« 懐かしのツール・ド・フランス1999-2005 | トップページ | 最後のインディジャパン »

2011年9月 6日 (火)

ル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた

 Levolantcarsmeet 4日(日)はル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた。場所は横浜の赤レンガ倉庫広場。
 会場にはクルマが好きそうな人はもちろん、若いカップルや家族連れも多くて、敷居の低さを感じさせる和やかな雰囲気になっていた。

Talkshow 僕が着いたときはちょうどトークショーが行われていた。壇上にいるのは片山右京さんと河口まなぶさん、そしてフジトモ(藤島知子)さん。さらにマッチ(近藤真彦さん)がビデオ出演。右京さんはプールサイドでマッチと太モモを触りあう仲なのだとか(あれ?話を端折りすぎ?)。いやそれはともかく(笑)タイヤやモータースポーツの話など、まじめだけど楽しいお話を聞くことができた。

 
 
 では、展示してあるクルマを見ていくとしよう。ここではその一部をご紹介。

Sonic1Sonic2
 シボレー ソニック。今秋発売予定だそうな。5ドアハッチバックのコンパクトカー。ちなみにタイヤはハンコックを履いている。カッコイイけどどの程度売れるだろうか。そして走りの実力はどんなだろう?
 
 
Demio1Demio2
Demio3
 マツダ デミオ SKYACTIV。エンジンルームで目についたのはバッテリー。このクラスのクルマとしてはやっぱ大きい?アイドリングストップ機構はどうしてもバッテリーに負担かかるっていうからな。
 インテリアはなかなかの質感。ハンドルは本革巻(メーカーオプション)。感触は硬めだけど個人的には嫌いじゃない。インパネはオーソドックスな見た目で、フィットとは対称的だ。内装全体としてはデミオの売りである走りの良さを予感させる好印象なものだった。
 
 
Mulsanne2Mulsanne
Mulsanne1
 つづいてはいきなり超高級車の登場!ベントレー ミュルザンヌだ。野暮を承知でお値段を言うと、3,380万円也。
 残念ながらドアはロックされて開けることができなかった。しかしドアハンドルを握ってみたら発見が。ハンドルの裏側がエンボス加工されているではないか。こんなところも手を抜いてないのはさすがベントレーだ。
 
 
Peugeot5081Peugeot5082
Peugeot5083
 プジョー 508。ツール・ド・フランスの中継などでテレビではよく見かけてたけど、実車を見るのは初めて。のびやかなデザインがなかなかよい。
 
 
Citroends4_4_2Citroends4_1
Citroends4_2
 僕のこの日一番のお気に入り。シトロエン DS4。市販前にこのクルマを見れるとは!カッコイイ。内装も白と黒のツートンになってておしゃれ。サイズといいデザインといいとても魅力的だ。気になるお値段はどのくらいだろう。隣のC4が299万円と出てたから、こちらは350万円くらいになるんだろうか。
Citroen2
 C4とDS4を見比べてみる。同じプラットフォームのクルマなので非常に似たプロポーションをしている。よく見るとフロントドアは共通のようだ。プロテクターの有無や前後のプレスラインの違いにより、一見して同じと気付かない。うまいデザインだ。
 
 
 さて、会場ではメーカーやインポーターの広報さんによるアピールも聞くことができた。

Levolantcarsmeet2Levolantcarsmeet3
 左写真:島下泰久さんから質問を受けるVWの広報さん。市販モデルが間もなく発表される予定のコンパクトカー「up!」は日本にも導入されるでしょう、とのこと。
 右写真:おっ、アウディ広報の小島さんだ。初ナマ小島さんを見れてちょっとラッキー(笑)。
 
 
 閑話休題。クルマの紹介に戻ろう。

Leaf2Leaf1
 会場にはEV、HV、PHV、FCVも展示してあった。もちろんこちら日産 リーフも。リーフって変な形してるよね。そのせいでラゲッジスペースの容量はちょっと物足りない。他のクルマみたいには荷物をたくさん載せられませんからね、まだEVに実用性を求めないでくださいよ、っていう日産の声が聞こえてくるのは気のせいかな。
 
 
Lfa2_6Lfa_3
Lfa3_3Lfa4_3
 レクサス LFA。テストドライバー成瀬さんの魂が宿るクルマ。市販車を見るのは初めて。いろんなディテールが個性的でカッコイイし、悪くないと思う。
 隣には日産 GT-Rが展示されていて、日本にも世界に負けないスーパースポーツモデルがあるのだということを感じさせてくれた。(ここにホンダがいないのはファンとしてはさみしい…というか悲しいのだけれど。)
 
 
Maseratigt_1

Maseratigt_2
 そして最後。最高にカッコよかったのがこのクルマ。マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ。ヨーロッパのレースで使われているマシンのロードゴーイングバージョンだそうで、軽量化のためにリアシートがなかったり、カーボンブレーキが奢られていたりする。内装もカッコイイ。シートはカーボンバケット。表皮はアルカンタラとのことだ。これで2,100万円はお買い得…とは渡辺敏史さんの談。まあたしかに。ちなみにこの仕様は日本にまだこれ1台しかないのだという。
 
 
 以上、こんな感じでル・ボラン カーズ・ミートは見てるだけで楽しくなっちゃうイベントだった。またこういうイベントがあったら行きたいな。

|

« 懐かしのツール・ド・フランス1999-2005 | トップページ | 最後のインディジャパン »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/52655492

この記事へのトラックバック一覧です: ル・ボラン カーズ・ミート 2011に行ってきた:

« 懐かしのツール・ド・フランス1999-2005 | トップページ | 最後のインディジャパン »