が開いている。

Img_39462s6 底部。Dockコネクタ部、スピーカー部、メインマイク部は穴が開いてる。若干位置がズレてるのはまーいーか。Apple純正じゃないからねぇ。

Img_3952s6 裏側。カーボンっぽいけど、“っぽい”だけである。そう、プラスチックだ。ま、これはカーボンじゃなくこういう模様だと思えばいいのだよ。
 この模様はプリントではなく、細かい線が刻まれていることで浮き出て見えている。ので、見る角度によって(光の当たる角度によって)微妙に模様が変わる。
 そんなに安っぽくはない。かといって高級でもないが。

Img_39822s6 裏側のカメラとLEDフラッシュ部分。ここも穴が開いている。カメラを起動して確認したが、当然ながらケースが写りこむことはない。
 こうしてみるとカバーの厚みが結構あるのがわかる。


<総評>

 電波状態もホールド性も安定感が出たのはいいのだが、やはり持ったときに厚みを感じる。注文したときはもう少し薄いものだと想像してたのだけど。素のiPhoneの軽快さが損なわれてしまうのが残念だ。また保護するためとはいえ、iPhone4の美しい背面ガラスが全く見えなくなってしまうのももったいない感じだ。
 というわけで、個人的には不満が残る。しばらくこのケースを使ってみるつもりだけど、いつか純正バンパーを買うかもしれない。

|

« ルポでグラベル | トップページ | ラリージャパンをPCで観戦! »

モノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/49251537

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4用の無償ケースが届いた:

« ルポでグラベル | トップページ | ラリージャパンをPCで観戦! »