« 箱根駅伝の運営車両がホンダからトヨタへ | トップページ | 55,555km »

2010年12月25日 (土)

物理的自転車遊戯

 このくらい自転車を自由に操れたらいいなーと思いながら見始めたのだが、あまりのレベルの高さにもう…溜め息しか出ない。重力と慣性と摩擦力を存分に使った、ある意味知的な遊び。フィールドは無限だ。

(HD版はこちら

 それにしても楽しそうだニャ。

|

« 箱根駅伝の運営車両がホンダからトヨタへ | トップページ | 55,555km »

自転車」カテゴリの記事

コメント

思わず、叫びました。
waohhhh!!!!!

個人的には配管パイプと電話ボックスと手すり移動からの・・・と

自由だ・・・。

かっこいい。

投稿: いまを生きる | 2010年12月30日 (木) 18:39

かっこいいよね~!
手すりとかマジすげー。
僕的にはジャックナイフでクルクルってのがいい。

せめて普通のジャックナイフターンぐらいできるようになりたいです。あ、あとバニーホップも。

投稿: Mさる | 2010年12月31日 (金) 01:50

トライアル行う前にどれだけの下見と試走を繰り返したのやろ?

一発勝負でトライするわけないよね。
着地点の強度や異物の有無など、かなりの時間を費やしてから撮影しているハズ。

ライダーの全身がバネのような動きがうらやましく美しい。


もう、よだれが出そう。

投稿: びわ | 2011年2月 4日 (金) 00:29

場所も見せ方もよく練られているからパフォーマンス自体も映像も芸術的ですね。
何度見てもすばらしい。

投稿: Mさる | 2011年2月 7日 (月) 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/50390143

この記事へのトラックバック一覧です: 物理的自転車遊戯:

« 箱根駅伝の運営車両がホンダからトヨタへ | トップページ | 55,555km »