« 黄色いくるまがいっぱい | トップページ | S660の「カーゴパッケージ」とは? »

2015年12月 7日 (月)

マツダのCOTY受賞おめでとう!

 2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)が発表された。マツダ ロードスターだった。
 たくさんの情熱が注がれて作られたクルマが評価されたのは、素直にとてもよいことだと思う。これでCX-5デミオロードスターと、最近のマツダはCOTYを次々に受賞したことになる。マツダのクルマづくりが評価されたというわけだ。
 蛇足ながら、COTYに対してはうがった見方をする人もいそうだけど、実際にマツダはすごく頑張っていると思う。だから、COTY受賞は賞賛すべきことだ。

 選考結果を少し詳しく見てみよう。事前に選ばれていた10ベストカーとその順位、そして、選考委員別得点表などはこちらに公表されている。

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト|選考結果
http://www.jcoty.org/result/

 1位 ロードスターは得点442点。2位S660で401点。この2車が接戦だったわけだ。この順位は順当だと思うが、得点差を見ると、S660が予想以上にがんばった感じがする。さて、3位BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グラン ツアラーで、2位から大きく差のある177点。僕の予想では、3位はアルトだと思っていたのだが、75点で6位に留まった。
 10ベストカーには、なぜそこに残ったのか疑問に思えるクルマもあるのだが、その筆頭であるエクストレイル ハイブリッドは、やはりというべきか、最下位となった。得点は5点。合計でたったの5点。誰だよ、点数入れたのは(苦笑) ……ということで、選考委員別得点表を見ると、意外な人が点を入れていたりする。例えばピストンさんとかね。断っておくが、エクストレイル ハイブリッドがダメなクルマとは僕は思っていない。ただ、イヤーカーとして相応しいかどうかというと、頭をひねってしまうんだよね。他に日産車で選ぶべきクルマがなかったのだろうな。……という話になると、10ベストカーの選考基準ってどうなってるの、という疑問が湧いてきてしまうのだけど。

 とまあ、最後の方は余計な話をしてしまったが、ロードスターの受賞はよかった。マツダにはおめでとうを言いたい。

|

« 黄色いくるまがいっぱい | トップページ | S660の「カーゴパッケージ」とは? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73330/62827674

この記事へのトラックバック一覧です: マツダのCOTY受賞おめでとう!:

« 黄色いくるまがいっぱい | トップページ | S660の「カーゴパッケージ」とは? »