« ルポ君ショートアンテナ化 | トップページ | 運転していて楽しいホンダ車って… »

2012年3月29日 (木)

エンジンオイル選びを考える 2012

 ルポ君のエンジンオイルを交換することにした。しかしオイル選びは今回もかなり悩むことに。
 まずは2年前に調べたことを復習だ。

  エンジンオイル選びを考える(1)粘度
  エンジンオイル選びを考える(2)化学合成油
  エンジンオイル選びを考える(3)銘柄比較

 今回もこれを基本にする。なるべく低粘度がいい。しかし油膜形成能力や耐久性も重要だ。粘度は前々から使ってみたいと思っている0W-30が理想。耐久性などに関してはフォルクスワーゲン承認がついていれば安心だ。
 そんなことをふまえながら新たにいろいろ調べていたところ、こんなすごいサイトを見つけてしまった。

  エンジンオイルのなんかアレ
  http://www9.atwiki.jp/oil-properties/

 なにがすごいって、情報量がすごい。いろいろな規格についての解説があったり、一般にはあまり知られていない各オイルの性状などがまとめられているのだ。今回はこちらをかなり参考にさせていただいた。特にフォルクスワーゲン承認規格であるVW50x.xxや、ACEA規格などだ。

 それでは、これを元に僕なりのオイル選びを始めていこう。

 まず、各オイルの性状をまとめてみた。2年前にまとめたデータをベースにそれを更新。0W-300W-40に加えて今回は5W-30のオイルもピックアップしてみた。下の表で緑字になっている部分が今回新たに付け加えたり最新版に修正したものだ。(クリックすると大きいサイズが見れます。また、データの出所についてはこの記事の最下段にまとめてあります。)

2012
 
 
 ここで、便利なサイトを発見!動粘度の値を入力することで動粘度-温度グラフを作成できるのだ。

  Graph your oils | WIDMAN International SRL
  http://www.widman.biz/English/Calculators/Graph.html

 表の中から気になる4種類のオイルをピックアップして、上記サイトを使って動粘度-温度グラフを作成してみた(下図)。横軸が温度、縦軸が動粘度である。グラフが2つあるが、これは描かれている温度域が異なっている。左図は-20~80℃、右図は40~140℃の範囲となっている。エンジン始動時の動粘度は左図を、エンジンが温まった走行中の動粘度は右図をそれぞれ参照してもらいたい。

 ここで選んだオイルはこれ。

  Mobil 1 0W-30 (青)
  Castrol EDGE Professional C3 0W-30 (赤)
  ENEOS SASTINA 5W-30 (緑)
  Mobil 1 0W-40 (ピンク)

02

 全ての温度域において、ENEOS SASTINAが格段に低粘度であることがわかる。省燃費性能を謳うだけのことはあるようだ。他の3つについては、低温域(左図)ではほとんど違いがないといえる。0Wのオイルと5Wのオイルとでは、一般に0Wの方が低温での粘度が低いはずだが、この図を見ると必ずしもそうではないことがわかる。一方、高温域(右図)を見てみると、粘度の低い方から順にENEOSMobil 1 0W-30CastrolMobil 1 0W-40となっている。同じ0W-30であっても、CastrolMobilよりも粘度が高く、むしろMobilの0W-40に近い。
 調べてわかったことだが、高温での粘度はACEA規格との相関があるといえる。ざっくり言って、A5A3を比べた場合、A5の方が低粘度の規格になっている。別の言い方をすると、A5は耐久性に多少目をつぶって粘度を低くしている。ここでフォルクスワーゲン承認規格VW50x.xxはどうかというと、こちらは省燃費よりは耐久性を重視したA3規格に近いようだ。つまり、VW50x.xxを取得しているオイルはどれも高温時の粘度が高めの設計となっている。さきほどの表を見てみると、VW50x.xxを取得しているオイルの100℃における動粘度は最も低いものでも11.7である。
 ではルポに適したオイルはどのようなオイルなのだろうか。取扱説明書を見ると、VW503.00規格を取得した0W-30などのオイルを入れるように書かれている。しかし現在、VW503.00という規格はなくなってしまっている。ならばそれに近いのはどんなオイルなのだろうか。調べたところ、(あくまでも僕の推測だが)ACEA A5規格相当のオイルなのではないかという結論に至った。もちろん、耐久性の観点からはA3規格の方が安全マージンは大きい。現在存在しているVW50x.xx規格であればなお信頼できる。しかしそれらに適合したオイルは粘度が高めだ。低粘度かつそこそこの耐久性を兼ね備えたオイルと考えると、A5規格相当のオイルなのではないだろうか。そう考えたわけである。

 選ぶ基準が具体化してきたところで、いよいよどのオイルにするかを考えていこう。
 ここでまずENEOS SASTINA 0W-30は候補から外すことにした。粘度が低いのは魅力とはいっても低すぎるのは十分な油膜形成に不安があるし、ACEA規格を取得していない点も気になる(つまり耐久性が「?」だ)。そもそもこのオイルは国産エコカー向けの設計であるらしいから、比較的高い粘度を要求する欧州車にはマッチしないかもしれない。
 そこで改めてさきほどの表の中から、入手可能かつ気になるオイルを4点選び直すことにした。そして動粘度を比較したのがこちらの図だ。

  Mobil 1 0W-30 (青)
  LIQUI-MORI SYNTHOIL LONGTIME 0W-30 (赤)
  MOTUL SPECIFIC 504 00-0507 00 5W-30 (緑)
  Mobil 1 0W-40 (ピンク)

03

 MOTULVW503.0x規格の後継と言われるVW504.00規格に適合したオイルということで選んだが、5Wということもあり低温(左図)での粘度が他に比べて高い。
 逆に低温域で最も低い粘度を示しているのはLIQUI-MORIだ。だからといって高温域(右図)でシャバシャバにはならず、MOTULと同等の粘度を保っているのがすばらしい。低温域と高温域の粘度差が小さい、つまり粘度指数が大きいオイルであることが如実にわかる。
 Mobil 1 0W-40も高粘度指数なオイル。ただ高温域での粘度が(この4つの中では)高すぎるのが難点か。
 Mobil 1 0W-30は高温域での低粘度が特徴。ただし低温域ではLIQUI-MORIに一歩譲る。

 さて、この中からどれにするか。

 低フリクション(低粘度)かつ高信頼性(高耐久性)なオイルを求めて。となるとやはり今回もLIQUI-MORISYNTHOIL LONGTIMEは魅力的に映る。VW502.00VW505.00規格も取得していて安心だ。がしかし、2年前から相変わらず値段が高い!やっぱりちょっと手が出せない。
 次に、Mobil 1 0W-40。このオイル、やっぱりコストパフォーマンスがいい。ただ前回入れたのがこれ(厳密にはマイナーチェンジしてるみたいだが)なので、今回は違うやつを入れてみたい。もう少し粘度の低いやつを。
 ということで、Mobil 1 0W-30が最有力候補に。フォルクスワーゲン承認がないのが若干不安だけど、ACEA A5は取得してるからある程度の信頼性は期待してよさそう。それとあと一点不安があるとすれば、それはベースオイルだ。メーカー側は「化学合成油」と表示しているが、使われているのはPAO(グループIV)エステル(グループV)ではなく、高度水素分解精製鉱物油(グループIII)であるといわれている。一般に耐久性は劣ると考えることができる。このあたりがフォルクスワーゲン承認を獲得していない理由にもなっていそうだ。

 ひとしきり悩んだ末、今回はこれにすることに決めた。

0w_30_4l
   Mobil 1 0W-30

 ちょっと冒険、かもしれない。ルポ君にフォルクスワーゲン承認のついてないオイルを入れるのは初めてだ。でも、低粘度オイルを使ってみたい気持ちが勝った。とはいえ耐久性が若干心もとないので、そこは交換時期を早めることで対処しようと思う。(と言いながら、長期間使い続けるかもしれないけど。)
 
 
■交換してみて…

 先日、このMobil 1 0W-30をルポ君に入れてみた。アクセルを踏み込んだときのエンジン回転の上がり方が滑らかになったような気がする。いや、たぶんこれは気のせいだ(笑)。冷静に回転フィールを評価してみると、オイル交換前と違いがないように感じる。アイドリング時の振動も以前と変わらない。ま、感じられないけれども実際はコンマ何%かは回転が軽くなっているはずだ。というかそうであって欲しい(笑)!
 今後は当然、燃費にも注目してみるつもり。差が出るかどうかはわからないけどね。
 
 
【データ参照】

Mobil 1 0W-30
http://www.mobil.com/Japan-English/Lubes/PDS/GLXXENPVLMOMobil_1_0W-30_Advanced_Fuel_Economy.aspx
Mobil 1 0W-40
http://www.mobil.com/Japan-Japanese/Lubes/PDS/GLXXJAPVLMOMobil_1_0W-40.aspx
Castrol EDGE Professional C3
http://www9.atwiki.jp/oil-properties/pages/54.html
(メーカーホームページ)http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=9022774&contentId=7042723
MOTUL 8100 X-LITE
http://www.motul-oil.co.uk/pdfs/synthetic-engine-oil/8100_X-lite_0W30_TDS_(GB).pdf
MOTUL SPECIFIC 504 00 - 507 00
http://www.motul-oil.co.uk/pdfs/specific-engine-oil/Specific_50400-50700_5W30_TDS_(GB).pdf
LIQUI-MORI SYNTHOIL LONGTIME
http://www.liqui-moly.de/liquimoly/mediendb.nsf/gfx2/1171%20Synthoil%20Longtime%20SAE%200W-30_EN.pdf/$file/1171%20Synthoil%20Longtime%20SAE%200W-30_EN.pdf
WAKO'S Super Synthe
http://www5a.biglobe.ne.jp/~mue/rv/img/wakos_oil.pdf
WAKO'S PRO-S30
http://www.wako-chemical.co.jp/products/pdf/1110P0910ol.pdf
ENEOS SASTINA
http://www9.atwiki.jp/oil-properties/pages/18.html
(メーカーホームページ)http://www.noe.jx-group.co.jp/carlife/product/oil/sustina/index.html
ELF SOLARIS LSX
http://www.lubadmin.com/upload/produit/FichePDF/lang_43/5815.pdf
REPSOL LONG LIFE 50700/50400
http://www.repsol.com/imagenes/es_en/RP%20ELITE%20LONG%20LIFE%20507%2000%20504%2000%205W30%20REV%205.%20NOVEMBER%202011_tcm11-14879.pdf

|

« ルポ君ショートアンテナ化 | トップページ | 運転していて楽しいホンダ車って… »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/54331264

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンオイル選びを考える 2012:

« ルポ君ショートアンテナ化 | トップページ | 運転していて楽しいホンダ車って… »