« VWがWRC参戦を発表! | トップページ | 「チャレンジ!ホビー」が予想以上に楽しい »

2011年5月 8日 (日)

那須湯本温泉 鹿の湯

Img_0350s6 5月2日の温泉めぐりドライブ、まず1ヶ所目は那須湯本温泉の共同浴場、鹿の湯。

 場所はこちら。

Img_0352s6 鹿の湯は温泉街のはずれにある。営業時間は8:00~19:00(12~3月は~18:00)。朝9時前に行ったのだが、既に朝湯を楽しむお客さんがたくさん来ていた。
 木造の建物は風情があってよい。入口で400円を払い、川の上にかかる渡り廊下を通って浴場へ行く。引き戸を開けると浴場だ。脱衣所と風呂場には仕切りがなく、風呂場は一段下がったところにある。とても広く明るいので開放感がある。風呂場には洗い場はなく、6つの湯船が整然と並んでいる。ぬる目のお湯から熱いお湯まで、それぞれの湯船で温度が違うようだ。床は板敷きになっている。風呂場には20人くらいのお客さんがいたが、湯船に浸かっている人とそのまわりの床に座っている人がいて、ちょっと奇妙な光景。お湯は白濁していて硫黄臭がある。いかにも温泉らしい温泉だ。
 ちょっと緊張しながらいざ風呂場へ。軽く掛け湯をして、まずは一番手前にある「41℃」と書かれた湯船に入った。41℃はこの浴場で一番低い湯温だ。んー、気持ちいい。長く入っていられる温度。他の湯船を見ると42℃、43℃、44℃、46℃、48℃と書かれている。48℃!入れるのか?入ったらヤバイだろ。しかしその48℃に入ってるおじさんがいる…。
 41℃の湯で温まった僕は一度出て、まわりのおじさんたちのように床の上に座って涼むことに。外の涼しい空気が入ってきて気持ちいい。なるほどこうやって入ったり出たりして楽しむのだな、ここは。
 次に43℃に入る。僕は結構好きな温度。うん、気持ちいい。
 一度出て少し涼んだ後、44℃に入る。さっきより確実に熱い。朝に入るには目が覚めていい。
 44℃の湯は短めに浸かって出た。既にのぼせ気味。あと1個入って終了だな。46℃か48℃か、さてどうする。どちらにしても未体験ゾーン。なんかドキドキしてきた。心拍上がりすぎて倒れたらヤバイな(笑)。
 しばし涼んだ後、意を決して46℃に入った。なんとか入れた。うおー熱い。肌がヒリヒリする。唐辛子入りかコレ?ってな感じ。でも意外といける。当然長くは入ってられないが。
 今日はこれが限界。48℃は次に来たときの楽しみに取っておこう、ということにしておこう。
 最後にお湯を少し飲んでみたら酸味があった。成分表示には、pHはたしか2.59と書いてあったと思う。

 鹿の湯、素朴な温泉好きにはたまらない湯ではなかろうか。いい湯だった。

|

« VWがWRC参戦を発表! | トップページ | 「チャレンジ!ホビー」が予想以上に楽しい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/51609206

この記事へのトラックバック一覧です: 那須湯本温泉 鹿の湯:

« VWがWRC参戦を発表! | トップページ | 「チャレンジ!ホビー」が予想以上に楽しい »