« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月24日 (土)

S660ミニカーコレクション第1弾

055a1336as
 S660のミニカーを初入手!
 東京モーターショー2013に展示されたS660コンセプトのエブロ製1/43レジンモデルだ。

みんカラのフォトアルバムに7枚の写真をアップしたよ。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2508290/album/47043/

サイズの大きい画像はflickrにて公開中。
https://www.flickr.com/photos/m_saru/albums/72157651755090042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

レクサスのダクトの謎

 先日、近所のアウトレットモールに行ったら、レクサスのクルマ(新車と認定中古車)を展示していたので、見てみた。普段はレクサスにはあまり関心が向かなくて、近くで見たこともあまりなかったので、今回は発見があった。

Img_60132s6_2 まずはRC F。結構でかいねえ。いかついねえ。

Img_60012s6 気になったのはここ。フロントバンパーはサイドもしっかりエアを取り入れるように開いていて、その奥にはラジエーターが置かれている。右側も同様だ。
 最近のクルマは空気抵抗を減らす関係から、両サイドがグリルっぽくなっていても実際には空気が入らないように塞いでいるのが一般的だ。しかし、このRC Fはちゃんと機能させている。
 それにしても、こんなにでかいラジエーターが必要なのだね、このクルマは。僕は最初、これはインタークーラーかと思っちゃった。でもエンジンはNAだからインタークーラーではない。ラジエーターだ。ちなみに、搭載されている5LのV8エンジンは477PSを発生するらしい。

Img_59982s6 で、フロントホイールハウスの内側はどうなっているのか見てみると、排気口が設置されていた。フィンが少し斜めになっていて、上から下方向に排気されるみたい。タイヤの回転に沿って空気が流れるようにしているのだろうか。

Img_59932s6 他のクルマはどうなっているのだろうか。こちらはNX200t。フロントバンパーサイドに空気取り入れ口っぽいのがある。

Img_59922s6_2 左前輪ホイールハウス内。空いてた! しかしRC Fとはフィンの向きが異なる。こちらは上向きに空気が出るようになっている。これはどういう狙いなのだろうか。

Img_60052s6_2 そして不思議なことに、右前輪の方は空いていない。なんだこの違いは。謎だ。

Img_60062s6 そして、こちらはIS300h。これもまた穴が開いていて、写真では見づらいが、貫通している。

Img_60092s6 IS300hの左側。開口部の奥に黄土色っぽいものが見えているが、それは地面である。

Img_60072s6 これが右フロントホイールハウス内を写した写真だ。四角い穴が開いているのがわかる。積極的に空気を通そうとしているのは明らかだ。
 果たして、ここに空気を流す理由とは。ホイールハウス内の乱流を抑制するはたらきがあるのだろうか。あるいは、もう一つ考えられるのはブレーキの冷却だ。しかしIS300hのブレーキにそこまで求めるとも思えないのだが。

 RC FNXISと見てきて、それぞれに設けられたフロントダクトのディテールが興味深かった。これらのダクの効果とは。レクサスだけでなく、トヨタや他のメーカーでもこうした構造をとっているものはあるのだろうか。今度からは注意して見てみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

ニコンミュージアムがおもしろい!

 今日は、一昨日にオープンしたばかりのニコンミュージアム(東京・品川)に行ってきた。

ニコンミュージアム
http://www.nikon.co.jp/profile/museum/

Img_60242s6 歴代のニコンカメラがズラリ。なかなかすごい。懐かしいものやびっくりするものも。

Img_60272s6_2 僕が小学生の頃に父親が買ったF-501(今は僕が持っている)とピカイチ カリブ(こんな名前だったことをすっかり忘れてた。これの色違いが実家にあるはずだけど、捨てられちゃったかも)があってちょっとうれしかったな。僕にとっては思い出深いカメラだからね。(写真の一番上がカリブで一番下がF-501

Img_60292s6_3 こちらはニコン初デジタル一眼レフカメラE2E2S。ニコンのカメラに他社ブランドである「FUJIX」のロゴが入っているというのは珍しい。共同開発だったのかな。この2機種のことは今まで知らなかった。この後に出たD1は発売された当時、友達と見に行ったことを憶えているのだけどね。

Img_60382s6
 他にもレンズの材料となるガラス(触れる。でかい!)や……

Img_60312s6半導体の製造時に使われる露光装置などの工業製品が展示されていた。(説明書きがもう少しわかりやすいといいのだけど。今後の改善に期待。)

 個人的には、戦前・戦中の製品が見られるかなと期待していたのだけど、それらはほとんどなかったのが残念。軍用の測距儀とかね。残っているのかどうか知らないけど。
 それはともかく、展示を見て、ニコンはカメラメーカーである前に光学機器(レンズ)メーカーなのだと改めて認識した。
 ニコンユーザーはもちろん、カメラ好きの方にはオススメ。入場無料だしね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ヤマハ、今度はMTB(´・ω・`)

 ヤマハ東京モーターショーの出展車両を発表した。

第44回東京モーターショー2015 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて|ヤマハ発動機株式会社
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/1016/tms.html

 四輪も気になるところではあるが、一番下にYPJ-MTB CONCEPTなるものが。
 今度はMTBかあ。しかしこれもカッコ悪いな。カラーリングは置いておくとしてもだ、なぜリジッドフレームなのか。モーターアシストあるならフルサスにして、上って楽しく、下って楽しいMTBにしようよ。
 これ、付いてるパーツからして、YPJ-Rに続いて市販を目論んだモデルっぽい。それはそれで、もう仕方ないけど、せめてショーだけでも、もっとすごいの出して欲しかったよね。

(と、ここで東京モーターショー2015 ヤマハ発動機 スペシャルサイトを見てみる)

 つーか、ニャマハ発動機やべぇwww これは反則だwwwww
(ついにこういう時代になったのね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失った信頼

 フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンに関する不正問題で、フォルクスワーゲングループジャパンは昨日、専用サイトに代表取締役スヴェン シュタインの声明を掲載した。
Ws000000
Volkswagenに関する報道について|フォルクスワーゲン公式サイト
http://info.volkswagen.com/jp/ja/home
(画像は上記サイトのキャプチャー画面。10月16日時点)


 僕はフォルクスワーゲンのクルマに乗って11年半。オーナーのひとりだ。今回のディーゼルエンジンに関する不正は、まず信じ難いことだったし、それが真実であることがわかってからは失望した。
 フォルクスワーゲンに対する信頼は失墜した。オーナーからの信頼だけでなく、社会的な信頼も。ブランドは大きく傷ついた。
 だけど、オーナーだからわかる。フォルクスワーゲンのクルマづくりの力を。失った信頼は製品で取り戻してほしい。それがメーカーというものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

第5期オーダーの状況は?

 7月1日に一旦締め切られたS660のオーダーが今日、再開された。第5期のオーダー受け付けである。
Schedule
納期に関するご案内│S660│Honda
http://www.honda.co.jp/S660/nouki/

 そろそろオーダーも落ち着くのだろうか。それとも、またすぐに完売となるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

いろんなS660を見てきたよ

 昨日、みんカラオープンミーティング2015(山中湖交流プラザ・「きらら」で開催)で行われたS660オーナーズクラブのオフ会に行ってきた。まあ、みんカラのイベントのなので、レポートはみんカラの方に。

 リンクを貼っておきますので、よろしければご覧ください。

[blog]S660オフ会@みんカラオプミ2015
http://minkara.carview.co.jp/userid/2508290/blog/36597606/

[フォトアルバム]いろんなS660集合! in みんカラオプミ2015
http://minkara.carview.co.jp/userid/2508290/album/44250/

01s6

 なお、今後、クルマの記事については徐々にみんカラの方へ移行しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

S660のマフラー音聴き比べ

 S660社外マフラー音が気になって、YouTube動画を比較してみた。

ノーマル無限スポーツサイレンサー
http://www.mugen-power.com/automobile/products/s660/parts/04.html

柿本改 Class KR
http://www.kakimotoracing.co.jp/image_h713103.html

FUJITSUBO AUTHORIZE RM
https://www.fujitsubo.co.jp/prods/detail/000000000000002241/00000000000000004989/00001641

SEEKER 試作マフラー
https://www.facebook.com/seeker.japan/posts/1132735086755051

ロッソモデロ FORTUNA センター&4本出し(予告編)
www.rossomodello.com/

 こちらは昨日公開されたばかり。音を聴きたい!
ホンダツインカム FEEL’S スポーツマフラー
http://www.hondatwincam.co.jp/jw5-sportsmuffler.php

 
 こうして聴き比べてみると、柿本改がいい感じ。音質的には無限が上品で結構好きかも。ただ、ちょっと物足りない感じ。SEEKERはヤバイね。音は最高にカッコイイ。でも、三本出しはちょっとやりすぎ(笑)
 あとは実際に聴いてみてどうかだよね。運転席に座って、走行中にどう聞こえるのかが一番のポイントだけど、視聴できる機会はなかなかないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

S660の納車進捗状況

 ホンダカーズの営業さんから1、2ヶ月に一度、電話がかかってくる。「風邪などひいておられませんかー」「最近、事故が多いのでお気を付けくださいねー」といった感じ。S660の納車が何ヶ月も先で、それまでに何もイベントがないからこうした連絡が必要なわけで、客ながら販売店の営業さんはたいへんだなーと思う次第。で、S660の納車状況についても当然、報告があるわけだが、たいてい、「今のところ変わらずといったところでございまして」みたいなことを言われ、「はいはい、わかりましたありがとうございますー。今後もよろしくお願いしますねー」みたいなやりとりをして切る。
 先日も電話があった。「お待たせしておりますS660の納期なのですが、ちょっとだけ早まりまして」という。以前にも早まったという連絡を受けたことが一度あったのだが、ほとんどかわらんやんけ、という内容だった。で、今回はというと、「ちょっとだけ早まりまして、2月末、ということになりました」とのこと。
 おっ。
 2月末とな。来てる、じわじわ来てる(笑)。これまでは3月頭ということだった。それが2月末に! ほんとにちょっとだけなんだろうけど、月が変わると気分的にはこれ、大きな違い。「あと5ヶ月かあ」と指折り数えていたところだったので、2月末と聞いて、だいぶ近づいた感覚になった。とはいえ、あと4ヶ月半以上あるんだけどね。
 S660の納期はちょっとずつ早まっている。キャンセルが入っているということなのか、生産が予想より順調ということなのか。八千代工業のみなさんががんばってつくっていただいているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

かっこいいブルーのS660に遭遇

 走っているS660を見るようになってきた。4日の日曜日に秩父方面へドライブに行ったら、6台のS660に遭遇。それまで路上では4台しか遭遇したことなかったのが、一気に10台へ! 興味深いのはボディカラーの構成だ。10台中7台がプレミアムスターホワイト・パール。そして2台がアドミラルグレー・メタリック。1台がプレミアムビーチブルー・パール。圧倒的に白!

 白の数が多すぎて他の色が見えない。白が七分で他が三分。いいか、白が七分に他が三分だ!

 えっと、このネタ、ツイッターでつぶやいたんだけど無反応でした(´Д`;) わかる人は少ないか……。

 気を取り直して。貴重な有彩色であるプレミアムビーチブルー・パールは道の駅の駐車場にいた。
011bf3cd25654091166868f17cc1d59cb15 この色を間近で見るのは初めてだ。きれいな色。いいねぇ。しかもこれ、無限エアロ! フロントスポイラーにはLEDランプが仕込んである。

0173e48e14a22b343ebc5669101aed4580d ただ、リアには無限のスポイラーはついていなかった。その代わり、この隙間と微妙な出っ張り具合、もしかしてモデューロのアクティブスポイラー

01cf26c34fa66bdf641ce507b9d6a42168b この二本出しマフラーもかっこいい。

015b0be1d3d8f8dcf1f15cf8cae1e346b1d と思ったら、柿本改だこれ。いいねえ。

 柿本改のマフラーはこれかな。
柿本改 KAKIMOTORACING| S660 , α , [JW5]用マフラー_H713103
http://www.kakimotoracing.co.jp/image_h713103.html

 Class KRシリーズについての説明はこちら。
柿本改 KAKIMOTORACING|マフラーシリーズ|Class KR_詳細
http://www.kakimotoracing.co.jp/01-02_class-kr/01-02_class-kr.html

 いやあ、いいねぇ。音質もさることながら、排気効率が上がって性能の向上が見込めるのがいい。もちろん、見た目もかっこいい。
 さて、無限の二本出しマフラーとどっちがいいかな。実際に音を聴き比べてみたいところだ。

 S660モデューロのサスペンションホイールエアロが気になってたけど、マフラーも気になってきた。エンジン性能の向上が見込めるなら、真っ先に換えるべきはマフラーかもなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

自動車工場はやっぱりおもしろい!

 昨日はテレビでマツコ・デラックスがトヨタの元町工場を訪れるという番組をやっていた。マツコが章男社長はじめトヨタの社員に案内されて工場を見て回り、従業員とからんだり、自ら作業をやってみたりという内容で、すっごくおもしろかった。

 で、こちらはホンダS660の生産現場である。周知のとおり、S660を生産しているのは八千代工業四日市工場だ。たくさんの手作りの工程を経て、S660はオーナーの元へ旅立っていく。

 まあ、この動画はホンダの公式YouTubeチャンネルで公開しているので、映像としてはすごくかっこいいんだけど、その生産工程についてはいまいちよくわからない。S660生産の特徴のひとつであるインナー治具を用いた作業も然り。
 で、その工程がよくわかる動画があったので、紹介しておこう。WEB CARトップのこちらの動画だ。

 これを見て、なるほどこういうことか、というのがよくわかった。これなら日産48台というのもわかる気がする。とてもいい映像である。

 やっぱり自動車工場はおもしろい。できることならばS660の生産現場を見学させてほしいものだ。ホンダの工場は一般人の見学を受け付けているのだけど、八千代工業は特にそういった案内はしていないようだ。是非とも見学させてほしい。S660オーナー限定見学ツアーとかあったらいいのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »