« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

テスラ 驚異の加速を体験

Tesla01_2 3月6日のガレント体感会(「賃貸ガレージハウスという選択」の記事参照)では、テスラ ロードスターの試乗会もやっていたので試乗させてもらった。実を言うと、こちらの試乗の方が本当の目的だったんだけどね。

 試乗といっても運転できるわけではなく助手席に乗せてもらうだけなんだけど、それでもすごい貴重な体験。なにしろ1200万円を超す価格のスポーツカーだ。いや値段はともかく、世界で最も速くてかっこいい稀有な存在のEVである。いまこの時に乗れることは間違いなく貴重であろう。

Tesla02 で、どうだったかというと、これがすごいのなんの。加速がハンパない。ウイィーーーーーンというモーター音とともに身体はシートに押し付けられ、景色の流れがどんどん速くなっていく。思わず「うひょーーーー!」と声が出てしまった。正直、怖かった!ビビッちゃったよ。
 でも楽しー!そして気持ちいー!
 テスラから下りて、今度はこの加速を外から眺める。「ヒュウィーーーーーン」という軽やかな音を発しながらスムーズに加速して走り去っていく。これは異次元の乗り物だ。おもしろい!

Tesla04_3 クルマはエンジンじゃなきゃつまんないよ、っていう考えがあるとしたら、まずはこのテスラを体験してみろと言いたい。その上でもう一度考えてみるがいい。
 テスラに乗って僕は思った。エンジンだろうがモーターだろうが、楽しいものは楽しい。EVのスポーツカー、これってアリ?――断然アリ!

 テスラ欲しい!って思っちゃった。全然買える値段じゃないけどね~。
 
 
――― 
 
Tesla03 リアにモーターと水冷式のバッテリーを搭載(フロントにはラジエーターがある)。トランクスペースにはルーフを折り畳んで収納することができる。ゴルフバッグも入るらしい。トランクリッドがガバッと開くところなんかは、実にスポーツカーっぽい。

Tesla07 100V用充電ケーブル。フル充電には30時間ほどかかる。

Tesla05 急速充電器。ガレージに設置する。

Tesla06 急速充電器用ケーブル。これを使えば3.5時間でフル充電可能とのこと。速い。
 ちなみに、現在試験的に設置されつつある充電ステーションとは互換性がないとのこと。今のところ、出先では100V電源でチョロチョロ充電するしかなさそうだ。

 
 
―――
 
 最後に。実は試乗のときiPhoneでビデオを撮影したはずだったのだが、操作ミスで記録されてなかった。(緊張してたんだね(笑))。くぅ~、残念。
 というわけで、代わりにこちらの男の子に試乗レポートをしてもらおう。




 いや-、まさにこんな感じなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

東日本大震災 関連ツイート まとめ

 東日本大震災(一部報道では東北関東大震災という呼称もある)ではツイッターが情報元として大きな役割を担うこととなった。先進国において、大きな危機の中でツイッターが活用されたという意味では、世界初の出来事だったのではないだろうか。

 地震が起こった3月11日。僕は東京の青梅にいて大きな揺れを感じた。でもそのときは、この地震によって甚大な被害が出始めていることは想像だにしなかった。それを知ったのはツイッターのTL(タイムライン)を見てのこと。これは大変なことになったと思った。そしていつのまにか僕のTLは通常ではない、“異常な”ツイートがどんどん流れてくる状態になっていた。
 これは記録しなければ。
 そう思った僕は、TL上で心に引っかかったツイートや“いま”の状況を生々しく伝えるツイートを「お気に入り」に保存することにした。ここで紹介するのはその「お気に入り」に保存したツイートをTogetterというサービスを使ってまとめたものである。保存したものが1日あたり数百ツイートにもおよんでしまい、かなり長いものになっているが、当時の雰囲気が(ある一面にすぎないかもしれないが)伝わるのではないかと思う。
 
 
 
■■ ツイートまとめをご覧いただくにあたって ■■

ここで紹介するツイートは僕(@emusaru)のTL上からピックアップ(「お気に入り」に保存)したものです。
古いツイートが上に、新しいツイートが下に来るように並んでいます。(通常のTLとは順番が逆です。)
個々のツイートに表示されている日時は、ツイートされた日時を表しています。(僕がそのツイートを「お気に入り」に保存した日時ではありません。)
僕の主観でピックアップしているため、ツイートの内容が偏っている可能性があります。
デマなどの誤った情報が含まれている可能性もあります。内容の不確かなツイートもあえてピックアップしている場合があります。ご注意ください。
 
―――
 
■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月11日(金)
 http://togetter.com/li/115961
14:46地震発生/大津波襲来/都心にて交通麻痺による帰宅難民多数/原発事故発生

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月12日(土)
 http://togetter.com/li/115879
日本人の行動が海外から賞賛/原発炉心溶融/ヤシマ作戦/
原発水素爆発/募金活動始まる

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月13日(日)
 http://togetter.com/li/115874
津波警報→注意報→解除/TVが一部で通常番組に戻り始める/
米・パン・ガソリンが不足/明日から計画停電

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月14日(月)
 http://togetter.com/li/115862
週明け/計画停電で混乱/通勤電車大混雑/原発三号機水素爆発/#edano_nero/
「どうぞどうぞ」のウエシマ作戦/原発に海水注入

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月15日(火)
 http://togetter.com/li/115300
福島原発事故対策統合連絡本部立ち上げ/トイレットペーパー買い占め/
原発四号機火災発生/日経平均4桁の大暴落/放射能汚染懸念浮上/
Sv,Bq,Gyって?/静岡で震度6の地震

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月16日(水)
 http://togetter.com/li/115289

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月17日(木)
 http://togetter.com/li/115282

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月18日(金)
 http://togetter.com/li/114945

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月19日(土)
 http://togetter.com/li/114940

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月20日(日)
 http://togetter.com/li/114937

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月21日(月)
 http://togetter.com/li/114931

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月22日(火)
 http://togetter.com/li/114919

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月23日(水)
 http://togetter.com/li/115269

■東日本大震災ツイートまとめ 2011年3月24日(木)
 http://togetter.com/li/115854

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

地震から2日

3月11日金曜日

 僕は東京の青梅にいた。外に立っているときに揺れを感じたんだけど、そのときは大きな地震だなあとしか思わなかった。周りの人たちも少し驚いて建物から出てきてた程度で、特にパニックになることもなかったし、物が壊れるということもなかった。
 そのすぐ後にツイッターをチェックした時点では、揺れの様子をツイートするものが多かっただけで、あれほどまでに甚大な被害が出ているとは思いもよらなかった。テレビを見れない場所にいたので情報の頼りはツイッターだけだった。
 事の大きさを認識し始めたのは、@NHK_PRさん(NHK広報の公式ツイッターアカウント)がNHKのニュース映像を無許可でネット上に放映しているページのURLを、ツイートの中で紹介しているのを見たときあたりから。「私が責任をとります」というツイートは、NHK_PRさんの独断であることを物語っていた。このあたりから僕は、これは大変なことが起こっているのかもしれないと思うようになったのだった。
 
 
ツイッターの威力を感じ始める

 またしばらくしてツイッターをチェックしたら、都内の電車がストップして、しかも今日中の復旧はないという情報が得られた。帰宅難民と化したみんなが状況をツイートしている。そして、僕のTL(タイムライン)は地震関連のツイートオンリーに。
 都心からは帰宅難民のために解放された大学や商業施設などの情報が次々と上がってくる。「いまからここ開放します」「あそこの施設が開いてます」「暖かい飲み物あります」「ここは満員なのであちらへ行ってください」などなど。
 また断片的ながら、東北地方の被害も写真を交えて知った。TL上では、被害に関する情報、またこのようなときの対処の方法や心構えなどといったたくさんのアドバイスなどで埋め尽くされ、しかも次々と新しいツイートが増えていった。なんという情報の量そして速さ。
 以降、僕はツイッターを見続けながら、この日家に帰ってからもテレビのニュースとともにTLを追いかける状態になった。有益と思えるツイートを拾っては積極的にリツイートした。
 昨日や今日も、仕事の合間など手の空いた時間にTLをチェックした。
 
 
これまでにない経験

 僕にとって今回の災害は、これまであった阪神淡路大震災などとは違う。今回も僕自身は被災していないけど、とても身近なことに感じている。それはツイッターによって、ひとりひとりの生の情報が、またひとりひとりの善意の言葉がつぶさに僕の中に入り込んできたからだった。そして、僕も何かをしなければ、できることをしたい、という想いが強くなtった。
 ただ、そんな気持ちで次々と入ってくるいろいろな情報を頭の中で整理したり再発信したりしているうちに、心が疲れていることに気付いた。被災者でない人がこういう状態になることはよくあることらしい。ひどいとPTSDにもなりうるとのことだ(これもツイッターからの情報)。僕がこういう状態を経験することになるなんてな…。
 
 
息抜きも必要

 今日は、お彼岸に近いということで、離れて暮らす両親と待ち合わせてお墓参りに行ってきた。墓地の草むしりをして、お線香をあげ、ご先祖様に手を合わせたらだいぶ心が安らいだ。ああ、やっぱり疲れてたんだなって実感した。
 
 
これからのこと

 もうしばらく、事態が落ち着くまでは、今回の災害について(無理のない範囲で)ツイッターのTLを追い続けようと思う。なぜそうしたいのか。理由は、ツイッターを通じて自分が何をすべきかやどんな役に立てるかを知りたいから、というのが一つ。もう一つは、大規模災害時におけるツイッターの役割や日本人の行動について、何かが見えてきそうに思えるから。別に僕は社会学者じゃないけど、TLを見ていてそういう興味がわいてきたのだ。できればそれを何らかの形にしてまとめ、残しておきたいと今は考えている。何かの役に立つかどうかはわからないけれど。

 
一番の願い

 この危機的状況が一刻も早く落ち着いて、いつもの平和な日々が戻ることを心から願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

賃貸ガレージハウスという選択

R1022443s6 日曜日のお昼は三郷で開催された賃貸ガレージハウス「ガレント」の体感会に行ってきた。(ガレントさんのブログはこちら。)
 クルマを保管したりいじったりできるスペース(=ガレージ)と住居が一緒になったのがガレージハウス。男の子の夢のような家だ。そんな家を持ちたいと思ったら、自分で建てるしかないのが普通だろう。しかしガレントなら賃貸という形でその夢がかなう。
 今回見せていただいた三郷のこの物件はアパート型なんだけど、一階がガレージになっているというもの。
 家賃は物件によってさまざま。立地や間取りによっては月10万円以下のものもある。クルマ好きならここを借りて住んでもいいし、セカンドハウスとして使うなんてものアリ。平日は便利な都心で生活し、週末は郊外のガレージハウスを拠点に過ごす。そんなリッチな生活、してみたいねぇ。
 まあ、セカンドハウスというのは庶民にはちょっと敷居が高いけど、普段の住処として借りるのはじゅうぶん現実的だと思った。

Tesla_roadstar01 ガレージなら電源コンセントもあるから、ほらこんな電気自動車だって充電できるよ!

 というわけで賃貸ガレージハウスという選択、これはかなりイイかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

東京シクロクロスの様子を見に行ってきた

Img_78552s6 昨日は八王子で開催された東京シクロクロスの様子を見に行ってきた。初開催の大会なのでどんな感じかなと思って。
 八王子市役所の川を挟んだ反対側に作られたコースはほぼ平坦路。くまなく見たわけじゃないけど、難しい箇所はなさそうだった。
 昨日はご覧のとおりのいいお天気。ぽかぽか陽気の中、実にのどかな雰囲気だった。
 僕も出たかったな。実は僕もエントリーしようと思ってたんだけど、早々に締め切られちゃったので諦めざるをえなかったんだよね。初回ということで、定員を少なくしたのかもしれない。
 また開催されることがあったら出てみたいな。

5y6t85762s6 僕が見たのは早い時間に行われたビギナーのクラス。MTBでの参加者も多かった。
 ところで、ゼッケンはヘルメットカバータイプでカッコ悪い!これだけはどうにかやめてほしいところだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

みんなバラバラ、それがいい

 もう1週間前の出来事だけど、LOVE CARS!(web自動車部)のイベント「ミステリーツアー」に参加してきた。自分のクルマでいくミステリーツアーというのも珍しいと思うが、これは事前にどこへ行くかは知らされないまま募集が行われ、当日集合場所に着いた段階で行き先が伝えられるという趣向のもの。…だったのだが実際は都合により、事前に行き先が教えられて現地集合という形に変更となった。
 で、どこへ行ったのか。

 それはナイショ。

 って、おい!いやぁ、だって通常一般公開されてない場所なので、内容を公開するわけにはいかないのだ。ミステリーツアーというより、シークレットツアーだね。どんなとこかといえば、クルマ好きにはたまらない場所、とだけ言っておこう。(本心は写真も交えて詳しくここに書きたいのだけれどガマンガマン(笑)。)

 じゃあ、集まった参加者のクルマだけ紹介しておこう。こんな顔ぶれ。
Lovecars1
 スゴイっしょ!見事にバラバラ。みんなそれぞれのこだわりを持って乗ってる。新しいとか古いとか、高いとか安いとか、ましてや燃費がどんだけいいだとか(笑)そんな価値観でクルマを選んでるんじゃないんだよね!

 ミステリーツアーのメインイベントが終了した後も、駐車場でクルマ談義したり写真を撮ったりの時間が続いて。いやー、みんなホントLOVE CARSだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

ゼロスポーツの破産は仕方のないことなのか

 EVベンチャーのゼロスポーツが破産申請をした。
 報道を見てると、郵便事業会社(日本郵便)がイジワルしたように思えてならなかった。

 ゼロスポーツが製造・販売するEVの発注主である郵便事業会社は、納期遅れを理由に契約を解除をし契約解除による違約金約7億円をゼロスポーツに請求。これによりゼロスポーツは資金不足となり破産せざるをえなくなった。
 郵便事業会社が行ったこと、たしかにそれは正当な権利に基づくものなのだろうけど…。
 ツイッターで「ゼロスポーツ」「#EV」「#zerosports」で検索したら、残念がったり何か裏があるのではと憶測する人のツイートが多かった。
 一体どんないきさつでゼロスポーツは破産に追い込まれてしまったのか。
 それを教えてくれる記事がある。

破産ゼロスポーツが郵便EVを納品できなかった本当の理由
 |レスポンス自動車ニュース

http://response.jp/article/2011/03/02/152568.html

 これ読むとゼロスポーツが不憫でならない。ゼロスポーツは郵便事業会社から無茶な仕様変更を強いられていたのだ。郵便事業会社の事情も理解できるがこれではビジネスパートナーとしてあまりに理不尽ではないか。
 今回のことについては、ゼロスポーツの体力がなかったのがそもそもの原因とか、そういうリスクを想定していなかったゼロスポーツにも非があったという意見もあった。その通りかもしれない。だけど、僕には郵便事業会社の横暴に思えてならないのだ。
 いずれにしても、未来あるベンチャー企業が潰れてしまったことが残念でならない。
 この件についてメディアが詳しく調べ、報道してくれることを僕は期待したい。冷静かつ客観的な解説を望む。
 
 
 
■追記 (3月3日(木))

 郵便事業会社のホームページ上に以下のような声明文が出ていたので掲載しておく。

ゼロスポーツ社の発言に対する一部報道について - 日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2011/0302_01.html

 仕様変更の要請をした事実はないとのことだ。これによると、昨年10月の時点で納品できなくなったと通知してきたゼロスポーツ側に落ち度がありそうだ。

 問題は、レスポンスの記事にある「両者の思惑が一致し、ベース車両の変更と開発期間延長のため2011年1月と2月納品の次年度繰越に合意した。」の「合意した」の部分ではないだろうか。実際に合意があったのかどうかはわからない。仮にあったとしても契約ではないので、今回のようなことはじゅうぶんありえることだったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »