« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

ルポ君2010年の平均燃費は…

A_s6_2
 ルポ君の今年1年の平均燃費は…

  総走行距離  6922.6km
  総給油量  521.1L
  平均燃費  13.3km/L

という結果になった。ちなみに…

  最高燃費  17.1km/L
  最低燃費  9.6km/L

だった。最高を記録したのは夜中に、奥多摩→松姫峠→大月→笹子峠→韮崎→清里→小諸→菅平→飯山→妙高→直江津→上越→(高速道路)→東松山とぐるっと640kmドライブしたとき。信号や渋滞の少ない一般道を巡航するといい数値が出るね。逆に最低を記録したのはツインリンクもてぎでのサーキット走行を含む90kmを走行したとき。暑い日でエアコンも使ったし、アイドリング時間もいつもより長かった。サーキット内だけだったら燃費はどれくらいになったんだろうか。5~7km/Lくらいかなぁ。
 ところで、去年の平均燃費が14.1km/Lだった。今年は0.8km/L悪くなっちゃった。おもしろがってエンジン回しすぎたときが多かったからな~。
 来年は低燃費走行をもっと追求したい。まだドライビング技術で燃料を節約する余地はある!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

55,555km

5y6t4993a_s6 ルポ君の走行距離が55,555kmになったよ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

物理的自転車遊戯

 このくらい自転車を自由に操れたらいいなーと思いながら見始めたのだが、あまりのレベルの高さにもう…溜め息しか出ない。重力と慣性と摩擦力を存分に使った、ある意味知的な遊び。フィールドは無限だ。

(HD版はこちら

 それにしても楽しそうだニャ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

箱根駅伝の運営車両がホンダからトヨタへ

 来年2011年に開催される第87回箱根駅伝。その運営車両をトヨタが独占提供することが発表された。使用されるのはプリウスPHV 21台、FCHV-adv 2台、ヴィッツ 1台など。プラグインハイブリッド車や燃料電池車を走らせることで環境技術の先進性を全面的ににアピールする作戦だ。ヴィッツはもうすぐ発売される新型車を持ってくるのは明確で、これもさりげなくアピールする作戦だろう。
 今年まで主な運営車両を提供していたのはホンダだった。FCXやFCXクラリティを大会本部車にして、運営管理車にエリシオン、ステップワゴン、フリードなど(年ごとに違っていた)を走らせていた。
 今度の第87回大会で、そのホンダが務めていた座をトヨタが奪い取った形だ。しかも独占提供という力技がいかにもトヨタらしい。
 僕としてはホンダ車がテレビに映ってる方がうれしかったんだけどな。来年の箱根駅伝を観る楽しみが減ってしまったのが正直なところである。


プリウスPHVなど、箱根駅伝の運営車両をトヨタが独占提供|レスポンス自動車ニュース
http://response.jp/article/2010/12/10/149174.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

NASAが発表した生物学上の画期的発見について

 NASAが発表した生物学上の画期的な発見とは。
 事前に内容は明かされず、発表があることだけは伝わっていたので、地球外生物の発見か、はたまた宇宙人生け捕りかなどと憶測した人たちもいたようだね。その人たちはがっかりしたようだけど、今回NASAが発表した内容は大発見ともいえるものなんじゃないだろうか。
 その内容と重要性についてはこちらの解説がわかりやすいので紹介しておこう。

<速報>リンの代わりにヒ素をDNA中に取り込む微生物が見つかった
http://d.hatena.ne.jp/popeetheclown/20101202/1291319775

 DNA中のリンがヒ素に置き換わっているというのは驚くべきこと。まさに画期的だ。そしてそうなるとやはり代謝系についても気になるわけで。僕もATPがATAsに置き換わってるのかどうか、非常に興味がある。
 ところでNASAは最初からリンをヒ素で置き換える生物がいるかもしれないと予想して研究を進めてたのだろうか。単にヒ素耐性菌を探していたのだろうか。いや、必須元素(今回の場合はリン)がなくても生きられる生物を研究していたというのが正解かもしれない。
 いずれにせよ、今回のNASAの発見は非常に興味深い。この方面の今後の発見が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »