« デミオ!デミオ!デミオ! | トップページ | 満喫!東京モーターフェス2014(2) »

2014年10月13日 (月)

満喫!東京モーターフェス2014(1)

 お台場で開催の東京モーターフェス2014に行ってきた。
 新型デミオの試乗を目当てに行ったのだけど……予定変更。さてさて、どんなことになったのか。結論を言っちゃうと、すごく楽しかった!

試乗コースが大渋滞
 会場に着いて、まずは試乗コーナーへ。デミオ、デミオ、待っておれ~と。
 早速並ぶが、遅々として進まない。原因は試乗コースとなっている公道の渋滞。たしかに、試乗会場の外の道路がギチギチに大渋滞してる。後で知ったのだが、すぐ先で工事のために一車線になっていたのだ。ともかく、これでは今日、1台乗るのがやっと。しかも車種を選べるのは早いもの勝ち。
 そこで、待ってるうちに考えた。事前情報ではデミオしか明かされていなかった試乗車だが、会場に来てみると各社のいろんなクルマが用意されている。主な車種を挙げると、スイフトスポーツ、ハスラー、コペン、ピンククラウンHV、プリウスPHV、リーフ、スカイライン、レヴォーグ、アコードハイブリッド、ヴェゼルハイブリッド、デミオXD、アクセラXD、アウトランダーPHEV、Mベンツ C200アヴァンギャルド、BMW i3。こんだけ待たされて1台しか乗れないとなると、今後、試乗する機会がまずないであろうクルマに乗るべきでは?そう、 デミオならディーラーでいつでも乗れる。コペンも然り。
Img_44082s6 よし!決めた。
 ということで、2時間並んでゲットしたのはこのチケット。真っ先に取られちゃうかなと思っていたが意外と不人気だった。どうやらレヴォーグ、デミオ、コペンあたりが人気のようだ。なにはともあれ、ラッキー♪

 さて、試乗時間まで2時間以上あるので、メイン会場の展示車両を見に行くとしよう。


二輪コーナーにはあのバイクが!
R10252633s6 まずは二輪。
 これは! ホンダのNM4だ。ショーで発表されるや、まるで「AKIRA」の金田バイクだと話題になったあのモデルである。いや~かっくいいー!

R10252622s6 フロントのビルトインされたウィンカーランプ、ヘッドランプが特徴。
 排気量は750cc。リアにユーティリティーボックスが装備されたこの展示のモデル、NM4-02のお値段は116万円(消費税込)だそうな。

R10253482s6 MotoGPマシンの展示も。ホンダ RC213V。

R10253532s6 シリアルナンバー(?)はRC213VF-J805。

R10253502s6 ブレーキはでっかいディスクが左右に付いてるフロントと比べると、リアはかなりちっちゃいのね。ブレーキングがいかに前輪荷重であるかがわかる。

レンジャーのデモ走行に興奮
 会場MCの「菅原選手!」というハイテンションの声に「えっ!」と思い、デモコースゾーンに目をやればなんと!日野 レンジャーが唸りを上げて走ってるではないか! コース脇最前列へGO!
R10252662s6 ブオォォォォォォォォン!

R10252682s6 ギュイィィィィィィィィン!

 すげー!
 車体を大きく傾けながら迫力のコーナリング。唸るエンジン。そして、ただよう排気臭。はっきり言って、くさい。大型発電機の排気ガスみたいな臭いだ。
 いやーでも、ラリーレンジャーの走りが見れただけでも、来た甲斐あった! 他じゃ、なかなか見られないもんね。
R10252762s6 そして、デモ走行が終わった後、トラック展示スペースに行ってみたら、ジャーン!
 日野 レンジャーである。

R10252792s6 荷台はこんな感じ。ロールケージがあって、ガワはテントみたいなペラペラなやつ。運転席の後ろの上にあるのはラジエーターかインタークーラーか。

R10252832s6 リアの脚回り。板バネは2枚だけなんだね。

R10252812s6 ダンパーはツイン。

R10252922s6 こちらはフロントタイヤ。ミシュラン製。表面が荒れているのはさっきのデモ走行のせいだろな。

R10252932s6 そして運転席へ! わーい!

 R1025295s6 メーターは市販のレンジャーと同じか?もしかして。
R10252962s6 ABCペダル。クラッチ踏んでみた。軽ーい!

R1025297s6 コンソールにはいろんなスイッチが。エアコンもある。そういえば、いつかテレビ番組で菅原さん(お父さんだったか照仁さんだったか忘れたけど)が「エアコンも付いてますよ~」って言ってたな。

R10252982s6 上には扇風機も。

 R10252992s6 ロールバーに小さいミラーが付いてる。これはどういう役目が? ドアミラーだけでは足りないのか。

R10253022s6 前に回り込んで撮影。レンジャーかっこいいなー。

R10253032s6 フロントサスペンション。ダンパーはリアと同様ツインだが、板バネはリアと違って5枚以上ある。なお、会場でもらったパンフレットによれば、来年ダカールラリーを走る2015年モデルは板バネの枚数を減らしたテーパーリーフサスペンションへ変更されているとのこと。作動時の摩擦が少なく軽量で、しなやかに路面に追従するメリットがあるらしい。

R10253052s6 補助ライトはLEDだ。パンフレットの写真を見ると、これを装着しているのはこの照仁さんドライブの2号車のみで、義正さんの1号車はオーソドックスな丸い(キセノンかな?)ライトのようだ。

 レンジャーの走行を見れて、運転席にも座ることができてかなりご満悦の僕。試乗コーナーで待たされご機嫌ナナメってたことなどもう忘れちゃったよ。
 この後も気になるクルマが登場。(2)へとつづく。

|

« デミオ!デミオ!デミオ! | トップページ | 満喫!東京モーターフェス2014(2) »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/60467974

この記事へのトラックバック一覧です: 満喫!東京モーターフェス2014(1):

« デミオ!デミオ!デミオ! | トップページ | 満喫!東京モーターフェス2014(2) »