« 東京モーターショー2015フォトアルバム | トップページ | 世界最速を支える最新タイヤ »

2015年11月15日 (日)

デザイン比較:新型NSXとNSXコンセプト

Img_1646_nsx 新型NSXの市販直前モデルが東京モーターショー2015で日本初公開された。
 2012年1月に発表されたNSXコンセプトとの違いをここで見てみよう。(レッドの個体が東京モーターショー2015で公開された市販直前モデル。シルバーとホワイトの個体がNSXコンセプト。シルバーが2012年2月にHonda ウエルカムプラザ青山で公開されたもので、ホワイトが東京モーターショー2013で公開されたものだ。)

Img_15862_nsx サイドフォルムは前後方向にギュッと圧縮された。ホイールベースが短縮されたのだろうか。コンセプトの間延びした感じがなくなったね。

Img_1607_nsx エアインテイクの造形は大胆になった。というか、コンセプトがしょぼすぎたんだよ。

Img_1647_nsx ライトのイメージは共通だが、市販直前モデルのヘッドライトは最近のアキュラデザインと共通の多灯LEDヘッドライトを採用。照度を確保するために現実的な形になった。ポジション&ウィンカーランプの形はだいぶ変化している。

Img_1636_nsx_4 リアのデザインは大きく変わっていないように見えるが……

Img_1598_nsx_2 エキパイの位置・形状が大きく変更されている。コンセプトは左右出しになっていたのに対し、最新型はセンター4本出しだ。この4本出しは中央寄りの2本が楕円形という個性的な形状。4本だが、V6エンジンから排出される6系統の排気が放出されることを連想させるものとなっている。

_mg_7440_s660 ちなみに、コンセプトモデルで左右出しだったものが市販モデルでセンター出しに変更されているのは、S660と共通だ。(左がS660市販モデルで、右が東京モーターショー2013で展示されたS660コンセプト。)

 新型NSXはコンセプトモデルが発表されて既に3年。3年前の時点でデザインに新しさがないと言われてきた。故に新型NSXのデザインに新鮮味はほとんど感じられない。世界の並みいるスポーツカーと比較しても、何か目を惹くものがあるかというと、あまりないというのが実際のところだろう。
 ただ、こうして改めて見てみると、シンプルなラインは悪くないと思う。近年、ゴテゴテしたデザインのクルマが多くなっている中で、僕の目には新型NSXのこのスッキリさは却って魅力的に映った。最初はイマイチだと思っていたデザインがいいデザインに思えてきたのだが、果たしてみなさんはどう受け止めただろうか。

|

« 東京モーターショー2015フォトアルバム | トップページ | 世界最速を支える最新タイヤ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/62684117

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン比較:新型NSXとNSXコンセプト:

« 東京モーターショー2015フォトアルバム | トップページ | 世界最速を支える最新タイヤ »