« 「走る!語る!まなぶ!」レポート2:最新の自動車技術を体験 | トップページ | 「走る!語る!まなぶ!3」まなぶさんレポート »

2010年10月20日 (水)

PCモニターを新調

Img_64642s6 長いこと使っていたパソコンのモニターが壊れた。写真の右側に写っているCRTがそれ。画面に緑色の線が入ったり、画面全体がピンク色になってしまったりして使い物にならなくなってしまったのだ。ご覧のとおり、ASIMOもお手上げ(?)。(いや、ASIMOはこの件には関係ありません。)

Img_6474s6 このモニター、僕が初めてWindowsパソコンを買ったときのものだから、かれこれ13年くらい経つだろうか。ソニーの初代タワー型VAIO、PCV-Tシリーズにセットされていたものだ(僕が買ったのはPCV-T510Rだった)。PC本体の方は何年も前に故障(落雷が原因?)して使わなくなったんだけど、このモニターは新しいPCを買ってからも使い続けていた。なにしろソニーのトリニトロンだから発色がいいし、鮮明だ。だからデジカメ写真を選定したりレタッチしたりするときには大活躍していたのだ。しかもさすがVAIOである。音もよかった。ステレオスピーカーの他にウーファーまで搭載していて、CDを聴いたり映像コンテンツを鑑賞することに耐えうるだけのじゅうぶんな音質を提供してくれていた。
 しかし寄る年波には勝てず、か。一番肝心の画面がこのようになってしまってはどうしようもない。修理をするにもお金かかるだろうしなぁ。
 ということで、引退していただくことに。

 新しいモニターの選択にあたっては、使用目的として写真を扱うのでそれに見合った画像を表示できるかどうかに重点を置いた。とはいっても高いモデルは買えないので、“それなり”のクオリティで妥協することに。EIZOの「モニターの基礎知識」のサイトを参考にしつつ、必要なスペックとして以下のもの満たすモデルを探した。

  ・解像度:1920×1080(フルHD)以上
  ・最大表示色:約1677万色(約10億6433万色中(10bit-LUT))以上

 その結果選んだのがEIZOのEV2334W-T。上位機種にあたるS2243W-HX(AdobeRGBに対応した広色域が特徴)と悩んだのだがこちらに決めた。今のところAdobeRGBで写真を撮ったり出力したりする必要がないので。S2243W-HXの画面をタテに回転できるスタンドは魅力的だけどなー。
 また、三菱のRDT232WXも候補に挙がったのだが、やっぱプロが使うのはEIZOだろ、ってことで(?)最終的には落選となった。

Img_64933s6 購入はネット通販で。4万円以下で買えた。
 で、設置してみた。
 フルHDのワイド画面になったので今までよりも奥に(遠くに)設置することにした。最初は広くなった表示領域に若干戸惑ったものの、慣れれば快適そのもの。仕事がはかどりそうだ。うん、やっぱ機材はいいものを使えば気持ちよくいい仕事ができるってもんだよ。

Img_65022s6 肝心の表示能力に関して。もちろん、輝度や色温度などを調整した上での評価だ。
 コントラストはじゅうぶん高いし、発色もいい。色ムラや色かぶりもなさそうだ。ただ、シャドウ部の諧調がつぶれがちなのとハイライト部の諧調が若干ながら飛び気味なのが残念。このクラスでは仕方ないか。キャリブレーションツールを使って調整するともしかしたらもう少しよい画像になるかもしれない。総合的には、今まで使っていたVAIOのトリニトロンよりも綺麗だし高精細なのでよしとしよう。
 消費電力は最大で45W。これはトリニトロンの1/3だから満足。
 ただ、音だけはいただけない。たった350mWのスピーカーが1個付いてるだけ。つまりモノラル。音質も、とても音楽を聴くようなものではない。これは買う前からわかっていたことだけど。ヘッドホン端子があるので当面はヘッドホンで聴くしかないな。
 ところで、EIZOを選んだのは正解な気がする。画作りや製品造りに対して誠実で真摯な姿勢が感じられるからだ。カタログとか取扱説明書とかを見るとね。信頼して長く付き合いたいと思えてくるブランドだ。

 全体としては概ね満足。値段が値段だし。
 よーし、次に買うときはもっとハイスペックなモニターを買うぞぉ!

|

« 「走る!語る!まなぶ!」レポート2:最新の自動車技術を体験 | トップページ | 「走る!語る!まなぶ!3」まなぶさんレポート »

モノ」カテゴリの記事

コメント

EIZOいいね。自分も自宅のはEIZOです。
画像表示はよくわからないけど、図面とかの線描がしっかりしているので目が疲れない印象です。

絵描きのヨシナリも一度LGの液晶を買ったけれど、やっぱり満足できずEIZOを買いなおしていました。

EIZOが一番かどうかはわからないけれど、廉価品とはやっぱ違うよね。

投稿: 軽子坂 | 2010年10月20日 (水) 23:53

僕もLGやBenQは検討しました。しかしカタログに一部のスペック(具体的には色の諧調表現力に関わるLUTのスペック)が記載されていなかったのでやめました。

EIZOはCAD用に目の疲れないようなモニターも作ってますね。
そういう真面目なところに信頼感があります。

画像を扱う仕事や趣味をやっているのなら、モニターはこだわりを持って選ぶべきですね。

投稿: Mさる | 2010年10月21日 (木) 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/49791234

この記事へのトラックバック一覧です: PCモニターを新調:

« 「走る!語る!まなぶ!」レポート2:最新の自動車技術を体験 | トップページ | 「走る!語る!まなぶ!3」まなぶさんレポート »