« よみがえるスーパー戦隊の名曲 | トップページ | ル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた »

2011年8月15日 (月)

懐かしのツール・ド・フランス1999-2005

 J SPORTSではランス・アームストロングが活躍した頃のツール・ド・フランスを放送している。

あなたが選ぶ!ツール・ド・フランス1999-2005ベストステージ ~ランス・アームストロング7連覇の軌跡~
http://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/beststage/

 先週は1999年から2001年までを放送。
 僕が初めてツールをテレビでちゃんと観たのはたぶん2000年だったと思う。フジテレビでやってた総集編を観た覚えがある。今回のJ SPORTSでの放送はちょうどその頃のをやっているので、僕にとっては懐かしさ満点なのである。
 中でも一番印象に残っているのが2000年の第12ステージだ。今回、このステージを改めて観ることができた。マルコ・パンターニとランス・アームストロングがモン・バントゥーの頂上ゴールを目指して一騎打ちし、パンターニが勝利したものの後でランスが「譲った」発言をしてパンターニを怒らせた、あの伝説のステージだ。そのゴールシーンも見たかったのだが、それよりもパンターニの走りに釘付けになってしまった。独特のしなやかなダンシング。ライバル選手たちを置き去りにする鋭いアタック。改めて目にしたパンターニは、僕の記憶の中にあったパンターニよりもさらにカッコいい姿をしていた。不世出のクライマー、マルコ・パンターニ。彼の姿はもう、過去の映像の中でしか見れないのだよな。
 他にも見ているといろいろな懐かしさがこみ上げてくる今回の放送。ツイッター上でも、懐かしさをツイートする人を多く見かける。今からおよそ十年前の映像。選手もチームも自転車も何もかも懐かしい。いまよりも当時の方がプロトンがカッコよく見えるのは僕だけだろうか。ジャージのデザインとか、アルミで細めのホリゾンタルが主流だったフレームの形とか、ヘルメットを被っていないためによく見える選手の表情とか。たった十年かと思っていたら、思いのほか昔の部分っていうのもある。まさに十年一昔。
 さあそして今週は2002年以降のツールが見れる。ランスとライバルたちの戦いが再び。僕が初めてJ SPORTSでツールを観た2004年大会も楽しみだ。

|

« よみがえるスーパー戦隊の名曲 | トップページ | ル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/52481818

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのツール・ド・フランス1999-2005:

« よみがえるスーパー戦隊の名曲 | トップページ | ル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた »